初秋の光が丘公園

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ

2018/10/27  22:53


 

明日でお別れの小島米店

 

東京地酒と酒器うつわ祭りin 光が丘公園で売られている竹の道具(光のアーチ広場、10月27日~11月11日)

 

地酒展に呼ばれた大道芸人のバルーンmotoさんが熱演中

 

完全に黄葉するのは11月半ばかな、光が丘公園の中の銀杏並木

 

すぐそばの公園内唯一の売店「パークス光が丘」のベンチで太陽に当たりながら、小島米店のおにぎりを食べた。ほうじ茶とメロンパンも買いました。

 

高い煙突を解体したゴミ処理場の工事の次は何が始まるのか

 

煙突は光が丘のシンボルだったのに・・・

 

台風26号に加えて、前線が東日本と北日本を通過し、激しい雨も予想されたこの日だったが、東京の雨は朝早くで終わり、昼頃から好天に変わった。むしろ暑いくらいの日差しで、その日差しに誘われて光が丘公園に自転車で出掛けた。

昼前に電話で予約したおにぎりを小島米店で買った。店内には「長い間、ありがとうございました」の垂れ幕がかかっていた。こちらもお世話になった。

公園では東京地酒と酒器うつわ祭りが開かれていた。その余興の一環で大道芸人が芸を披露していた。

パークス光が丘のベンチでおにぎりを食べた。公園には何度も来ているが、こんなにのんびりしたのは珍しい。

 

「オータム・フェスチバル」(10.6~28)が開かれている四季の香ローズガーデン

 

四季の香(しきのかおり)ローズガーデン(光が丘5)は「バラの香り」をテーマとした庭。バラの香りを楽しむガーデンで、現在「オータム・フェスチバル」が開催されている。入場無料。

バラらしい香りの「ダマスク」の香り、ピーチ、バナナ、アプリコットなど果物のような「フルーティー」の香り、紅茶の香りに似た「ティー」の香りなど6種類のバラの香りが楽しめる国内でも珍しいバラ園だという。

10月中旬から下旬は秋バラの季節。香りのバラが一斉に咲き、ガーデンは甘い香りに包まれている。バラほど豪華でかつ可憐な花はない。

春、夏、秋、冬の季節ごとにイベントを開催し、バラやバラの香りを楽しみ方、植物のある暮らしを提案している。

 

珍しい紫色の花を付けた紫式部

 

ハローウィン(10月31日)は今やバレンタインデーに次ぐ年中行事に

 

バラの香りをかいでみた

 

夜来香(ブルーの香りのバラ)

 

?

 

ラ・パリジェンヌ(ティーの香りのバラ)

 

?

 

?

 

瑞々しい白さ

 

深紅が何とも言えないチャールストン

 

ゴールドバニー

 

無垢なホワイト「アイスバーグ」

 

何と微妙な色合いか

 

?

 

見事としか言えない

 

これも「チャールストン」か

 

四季の香公園のバラ園

 

約770㎡に約40品種のバラが栽培されている。赤、白、オレンジ、ピンク、紫、黄色と様々なバラが春から秋にかけて咲き続ける。

都内には神代植物園などさまざまなバラ園があるが、あまり人もいないこのバラ園は穴場スポットと言えそうだ。

それにしてもバラの名前をほとんど知らなかった。勉強のためにもう一度見ておきたい。

同じカテゴリ(東京日誌Ⅲ)の記事

コメントをどうぞ

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

*