第15回JA東京あおば農業祭

イチョウも見事な黄葉に

 

光が丘公園で第15回農業祭開催中

 

毎回、見事な宝船「板橋丸」

 

楽しみなのは振る舞われる「辛みもち」

 

3個200円の「田舎まんじゅう」もおいしいのだ

 

JA東京あおば(板橋区・練馬区)の農業祭はこの時期の楽しみと化した。今年は合併15周年記念。会場は都立光が丘公園けやき広場。昨日と今日の2日間だったが、昨日は雨が降ったので外に出る気にならなかった。

今日は台風一過のように見事に晴れ上がった。ただ風はかなり強かった。しかし、辛みもちと田舎まんじゅうを食べたい誘惑には勝てなかった。品評会に出展された野菜や花の即売会には1時間半も並んで、秋の収穫を寿いだ。農業祭に行くのはすっかり年中行事の1つになってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください