あっという間に「日本モード」に

カテゴリー: シンガポール日誌

2015/10/03  22:29


 

羽田に到着したSQ632便

羽田に到着したSQ632便

 

シンガポール-東京・羽田間の飛行時間は6時間30分だった。それでも予定より30分早く到着したことになる。中国の北京や上海、大連などと比較すると、長い飛行時間だ。

アジアはどこも地理的に考えれば、近いように思えるが、シンガポールやタイ、ジャカルタなどは結構遠い。アジアの中でもディープな地域だ。それでも飛行機に乗りさえすれば、暑い国から寒い国へ、あるいはその反対に、あっという間に空間移動できる。

移動すれば、空気も温度も、言葉も文化も違う。そこに住んでいる人の顔も肌の色も異なる。大変な違いである。外国へ行くということは大変なことなのかもしれない。大変なことのはずだ。

8時05分にシンガポールを出発し、東京・羽田着は16時05分。シンガポールのチャンギ空港には2時間前に着いていたから、長男の家を出たのは5時30過ぎだった。車で送ってもらった。20分で着いた。

 

 

夕食は蕎麦屋で

夕食は蕎麦屋で

 

夕方に羽田に着くと、3男が車で迎えに来てくれていた。自宅にトランクを入れて、すぐに近くの蕎麦屋に行った。ビールと板わさを頼んだ。天丼+そばセットを注文した。

あっという間に日本モードに切り替わった。あれだけたっぷりシンガポールモードに染まっていたのに、転換するのも早かった。特に特別なアプリケーションを使ったわけではない。ごく自然にモードが転換した。人間は実に優秀な変換装置を持っている。

 

 

同じカテゴリ(シンガポール日誌)の記事

コメントをどうぞ

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

*