『ドリーム』

カテゴリー: 映画/テレビ/舞台

2018/03/29  21:36


 

ドリーム

 

作品名:『Hidden Figures』(邦題ドリーム)
スタッフ:監督・セオドア・メルフィ
原作・マーゴット・リー・シェタリー
キャスト:キャサリン・G・ジョンソン(中=タラジ・P・ヘンソン)
ドロシー・ヴォーン(右=オクタヴィア・スペンサー)
メアリー・ジャクソン(左=ジャネール・モネイ)
アル・ハリソン(中下=ケビン・コスナー)
2016年度作品@ギンレイホール

 

東西冷戦下、アメリカとソ連が熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた1961年。バージニア州ハンプトンのNASA(米航空宇宙局)ラングレー研究所では、優秀な頭脳を持つ黒人女性たちが「西計算グループ」に集い、計算手として働いていた。

その中から天才数学者のキャサリンは特別研究本部に配属され、その類い稀な実力を本部長のハリソンに認められ、中心的な役割を担うことになる。

そして1962年2月20日、宇宙飛行士ジョン・グレンがアメリカ初の地球周回軌道飛行に挑む。ところがその歴史的偉業に全米の注目が集まる中、打ち上げ直前に想定外のトラブルが発生。コンピューターに任せられないある重大な「計算」を託されたのは、既に職務を終えて宇宙特別研究本部を離れていたキャサリンだった。

NASAの歴史的偉業を裏で支えた知られざるヒロインたちのサクセス・ストーリー!

マーキュリー計画(1959~63年)は1958年12月、米初の有人宇宙飛行計画として発表。人間を地球周回軌道上に送り、安全に帰還させることを狙った。

世界は1957年10月にソ連が打ち上げた人類初の人工衛星スプートニク1号が先陣を切り、1861年4月にはユーリ・ガガーリンがボストーク1号に乗って飛行し、米国はまたもや後塵を拝した。

米国は1961年5月5日、アラン・シェパードが乗り込んだ宇宙船「フリーダム7」(マーキュリー・レッドストーン3号)をケープカナベラルから打ち上げ、飛行時間15分22秒の初の有人弾道飛行を成功させた。同7月には4号がハッチが開くのが早過ぎて海水が宇宙船内に入り、飛行士がおぼれかけるというトラブルに見舞われたものの、弾道飛行に成功した。

そして1962年2月20日には米初の周回飛行としてジョン・グレンが乗り込んだ「フレンドシップ7(マーキュリー・アトラス6号)」がケープカナベラル基地から打ち上げられた。しかし、宇宙船の耐熱カバーを留めているコネクターが緩むトラブルに気付いた。

そのままだとグレンは大気圏突入の歳に数千度の熱にさらされて生きてはいられない。グレンは宇宙船の操縦を一部手動で行い、大気圏に突入した。

フレンドシップ7は地球を3周し、4時間56分飛行したあと、ケープカナベラル沖の海上に着水し、グレンは無事生還した。ガガーリン・ショックから10カ月。米国は初の有人周回飛行に成功し、宇宙開発への自身を取り戻すことになった。その背後に宇宙特別研究本部のビルにはカラード用トイレがなく、別のビルのトイレに15分もかけて往復しなければならないキャサリンがいた。

キャサリンの訴えでトイレ問題を初めて知ったボスのハリソンが「NASAでは小便の色はみんな同じだ」と言い放った。確かに宇宙開発史に残る名言だ。

同じカテゴリ(映画/テレビ/舞台)の記事

コメントをどうぞ

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

*