吉祥寺は面白い

カテゴリー: 東京日誌Ⅱ

2018/11/23  23:06


 

行列のできる台湾ティーカフェ「ゴンチャ」(アトレ吉祥寺1F2番街)

 

カフェ・レストラン「タルタート」でランチ

 

ローストビーフとむさしの野菜の贅沢サラダボウル

 

坂道もある通路のそばの雑貨屋さん

 

革製品の小物の店も

 

おしゃれな感じ

 

アトレとは違ってしっとりと落ち着いた雰囲気のコピス吉祥寺

 

おしゃれな帽子も

 

中心街サンロートを「成蹊大学欅祭にどうぞ!」が行く

 

こちらは帽子の店「無」

 

「きもちいい靴」をどうぞ!

 

元祖「丸メンチカツ」さとうは今も行列ができていた

 

隣のたった3坪ほどの最中の店「小ざさ」は年商1億円を売り上げるという

 

昔はこんな通りばかりだった

 

これぞ闇市「のれん小路」

 

「ハーモニカ横丁」入り口はいくつもある

住みたい街ナンバーワンの吉祥寺。23日は勤労感謝の日。妻が月2回吉祥寺の水彩画教室に通っている。いつのまにか6年目になった。

日差しが差していい天気だったのでバスで吉祥寺に行った。ここに来るのは2012年6月16日以来。その時のテーマは「吉祥寺ハモニカ横丁」だった。

ハモニカ横丁はその時と変わっていないが、周辺が様変わりした。JR東日本の駅ビル再編に伴い、41年間続けてきた商業施設「吉祥寺ロンロン」(238店)が幕を下ろし、アトレ吉祥寺としてリニューアルオープンした。

アトレ吉祥寺のほか、コピス吉祥寺もリニューアルし、店舗が大々的に変わった。これに行政も対応し、吉祥寺再々開発となった。

 

同じカテゴリ(東京日誌Ⅱ)の記事

コメントをどうぞ

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

*