‘体調/体力/運動/病気’ カテゴリーのアーカイブ

吾妻峡を歩く

カテゴリー: 体調/体力/運動/病気, 旅行/移動/街歩き, 登山/山歩き/ハイキング

2018/04/23  21:37


 

猿橋(2017年3月27日完成)から吾妻渓谷上流を眺める

 

新緑がまぶしい

 

川幅が狭まった「八丁暗がり」という

 

ここも八丁暗がりか

 

いやはや何とも美しい

 

小蓬莱(見晴台)

 

眼の前に八ッ場ダムの工事が進んでいた

 

大騒ぎをした「八ッ場ダム」

 

遊歩道を歩いていたつもりがハイキングコースだった

 

前方に見えるのは鹿飛橋(しかとびばし)

 

鹿飛橋

 

23日(月)朝8時すぎ、群馬県の草津温泉に向かった。関越自動車道に乗ること1時間30分で渋川伊香保温泉を降りた。月曜日ということもあって空いていた。

中之条を通って吾妻峡にやってきた。昔も今も渓谷、峡谷は自然の景勝地。吾妻渓谷は昭和10年(1935年)、「名称吾妻峡」として国の指定を受けた景勝地。雁ヶ沢橋から八ッ場大橋までの約3.5kmにわたる渓谷で、大昔に火山が噴き出した溶岩を、川水が深く浸食してできたものだ。

いつの間にか、道の駅「あがつま峡」ができていた。2014年(平成26年)10月にオープンした駅で、吾妻峡温泉「天狗の湯」が開けていた。たった3.5kmなのに、ダムができると、いろんなものが周辺に林立する。

民主党政権時代に建設中止を発表し、世の中の話題を集めた八ッ場ダム。テレビや新聞が大騒ぎし、それに踊らされて2009年12月、私も現場に行った。もちろん、ダムは何もできていなかったが、沈むところもあって大変だった。

そんなことはすっかり忘れていた。しかし、政権が自民党に代わって八ッ場ダムの工事はしっかり進行していた。2020年3月末に完工予定だ。

首都圏で唯一建設中のダム。高さ131m。調査が始まってからだと60年以上がかかっている。工費はどのくらいか。インフラツアーも実施中で、結構人気を呼んでいるようだ。

脊柱管狭窄症患者と前期高齢者入りした2人がハイキングに挑戦した。足は痛いはずだが、それほどでもない。どうしたことか。十二沢パーキングから周遊ハイキングだと4.3km。2時間強。しっかり歩き通した。

どこが病気なのか分からない。新緑が眼にまぶしいが、秋の紅葉のシーズンはまた違った光景になりそうだ。

 

ボウリングデビュー

カテゴリー: 体調/体力/運動/病気

2018/03/26  23:38


 

さすが小学2年生!

 

格好は1人前!

 

補助員付き!

 

春休みで近所に住む孫たちがやってきた。久しぶりに埼玉県所沢市の埼玉スポーツセンターに行った。

子どもたちに初めてのボウリングをやってもらった。何でも最初は大変だ。

練馬こぶしハーフマラソン2018

カテゴリー: 体調/体力/運動/病気, 祭り/フェスティバル

2018/03/25  23:29


 

頑張れ!

 

あと2~3キロだ!

 

もう少し!!

 

練馬こぶしハーフマラソン2018が3月25日(日)午前8時、スタートした。応援マップを手に応援した。

今は脊柱管狭窄症を患って、走りたくても走れない。悔しいが仕方がない。しっかり走れる人に声援を送るしかない。

10時15分から始まった大会表彰式で、前川練馬区長は、「練馬こぶしマラソンの歴史の中で、こぶしと桜と青空に恵まれた大会は今年が初めてだ」と述べた。

 

白モクレンと紫モクレン

「脊柱管狭窄症」再発

カテゴリー: 体調/体力/運動/病気

2018/03/13  19:21


 

Freshness Burger新大久保店

 

ケチャップとマスタードは小さな容器に変わっていた

 

東京山手メディカルセンターの脊柱脊髄外科にかかった。脊柱管狭窄症が再燃した。悲しいが、受け入れるしかない。動揺を抑えるために好きな店に行った。そこで気に入ったランチを食べた。野菜サラダとホットドッグ。

ホットドッグはパンの中にみじん切りした玉葱が細かく敷き詰められており、昔のまま。しかし、上にかけるケチャップとマスタードが小袋に変わっていた。昔はビンがどんと置いてあった。銀座8町目店はこんな風だった

また自分の好きな店が消えていく。

 

背骨が歪むと、いろんな病気が起こる

 

 

 

最初に脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)と診断されたのは2013年9月だった。同症は背骨に存在する神経の通り道「脊柱管」が狭くなってしまう病気。

