2019年2月3日 のアーカイブ

交通事故は怖い

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ

2019/02/03  22:33


 

 

2台のトラックの交通事故だった

 

東京消防庁と警視庁の連携はしっかりしていた

 

運転手が脚を挟まれ車から出られなかった

 

開花した梅の花は増えるばかり

 

昼は庭でぜんざいをいただいた

 

午前8時すぎ、練馬区高松の自宅で静かに読書していたら、パトカーが何台もサイレンを鳴らしてやってきた。すぐ近くで事故があったにちがいないと思った。

今日は暖かくなると予報が出ていたが、サンダルを履いて外に出た。予想通り、トラック2台の事故が起きていた。443号線のアコレそばから目白通りに向けて走る細い道。途中にセブンイレブンやジェイソンがあり、目白通りの手前で目白通り旧道と交差している。

信号はあるが、1台右折しようとすると後続の車は待たなければならない。1車線で右折レーンもない。右折の車が2台、3台ということもある。

引っ越してきて20年超。昔は何もなかった。セブンイレブンもジェイソンもワークマンもなかった。そのうちそういう店が幾つもでき、車の量も増えた。店は道沿いにあるので客にとっては便利。急激に道路が混んできた。

そういう場所は最近増えている。道路のキャパシティー以上に車が増えている。見ていると、信号が変わる際には必ず青から黄色になっても1台はいく。赤になってももう1台いく。いずれ事故が起こるだろうと思っていたら、案の上だった。

急いでいたのかもしれない。トラック2台の事故だった。配送車にダンプカーがぶつかった感じだ。ダンプカーの運転手は脚を挟まれ、動けなかった。それで時間がかかった。

それにしても東京消防庁と警視庁の連携は見事だった。あっという間に片付いた。

昼にかけて幾分南風があったものの、東京はポカポカ陽気だった。わが家の庭にイスを出し、日光浴をしながらぜんざいに舌鼓を打った。お餅は2つ。

合間に藤沢周平の剣豪小説『用心棒日月抄』を読んだ。読み返すのはもう何度目になるだろうか。