試写会『バイス』

カテゴリー: 政治/外交/国際/軍事, 映画/テレビ/舞台

2019/03/15  23:21


 

アメリカ史上最強で最凶の副大統領、ディック・チェイニー

作品名:バイス
監督・脚本・製作:アダム・マッケイ
キャスト:ディック・チェイニー(クリスチャン・ベール)
リン・チェイニー(エイミー・アダムス)
ドナルド・ラムズフェルド(スティーヴ・カレル)
ジョージ・W・ブッシュ(サム・ロックウェル)
コリン・パウエル(タイラー・ペリー)
2018年アメリカ映画132分@日本記者クラブ
4月5日からTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

 

『バイス』はバイス・プレジデント(副大統領)のほか、悪徳・邪悪という意味もある。世界をめちゃくちゃにした悪名高いバイスのディック・チェイニー。まさかの実話であり、社会派エンターテインメントである。

米大統領は世界最強の権力者で、ハリウッドも幾多の「大統領映画」を製作してきたが、本作品は大統領ならぬ「副大統領」を主人公とした前代未聞の作品である点がユニークだ。

「常に陰に隠れた副大統領は、大統領が死亡したり辞任した際にその代わりとして昇格するポジションであるため、『大統領の死を待つのが仕事』と揶揄する者もいる。

「しかし、この副大統領が目立たない地位を逆手にとって、大統領を操って強大な権力を振るい、すべきでない戦争を他国に仕掛けた挙げ句、アメリカや世界中を変えてしまった!

「この作品はそんなまさかの『陰の大統領』が本当に存在したことを証明し、現代米国政治史における最も謎に包まれた人物に光を当てた野心作。その主人公の名は第46代副大統領ディック・チェイニーである」(パンフレットのイントロダクションから)

同じカテゴリ(政治/外交/国際/軍事)の記事

コメントをどうぞ

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

*