テート・ブリテン

カテゴリー: 絵画/彫刻/音楽, 英国旅行

2019/06/27  15:37


 

フェルメール

 

フェルメール

 

 

 

 

 

 

セザンヌ

 

 

 

 

 

 

テートブリテン(TATE BRITAIN)は1500年代から現在に至る美術のコレクションが収蔵され、絵画ファン必見の美術館。国立美術館。テートモダンなどとともに、国立美術館ネットワーク「テート」の一部をなしている。

テムズ川沿いに立つテートブリテンはびっくりするほど巨大な建物だ。30年前はなかった。ロンドン中心部とは違って、ピムリコ周辺は落ち着いた時間が流れていた。

どの作品も1つで1冊の本がかけてしまう名作である。絵画好きならば、よだれが出そうだが、そうでない人にとっては馬の耳に念仏だ。念仏でなくても、すばらしさは何となく分かる。

家人が熱愛していたジョン・エヴァレット・ミレーによる「オフィーリア(Ophelia)」は残念ながらオーストラリアに貸し出し中だった。戻ってくるのは10月末だという。

特別展のゴッホ展が行われていた。英国人もゴッホが好きなようだ。次いでだから見た。ゴッホは英国にも3年間ほど住んでいる。

同じカテゴリ(絵画/彫刻/音楽)の記事

コメントをどうぞ

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

*