‘丹波日誌’ カテゴリーのアーカイブ

いちご狩り

カテゴリー: 丹波日誌, 墓参/法事/地域活動, 旅行/移動/街歩き, 農業/農地/農政, 食物/老舗

2019/05/19  14:21


 

こちらは「とちおとめ」

 

こちらは「かおり野」

 

「おいCベリー」

 

こんな感じで生っている

 

花はこんなふうに咲く

 

法要の翌日は大阪の姉夫婦が車で帰り、2男ファミリーと2組になった。せっかくなのでいちご狩りを楽しんだ。もう終わりかけだったが、「あぐり丹波3Dいちご園」(丹波市氷上町新郷)がまだやっていた。デッカくて(D)デリシャスで(D)大好きな(D)で3D。

完全予約制60分。小学生以上だと料金は1300円。1月4日に開園した当時は2000円だったが、5月7日以降は1300円に下がっていた。5月いっぱいで終わりだという。

敷地面積3500平方メートルのエリアに13棟のビーニールハウスが建っている。エリア制限がなく、自由にハウス間移動できる。かおり野6テント、おいCベリー3テント、紅ほっぺ2テント、とちおとめ2テント。総株数2万7000株は兵庫県内でも有数だという。

4種のイチゴが食べ放題。60分だと結構時間があって50個くらいで口が疲れた。煩悩の数に相当する108個も食べた人もいた。

東南アジア系のグループを見掛けた。受付のおばさんによると、最近増えており、毎日1~2組は来るという。これも時代を反映しているのだろう。

たっぷりイチゴを食べたあと、母の好きだった回転寿司「すし官太」に行った。姫路、神戸、たつ野、加西、丹波などの各市に店を持っている。

午後2時すぎに2男ファミリーとも別れ、丹波篠山市経由で雨引峠を越え、京都縦貫道千代川インターから高速に乗った。途中行きと同様、刈谷で一休み。炭酸泉に入った。午後9時に出発し、東京・練馬の自宅に着いたら午前1時30分だった。走行距離1166km。

丹波の老舗「三友楼」

カテゴリー: 丹波日誌, 墓参/法事/地域活動, 旅行/移動/街歩き

2019/05/18  23:59


 

 

先付=(富山産ホタルイカ辛子酢味噌、黒豆蜜煮)いくら醤油漬け

 

温物=たけのこ道明寺蒸し

 

小鍋=焼き物丹波黒どり入り寄せ鍋

 

焼物=ポークヘレのロースト

 

酢物=小鮎南蛮漬け

 

揚物=チーズおかき揚げ、海老ごま豆腐おかき揚げ

 

御飯=小海老、たけのこご飯、香の物、汁

 

母の7回忌と義曾祖父の50回忌供養を午後2時から菩提寺の円成寺で行った。参加者は親族10名。法要を済ませたのち、車で5分ほどのお墓に行って、圓満塔の後ろに1~2mの細長い塔婆(サンスクリット語で仏塔を意味する「ストゥーパ」が語源、卒塔婆が正式な言葉)を立てた。

ホテルにチェックイン後、午後5時30分から丹波の料亭「三友楼」(丹波市柏原町)で会食した。和食は健康食として世界から注目を浴びているが、健康のためには1日に30品目を食べるように言われている。

「懐石は焼物、煮物など約10品の料理を食材が重複しないようにつくる。また、肉は少なく、野菜・魚が多いのが通常だ。懐石を一度食べると30品目は軽くクリアするという。和食はバランスのとれた食事なのだ」(「食」は健康から始まる)という。

きちんとした懐石料理を写真に残しておきたいと考えていたが、食べることに頭が行って、今回は先付けの富山産ホタルイカ辛子酢味噌、黒豆蜜煮を撮り忘れ、いくら醤油漬けだけになってしまった。

温物と小鍋の間の造り(カンパチ、ホタテ、マグロ)と最後の水物(カボスゼリー、いちご、わらび餅)を撮り忘れた。

 

山本求(茂斗萌)画伯の舞妓を描いた作品が隣の部屋に飾ってあった

 

三友楼は奥丹波「柏原(かいばら)」で料亭を営む「味の老舗」。上皇になられた前天皇陛下が皇太子のときに妃殿下と一緒にこられ料理を召し上がったという。将棋の女流名人位戦の対局場にもなったことがあるという。

昔から格式の高い料亭だと聞いており、私は18歳まで当地に住んでいたが、これまで三友楼の食事をいただいたことがなかった。初めてだった。

ちなみに3階の別室には日本画家の山本求(茂斗萌)氏の舞妓図が飾られていた。山本氏は明治35年東京生まれ。東京美術学校(現東京芸術大学)卒業後、昭和3年から柏原町に在住し、旧柏原中学校(現柏原高校)の図画科の担任として勤めるかたわら、昭和11年以降、官展、日展に入選を重ねた画家でもある。

われわれの会食した部屋には山本氏に見出された画家・川端謹次の絵が飾られていた。両画家の多くの作品は丹波市立植野記念美術館(丹波市氷上町)などに寄贈されている。

柏原そぞろ歩き

カテゴリー: 丹波日誌, 墓参/法事/地域活動, 旅行/移動/街歩き, 花/木/樹

  21:15


 

落葉高木のモクレン科のユリノキの花

 

この大ケヤキを「木の根橋」と言う

 

幅8mの奥村川をまたいで根が伸びている

 

木々の梢から青々とした新緑が

 

丹波市柏原支所

 

料亭「三友楼」

 

泊まったのはグリーンホテル「松風」(丹波市柏原町)。ビジネスホテルだ。法事に参加した3組が泊まった。ホテルから歩いて10分ほどの柏原町市街地に料亭「三友楼」はあった。

歩いてそこに行った。途中、木の根橋を渡った。この大ケヤキは兵庫県の指定文化財で、柏原(かいばら)の大ケヤキという。幹周6m、樹高22m、推定1000年。幅6mの奥村川をまたいでいる。

ケヤキの大樹の奇形は珍しく、その形状から「木の根橋」と呼ばれ、四季の変化の美しさとともに、柏原町のシンボル的存在として長く親しまれている。

柏原は戦国時代の武将・織田信包(のぶかね)が作った城下町。明治2年の版籍奉還まで織田氏の城下町として栄えた。木造の建物は旧町役場(現在は丹波市役所の柏原支所)。とにかく古い建物だ。

稲畑式三番叟

カテゴリー: 丹波日誌, 旅行/移動/街歩き, 神社/仏閣

2018/10/07  23:22


 

翁が舞う稲畑式三番叟

 

三番叟と千歳(せんざい)

 

御神燈

 

五穀豊穣や家内安全を祈願し、氷上町稲畑の奴々伎(ぬぬぎ)神社の舞堂で7日、「稲畑式三番叟」が奉納された。稲畑地区の秋祭りの一環として行われ、農産物の品評会や素人演芸会もあった。

稲畑式三番叟は、丹波市指定文化財(無形文化財)。氏子である稲畑地区全戸で「稲畑式三番叟保存会」が組織され、継承している。翁役を奥井巧太さん、二番叟役を中島颯仁君(南小3年)、三番叟役を山本陽友君(同6年)が務めた。

実家の柏原町で、家屋管理者として風害被害を実況見分し、屋根屋さんに損害額の見積もりを出してもらった。それが終わって、隣町の氷上町稲畑の次姉宅に向かった。大阪府吹田市に住む長姉夫婦も来ていた。

家族水入らずで再会できた。ちょうどその日は「稲畑式三番叟」を奉納する日。次姉によると、「稲畑式三番叟は今から150年程前から伝わっている伝統芸能で残っているのは珍しい」という。せっかくなので見学させてもらった。

記録的短時間大雨情報

カテゴリー: 丹波日誌

2017/08/18  21:35


 

集中豪雨(18日午後4時44分ごろ、兵庫県丹波市JR柏原駅近く)

 

18日(金)は眠れなかった。午後11時前に布団に入ったものの、19日午前3時頃にはピカピカドンドンが始まった。記憶している限り、こんなものすごい雷雨は生まれて初めてだ。

とても眠れなくてテレビを付けた。その間も窓の外ではものすごい雨と豪雨、それに落雷の3つが同時並行的に襲った。それが1時間ほど続いた。びっくりした。東京も雨が長く続いているようだ。季節が狂っている。

テレビでは丹波市をはじめ県内全域に大雨洪水警報や「記録的短時間大雨情報」が流れていた。1時間に80ミリ以上の猛烈な雨を観測または解析し、さらにその地方にとって数年に一度程度しか発生しないような大雨である場合に発表される情報だ。周辺地域では、土砂災害や河川の増水など、災害の危険性がTが構っているため警戒が必要だ。

それでも午前5時頃には何とか雷雨も収まり、昼間は日が射し良い天気になった。陽に干した。ゴミを燃やした。それが夕方になると、また天気が崩れ、またゴロゴロと鳴り出した。これが上の写真だ。ものずごい雨が降り、雷も襲った。引き返そうかと思ったくらいだった。

あまりにも天候が急変する。いくら本州の上空には強い寒気が南下してきていて、北日本から西日本にかけて大気の状態が不安定だという。災害につながる猛烈な雨はいつどこで降るか分からない。九州豪雨もそうだった。この日は岐阜県可児市周辺や愛知県犬山市周辺でも記録的短時間大雨情報が出ていた。丹波市ではそれがいつの間にか止んだ。

7月25日(火)午前零時40分に兵庫県中部の丹波市に来て25日。いよいよ明日、撤収する。風呂も掃除のため休止、洗濯機も離れに移動した。風呂は隣町の薬草薬師温泉に行った。

 

おふくろがとても好きだったすし官太

 

中トロ一皿500円

 

 

肉厚なシマアジ一皿400円

 

食事は亡くなったおふくろの好きだった「すし官太」にした。閉店間際だったので客はほとんどいなかったが、おいしかった。最後の食事はすし官太にしたことでおふくろも喜んでくれていることと思う。

 

丹波旬菜「田舎家」

カテゴリー: 丹波日誌

2017/08/17  23:17


 

昔懐かし田舎家へ

 

柏原町の田舎家(兵庫県丹波市柏原町)へ行った。今日からは夕食は外食。生ゴミを出さないためだ。田舎家は2013年5月3日以来。その時は店をリフォームした直後だった。

田舎家は亡くなったおふくろが好きだった。好きだったのはこの家の死んだおばあちゃんだった。リフォームする前に一度行ったことがある。当時の趣はすっかり消えていた。

丹波篠山名酒「鳳鳴」

カテゴリー: 丹波日誌

  22:59


 

代表的ブランド「鳳鳴」(ほうめい)

 

デカンショ祭の翌日も2男ファミリーを送ってJR篠山口まで行った。その後、家人の贔屓にしている古着屋に行き、要件を足した。また良い商品を仕入れたらしい。

物産館を冷やかしたのち、篠山の名酒「鳳鳴酒造」をのぞいた。今年度新酒品評会で金賞を受賞した。飲むのは丹波市市島町の「西山酒造」の小鼓専門だが、デカンショの名の付いたお酒を買った。

 

奥が広く、古い酒蔵を公開していた

デカンショ祭

カテゴリー: 丹波日誌

2017/08/16  22:19


 

デカンショ祭

 

デカンショ祭

 

兵庫県篠山市の篠山城趾で第65回デカンショ祭が8月15、16日の両日開かれた。

作業も大詰め

カテゴリー: 丹波日誌

  15:29


 

食器棚のお掃除

 

今回の引っ越しではアンマチ姉妹にお世話になった。実によく働いてくれた。15日に来て、同日と16日泊まり、17日に大阪に帰った。2泊3日だったが、気持ち良く働いてくれた。

感謝感激だ。

自然の風

カテゴリー: 丹波日誌

2017/08/12  15:26


 

微風

 

やや強風

 

強風