2010年3月26日 のアーカイブ

練馬区基本構想策定記念シンポジウム

カテゴリー: 講演会/シンポ/セミナー/勉強会

2010/03/26  23:25


 東京の西端・練馬区に転居したのは1996年5月。それまでは都立光が丘公園を挟んだ板橋区に通算12年間住んでいた。引っ越しは3男の義務教育終了のタイミングだった。練馬区に住んで早いもので15年目になる。あっという間だ。

 この15年間で、それまでまだまだ多かった畑の宅地化も急速に進み、世の中的には少子化に歯止めが掛からないというのに、近隣小学校だけは生徒数急増という異変に見舞われていると聞く。何か変な感じである。それでも、こどもが多いことは未来に対する希望につながるから嬉しい。区の人口は70万人超。

 会社勤めをしているときは地域社会にほとんど目が行かなかったのに、一応のサラリーマン生活に区切りが付いた途端、急に地元が気になってくるものである。今頃気づいても、とき既に遅しかもしれないが、それでも気づかないよりはましにちがいない。

 バス停から歩いて帰る途中の町内掲示板に「練馬区基本構想策定記念シンポジウム」開催のお知らせが貼られていた。まず地域のことをよりよく知ることを始めることこそ、地域デビューの第一歩。シンポ参加は、これまでほとんど縁のなかった地元を知る格好の手掛かりだ。

 かすかに知っていたが練馬区は東京23特別区の中でも最も新顔だ。1947年(昭和22年)に板橋区から分離独立し誕生。一番新しかったこともあって、他の特別区に比べ下水道や道路など都市基盤の整備は立ち遅れ、行政施設の水準も低く、いわゆる「練馬格差」と呼ばれる状況があったという。

 基本構想は地域における総合的、計画的な行政運営を図るためには不可欠なものだが、区独立30周年に当たる1977年(昭和52年)に初めて策定された。その後、社会経済情勢や区政の取り巻く状況が大きく変化したことを踏まえ、区政運営の指針として平成21年(2009年)12月、新基本構想が策定された。

 新基本構想が10年後の練馬区の姿として描いているのは、「ともに築き、未来へつなぐ 人とみどりが輝く わがまち練馬」。これを区民の参画と協働の下、従来の行政分野を越えて横断的に取り組むことにより、①豊かなみどりを守り、増やし、活かす②まちの魅力を引き出し、活力を高める③未来を拓く人の学びや活動を支援する―ことを目指す。

 具体的な重点事業として掲げたのが①みどりプロジェクト②農プロジェクト③アニメプロジェクト④人づくりプロジェクト―の4つの「ねりま未来プロジェクト」。シンポはこの4つのプロジェクトに取り組んでいるキーマンをパネリストに行われた。

▼農プロジェクト
 練馬区の農地面積は約260haで都内No1。約1.3haの白石農園を営むのが白石好孝・俊子夫妻。300年前から大泉で農業をやっているという。平成9年に農業体験農園「大泉 風のがっこう」を開設。平成15年には練馬在住の農家を中心として、NPO法人「畑の教室」を設立。教育、生涯学習、福祉、文化など農業のもつ多面的な機能を生かした社会貢献活動を展開している。

・魅力的な都市型農業を振興する
・都市農地保全に向けた制度の見直しを働きかける
・農のあるまちづくりを推進する

▼アニメプロジェクト
 練馬は日本が世界に誇るアニメ文化の発祥の地で、半世紀を超す歴史をもつという。また、日本最大のアニメ産業が集積しているという。その中心的存在が漫画家の松本零士氏。昭和38年に区内に転居して以来、区や地元商店会の事業にキャラクターを提供するなど、その発展に大きく貢献している。「銀河鉄道999」は不朽の名作だ。

 「アニメは唯一、確執のない大きな世界だ。アニメを通じて穏やかな交流ができる。そうしたものを練馬から発信していければすばらしい」と松本氏。

・アニメを国際競争力をもつ産業に育成する
・アニメ文化を通して練馬の魅力を高める 

▼人づくりプロジェクト
 組織の活性化、地域の活性化の決め手は何と言っても人。「組織づくりは走りながらでも考えられる。問題は人づくり。人材の発掘に尽きる」と高橋司郎練馬区町会連合会副会長兼光が丘地区住民組織連合協議会(光連協)会長。

 平成20年4月から21年5月まで区基本構想審議会会長として答申取りまとめに関わり、シンポのコーディネーターを務めた大杉覚首都大学東京教授は、「基本構想の内容は他の自治体がまとめている構想とそれほど変わったところはないが、区民の強みを発揮できる仕掛けを作った。参画と協働の精神で、ちょっとずつ関わっていくことが重要だ」とシンポを締めくくった。

 ちょっとずつ関わっていく・・・。これならば、何とかやれるかもしれない。そういう気持ちになってきた。


         (小雨に濡れながら咲き始めたソメイヨシノの大木、練馬公民館)