『日本辺境論』

 

書名:『日本辺境論』
著者:内田樹(神戸女学院大学文学部教授)
出版社:新潮新書(2009年11月20日発行)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください