「考えることが好き」羽生結弦男子FS金メダリスト

カテゴリー: 会見メモ

2018/02/27  21:59


 

登壇した羽生結う弦選手

 

ゲスト:羽生結弦男子フィギュアスケート選手
テーマ:平昌冬季オリンピック男子フィギュアスケート
2018年2月27日@日本記者クラブ

 

平昌冬季オリンピックで、66年ぶりの男子フィギュアスケート連覇を達成した羽生結弦選手が会見した。

66年ぶりに達成して帰国して今の時点での正直な感想についてまず聞かれ、「一言で言うと、幸せです」と答えた。

「フィギュアスケートの歴史において66年ぶりということで、今から66年前を振り返ってみると、全く違ったスポーツになっているな」という風にも思っている。特にこの4年間、僕自身、やっていながら、違う競技をしているような気分になるほど変化が目まぐるしかった。そういう意味ですごく重いものになった」

「自分が持っている金メダルへの価値もものすごく大きいが、世間の方が思っている価値もすごく大きなものになっていて、自分の首から提げているものもとて重く感じている」

直後の記者会見で「いろんなことをとことん考えて、分析して、それを感覚とマッチさせることが自分で一番の強みだ」と言っておられたが、これは心技体の一致そのものだと思うが、こういう境地に達したのはいつごろか、どういうきっかけがあったのか。

「もともと僕は考えることが好きで、疑問に思ったことについて追及し、教えてもらって、さらにさぐりながら自分が動いていくことが基から性格上あった。考えたことを口に出す、表現するのは心技体に近いものがありますし、それがスケートに生かされている点もごく普通に自分の生活になっていった」

「最初からプレッシャーは好きだったし、メンタルが強いわけではないが、緊張した舞台で、また追い込まれた舞台で力をだすということが今までスケートをやってきて多かったように感じている」

「いまできる戦略、いまできる僕自身を貫かなくちゃいけないなということが一番でしたね。23年の自分が言うのも何ですけど、出来るときと出来ないときとがすごくあるんだな今までスケートやっていて感じる。そのできるときにできることを精一杯やる、できないときはできないなりに出来ることをやる。それがすごく大事だなと感じた3カ月もありました」

被災地に勝利の報告はいつごろになるか。「明確にいつとは言い切れない。ただ間違いなく仙台でたくさん応援してくれたことは見ていますし、メッセージも届いている。勇気や笑顔になるきっかけがあったらいいなと思っている」

 

同じカテゴリ(会見メモ)の記事

コメントをどうぞ

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

*