原因は「加齢による骨や靭帯などの変性によって起こるほか、すべり症や椎間板ヘルニアなどの病気に続いて発症することもある」ようだが、ほとんどの場合、「脊柱管を取り囲む組織の退行性変性」、すなわち老化だ。

再燃したのは昨年11月。筋トレを初めて間もない時期だった。レッグプレスの重量を少し上げたことで骨がぎくりときた。すぐに運動をやめたが、そのとき以降、歩くたびに痛みやしびれが走った。

歩くのが苦痛になるのはつらい。もちろん走れない。少し歩いていてもすぐに途中で止まる。臀部に痛みやしびれが出るのだ。しばらく休み、また歩き出す。歩行していると、だんだん足がしびれたり、痛くなったりし、休むと回復する。この病気は「間欠性跛行」(かんけつせいはこう)が特徴だ。

本日はレントゲンを受けた。簡単で短時間で済む上、骨の全体像が分かるからだという。しかし、レントゲンはおおざっぱな検査で、詳しいことは分からない。だからCT(Computed Tomography=コンピューター断層撮影法)かMRI(Magnetic Resonance Imaging=磁気共鳴画像)を受検することになる。

レントゲンとCTは放射線を使っており、被爆する。レントゲンはさほど問題ないにしても、CTは被爆のレベルが違うようだ。CTはよほどのことがない限り、やめておいたほうが無難だ。

そのせいかどうか分からないが、医師はMRIを進めてくれた。MRIは精密検査だが、レントゲンやCTのほうがよく分かる部分もある。使い分けるのは難しいものだ。

高血圧症、潰瘍性大腸炎、糖尿病、そして今度は脊柱管狭窄症。老化に伴ってどんどん病気が増えてくる。病気と付き合うのが老後だとはよく言ったものだ。老後はしんどい。負けるな!

豊島園・庭の湯

カテゴリー: 体調/体力/運動/病気, 理容/床屋/エステ

2018/02/28  21:18


 

軽く運動の後は緑水亭で栄養補給を

 

豊島園の「庭の湯」に行った。バーデプールの故障は直っていた。バーデプールはドイツ語のBADE(温浴する)+POOL(プール)を組み合わせた造語。体温と同じ水温の中で身体に負担をかけずに身体のコンディションを整えるためのプログラムが備わっているプールだ。

普段あまり運動しない人、膝・腰・肩・関節に違和感を感じる人、リラックスしたい人、すべての人が楽しみながら健康づくりができるメディカルコンセプトのプールだ。

コンセプトはドイツの温泉療養館をモデルに造られており、もともとは国産ではない。国産ではないけど、すばらしい。屋外フィンランドサウナで午後1時からアウフグースを楽しみ、屋外軟水ジャグジーと屋外天然温泉ジャグジーを楽しんだ。

その後は屋内に入りバーデプールでアクアプログラムに参加した。30分間のアクアウォーキングを行った。インストラクターから基本的な水中歩行の指導を受け、姿勢の矯正や基礎体力を向上させる水中運動を学んだ。基礎体力がないことを知ってがく然とした。

その後は緑水亭でランチをいただいた。運動と栄養補給し、あとはリラクゼーションエリアでリラックス。久しぶりに7時間ものんびりした。

新宿・百人町の梅

カテゴリー: 体調/体力/運動/病気, 花/木/樹

2018/02/26  17:56


 

百人町には梅が咲いていた

 

東京山手メディカルセンター(旧社会保険中央総合病院)に通い出して3年半になる。潰瘍性大腸炎で入院し、大腸を全摘したためだが、退院後も腸の調子が思わしくなく、通院が長引いている。今は3カ月に一度だが、その日が来ると憂鬱になる。

そうこうしているうちに、今度は糖尿病を発症した。16年8月に練馬区の健康診断で指摘された。自宅近くの医院を何軒かはしごし、軽度の心筋梗塞を発症したほか、その前は不整脈に悩まされた。

この日は糖尿病の糖尿病診察日。16年11月21日はHbA1c(へモグロビン・エーワンシー)は8.8だった。ヘモグロビンは赤血球内のタンパク質の一種で、全身の細胞に酸素を送る働きをしている。血液中のブドウ糖(グルコース)がヘモゴロビンとくっつくと糖化ヘモグロビンになる。

血糖値が高いほど、ヘモグロビンと結合したブドウ糖の量が多くなる。いったん糖化したヘモグロビンは赤血球の寿命(120日)が尽きるまで基には戻らない。

私のHbA1cは8.1(16.12.26)、 7.5(17.2.13)、 7.0(17.5.22)、 6.9(17.8.28)まで順調に低下したが、17年11月27日に7.1に反発、今年2月26日には何と7.6に悪化した。

正直言って、自分が情けなくなった。薬を服薬しなければならない時期に来ている。自分に一体何ができるのだろう。

そんなことを思いながら百人町を大久保駅まで歩いた。紅梅が綺麗に咲いている家があった。最近は持ち家でも自宅面積が30坪もなく、庭もない家が増えている。植えたくても植えられる木がなくなった。

