2019年2月20日 のアーカイブ

マスカレード・ホテル

カテゴリー: 映画/テレビ/舞台

2019/02/20  22:09


 

マスカレード・ホテル

 

作品名:マスカレード・ホテル
原作:東野圭吾『マスカレード・ホテル』(ほかに『マスカレード・イブ』『マスカレード・ナイト』)
監督:鈴木雅之(木村拓哉と『ロングバケーション』『HERO』などでタッグ組む)
キャスト:新田浩介(木村拓哉=警視庁刑事)
山岸尚美(長澤まさみ=ホテルのフロントクラーク)
能勢(小日向文世=ある事件で新田と相棒刑事)
片桐瑤子(松たか子)
上映時間2時間13分@ユナイテッドシネマとしまえん

 

平日の週半ば、午後5時05分開始。いくつか予定がなくもなかったが、キャンセルした。仕事よりも個人の趣味を優先した。個人の趣味のほうが重要だ。

都内で3件の殺人事件が起きる。

第1の事件の犯行日は10月4日。現場は品川。被害者は会社員の岡部哲晴(32)。何者かに紐で絞め殺される。

第2の事件は10月10日。殺害現場は千住新橋。被害者は主婦の野口史子(42)。手で首を絞められて殺される。

第3の事件は10月18日。殺害現場は葛西。被害者は高校教師の畑中和之(53)。ジョギング中に後頭部を鈍器で殴られる。

被害者に共通点は見つからなかったものの、すべての殺害現場に残されていた不可解な数字の羅列から、事件は予告連続殺人事件として捜査が開始された。

警視庁捜査一課の刑事・新田浩介(木村拓哉)はその数字が次の犯行現場を示していることを解読し、都内の高級ホテル・コルテシア東京が4番目の犯行現場であることを突き止める。

しかし、犯人への手がかりは一切不明。そこで警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断し、新田をフロントクラークとして送り込んだ。

ホテルマンとしての仕事に誇りを持つフロントクラーク・山岸尚美(長澤まさみ)は、「お客さまの安全が第一優先」のポリシーから、宿泊客の”仮面”を守ろうとする尚美。

刑事として「犯人逮捕を第一優先」に掲げ、宿泊客の”仮面”を剥がそうとする新田。

舞台は超一流の高級ホテル。尾崎管理官、稲垣捜査一課係長ら捜査陣。藤木総支配人、田倉宿泊部長、尚美を慕う若手フロントクラークの川本らホテル側。

それに濱田岳、笹野高史、前田敦子、高嶋政宏、菜々緒、宇梶剛士、生瀬勝久などの怪しげな宿泊客。

様々な対立を背景に第4の犯行は果たしてコルテシア東京で実際に起こるのか。

 

牛ザブトンステーキ

カテゴリー: 食物/老舗

  00:17


 

5等級「牛ザブトンステーキ用」宮崎牛

 

ザブトンが牛の部位の一部であることは知らなかった。ザブトンは羽のように見える牛の肩甲骨の下の部位であることから「はねした」とも呼ばれ、関西では、その形状が四角く「ざぶとん」に似ているので、「ざぶとん」と呼ばれているという。

 

            ザブトンはここ!

 

座布団の部位を解説!おすすめの焼き方やザブトンに合うお酒」によると、サシがしっかり入っており、焼き肉屋などでは「特上カルビ」として出される場合もあるという。

また「焼肉屋などでは『ロース』として一括りで提示している店舗も多い」ようだ。

IMA専門店街の肉専門店「日南」(練馬区光が丘)では「今日のおすすめ品はこれ!」と100g730円で売っていた。全体で176g。ステーキで食べるには味的にいま一つだが、それを見掛け的に修正し売っているのではないか。