2017年10月31日 のアーカイブ

100%自然エネルギーのビジョン

カテゴリー: 再生可能エネルギー

2017/10/31  16:07


 

REN21事務局長のクリスティン・リンス事務局長

 

笹川平和財団の田中伸男会長

 

太陽光発電協会の増川武昭事務局長

 

21世紀のための再生可能エネルギー政策ネットワーク(REN21)は2017年4月、100%自然エネルギー社会実現に向けた議論を喚起することを目的とした「世界自然エネルギー未来白書」(Renewables Global Future Report=GFR)を発表した。

2050年の自然エネルギー100%社会の実現可能性やその在り方について、日本人専門家14人を含む世界114人の専門家へのインタビューに基づきまとめた。

クリスティン・リンス事務局長は01年から11年の10年間、ヨーロッパにおける自然エネルギー産業を取りまとめる欧州再生可能エネルギー評議会(EREC)の事務局長を務め、自然エネルギーとエネルギー効率の分野においては20年以上の経験を誇る。11年7月から現職。

REN21は、自然エネルギー分野における世界中のステークホルダーのネットワーク組織で、国際機関、各国政府、業界団体、科学団体や学会、市民団体などの力を結集している。フランス・パリの国連環境計画(UNEP)に本部を置く。

自然エネルギー財団は10月27日、日本プレスセンターで、クリスティン・リンスREN21事務局長を招き、GFRを紹介するとともに、同事務局長、田中伸男笹川平和財団会長(国際エネルギー機関元事務局長)、増川武昭太陽光発電協会事務局を交えた国際シンポジウムを行った。

一方、REN21は世界の自然エネルギーの概況を包括的に示す年次報告書「自然エネルギー世界白書2017」(Renewables Global Status Report=GSR)も発表している。

自然エネルギー財団のHP(http://www.renewable-ei.org/activities/events_20171027.php)から田中氏、増川氏のプレゼン資料を参考にされたい。

 

烏の濡れ羽色

カテゴリー: 理容/床屋/エステ/温泉

  15:28


 

烏の代わりにトンボで失礼します。これは濡れ羽色か

 

お金がないとどうしても安価なQBカットに行ってしまう。通常の3700円に行き、ヒゲを当たってもらうのは最高だが、懐具合が悪く、つい1000円の魅力に負けてしまう。QBカットを展開しているのはキュービーネット。理容業でも美容業でもなく、髪をカットするだけのサービス業だそうだ。それも10分でできることを提案する時間産業でもある。

前回に行ってから1カ月半。歳をとっても髪は伸びるので厄介だ。ただ髪は細くなる一方で、60代後半になると1カ月半に一度。昔は1カ月以上伸ばすとダメだった。ヒゲも白くなり、どうにもならない。

前客が6人ほどいた。「日本全国530店舗 国内月間150万人を超える。海外店舗はシンガポールや香港、ニューヨークを含め117店舗達成」と書かれた広告を見ながら待っていた。

この日は女性のカットレーディー。「髪も白くなって・・」などとぼやいたら、「昔は上役から(自分の髪が)『カラスの濡れ羽』だねえなどと言われた」と返してきた。

正直言って、「濡羽色」(ぬればいろ)という言葉を知らなかった。ずっと気になっていて、検索したら、「カラスの羽のような艶のある黒色」をさすことを知った。万葉集の時代の言葉もどうやら死語に近い。

女性の黒く艶やかな髪の毛は「烏の濡れ羽色」と言われたようだが、今は「ぬれば」と検索すると、「濡れ場」のほうが出てくる。「濡れ羽」は出てこない。それが現実だ。

烏と言えば真っ黒のイメージだが、よく見ると、その羽は青や紫、緑などの光沢を帯びて見える。羽毛の表面にわずかに構造色を持つためだ。健康的な女性の髪も水や髪油を含むことで、わずかな干渉色を浮かべた「烏のような濡れ羽色」のような美しい髪になるという。

昔のように真っ黒い、艶やかな髪の毛を美しいと思う人はどうも少なくなってきているようだ。いろんな色で髪を染めたり、ヒゲを生やしたり、自由自在だ。そんなこんなで白毛もあまり気にならない?いやはや気になります。