今年のわが家の庭

カテゴリー: 花/木/樹

2018/03/30  18:15


 

みごとに咲いたカイドウ

 

青のムスカリー

 

クリスマスローズはなぜ下を向いているのか

 

紅黄のチューリップ

 

2018年も春が来た。半分を車が占め、その車のおかげでかなり大木になっていたハナミズキも切らざるを得なかった。それでもあとの半分は庭である。

たくさんの花が咲いているのは・・・。言葉が出てこない。ブルーベリーも白い花を咲かせている。

今年も春がやってきた。そのことだけでも嬉しい。

しかし、これらは家人の手入れの賜だ。私は眺めているだけである。

職業生活を半分やめてみて、いかに自分が家周りのことを知らなかったを知らされた。主婦の仕事はどうしようもなく偉大だ。炊事、洗濯、掃除。どれも単なる労働ではない。知的作業だ。しっかりした知識がないとできない。

バカにはできないのである。男はそれを女に押し付けて外で遊んでいる。しかし、復讐されるときがやってくる。そのときは惨めだ。

最近、男おんなが増えている。政府はM字カーブが解消したと喜んでいるが、どこの家も内はひどいものである。炊事は店屋物ばかり、自炊はしない。しないというよりもできない。

子どもも保育園ばかりで、きちんと教育もできない。こんな子どもが大人になったらどうなのだろう。自立性のある子どもが育ったと喜んでいても、彼らは彼女らは協調性もなにもない。こんな人間をいくら作っても仕方がない。

 

 

同じカテゴリ(花/木/樹)の記事

コメントをどうぞ

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

*