更地

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ

2019/01/26  17:54


 

壊すのは一瞬

 

あっという間に更地になった

 

家の取り壊しの連絡があったのは今年に入って間もなくだった。われわれが家を建てた20年前には建っていた。築50年くらいはあったと思う。

その家には老夫婦が住んでいた。その老夫婦がいつの間にか夫人だけとなり、子どもが介護をする姿が見受けられた。介護用のワゴン車も留まっていたことを思い出す。

そのうちに夫人が亡くなった。お葬式がその家から出たという記憶はない。いつの間にかいなくなった。今度その家に現れたのはサーファー姿の若者だった。若者はどういうわけか小型車で週末に帰ってきて、いつもサーファーの着る水着が干されていた。日曜日にはまたどこかへ行く。不思議な家だった。

その若者もいなくなった。そして今度は家が取り壊され、あっという間に更地になった。事情通によると、その家は地元の旧家の持ち物。老夫婦に貸してあったという。夫人が亡くなり、地主が家屋の返却を求めた。最終的に持ち主が処分したらしい。

取り壊してみると、今ならば2軒が立つ広さだった。そのうち建築が始まるのだろう。我々の家も旧家の土地。主人がなくなり、相続税対策で3軒が売りに出された。わが家もそのうちの一軒だ。

最寄り駅まで徒歩15分。途中は畑が多かった。当時はどこも売りに出さず、売りに出たのも駅から15分の小学校裏手だった。それが相続税対策で事情が変わった。軒並み建て売り住宅やマンションが建ち並んだ。自分が死んだら売ると言っていた旧家はマンションになった。

私の家もいつまであるのだろうか。子どもたちはそれぞれ独立し、2人は自分たちの家を構えている。1人は海外在住だ。1人に譲渡するわけにはいかない。不動産は分けにくい。取り壊して換金化するしかない。

あと10年もすれば、相続のために角の家のような更地になっているかもしれない。そんなことを思った。

同じカテゴリ(東京日誌Ⅲ)の記事

コメントをどうぞ

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

*