夜の「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」ショー

カテゴリー: シンガポール日誌

2015/10/02  22:17


 

CIMG0159

 

CIMG0160

 

スカイウエイも幻想的

スカイウエイも幻想的

 

園内にはインド像の展示物も

園内にはインド像の展示物も

 

モスクも登場

モスクも登場

 

振り向けば今やシンガポールのシンボルのホテルがどっしりと

振り向けば今やシンガポールのシンボルのホテルがどっしりと

 

夕食を終えて向かったのはマリナエリアにある未来型ガーデン「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」(Gardenz by the Bay)。毎晩、7時45分と20時45分に「OCBCガーデンラプソディ」と名づけられた光と音楽のショーが開催されるからだ。

スーパーツリーが巨大な光のアートとなって、観客をファンタジーの世界にいざなう。人集めのイベントであることは分かっていても、一夜・二夜・三夜限りの観光客にとってはエキサイティングなショーだ。

この日は公園内のステージでライブ演奏されている音楽に合わせて光が演舞した。毎晩行われるというのも観光に賭けるシンガポール政府当局の力の入れようを示している。

面白いのは振り向けば、「マリーナ・ベイ・サンズ」が視野に入ってくることだ。昼も夜も。観光客のカメラの先にあるのはいつもこのホテルだ。そうなると、もはや単なるカジノホテルとバカにはできない。シンガポールそのものだ。

同じカテゴリ(シンガポール日誌)の記事

コメントをどうぞ

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

*