 

わが家の梅

 

梅を植えるためにはある程度の広さが必要だ。私の家はまだ恵まれている。紅梅が満開だ。紅梅を愛でながら、病気と付き合うことにするか。

「念ずれば叶う」原メソッド

カテゴリー: 体調/体力/運動/病気

2018/02/05  22:58


 

原晋青山学院大学陸上競走部監督

 

ゲスト:原晋(はら・すすむ)青山学院大学陸上競走部監督
テーマ:箱根駅伝4連覇達成
2018年2月5日@日本記者クラブ

正月恒例の箱根駅伝で4連覇を達成した青山学院大学の原晋監督(50)が会見した。そこで話したのは成功談よりも、関東の大学に限定されている箱根駅伝の全国化や実業団間の選手移動の自由化など日本陸上界の改革プランについてだった。

・無事に終わったことを関東学連を代表して御礼を申し上げたい。全国津々浦々の指導者に原を信じて、大学を信じて送っていただいた生徒さん、指導者、親御さんたちにも御礼申し上げる。

・94回箱根駅伝。何が勝因なのか。これは3年だけの話ではないと思っている。指導14年目を終えた。15年目を迎える。1年1年の卒業生たちの熱き思いを積み重ねて今を作り上げた。

・12月10日の14人のチームエントリーに先立ち、9日に全体ミーティングを行う。チーム内で16人にメンバー発表を行う。レースの展望を学生たちの前で伝えた。その時点で勝利は間違いないなと言えるようだった。3連勝したときとほぼほぼ変わらないチーム状況で、ほぼほぼ同じようなレース展開ができるのではないかな。3区から独走、後半は楽勝ペース。シミュレーションをした。そういう状態だった。

・神奈川大学や東海大学チームも強い。後半勝負を少しは考えていた。吉村キャプテンから3日前に本人が足が痛いと申し出があった。当初アンカーの起用を考えていたが、変更した。これが青学の強さかな。自分自身の状態をウソ偽りなく伝えていく。それがチームを思い、責任感につながった。箱根駅伝はごまかしが効かない。

・MVPが誰かと言えば、1区を走った鈴木。出雲で負けてどうなるかなと思った。東洋大学が最初に行ったが、ターゲットとしていたのは神奈川大学、東海大学だった。その2校より前でタスキを渡した。良い流れを作った。

・14年目が終わるが、14年間を整理すると、3期に分けられる。1~5年の予選会突破期。6~10年目のシード権維持期。11年目以降の連勝期。どこが一番しんどかったかなと言うと、最初の5年間かな。非常に辛い思いをした。なかなか部がまとまらない。原をなかなか信じてもらえない。競技実績ない中で、選手に信じてもらえなかったが、母校の世羅高校、大学系列の中京高校、キリスト教系列の九州学院の先生方に大変お世話になった。先生方が私を信じ、大学を信じ、優秀な人材を送っていただいた。これが今日の青学の成果につながっている。

・どこが一番嬉しかった瞬間かなというと、やはり33年ぶりに出た箱根駅伝の出場権確保したときの胴上げ。今でも嬉しい。

・連勝期に入った。原メソッドがある程度確立した。例えば夏合宿の1期、2期、3期合宿で3年間ほぼほぼ同じことをやっている。7割以上の選手が箱根駅伝16名にリメイクされるデータが出ている。8月の全体合宿に入る前に数値化して説明する。来年以降もこのメソッドに則って5連覇、6連覇できるかなと思う。

・すべての大学に追い付ける考えは毛頭ない。それぞれの大学のメソッドがある。自信を持って取り組むことで大学陸上界を盛り上げていけば良い。原が勝ったから原メソッドを真似る必要はない。真似することはマイナスだ。それぞれの立場で、それぞれの大学の特徴を活かしながら、しのぎを削って陸上界を盛り上げていく。こういう構造にあるべき。

・喜びは非常に陸上ファンが増えたかな。女性を含め若いファンが多い。相模原市の隣接キャンパス主催パレードに3万人が駆け付けた。若いファンが多かった。幅広い。パイの奪い合いではなく、パイを拡大する。当初はテレビ出演することをタブーとされたが、「ちゃらちゃらするな」「なんでテレビなんかに出ているのか」などと言われたが、「出ることは決して悪くはない」「陸上界の発展のために広報活動をしているとの信念を持っているとしてやり続けた結果、多くのファンを増やしたのかな」「イコール競技人口を増やすきっかけにもなった」

・青学メソッドの確立の中で高校生たちが青学の門を叩いて約9割以上が自己ベストを更新してくれている。チーム力だけでなく、個々の競技力の向上にもつなげている。手前味噌だが、志願者が今年も対前年比で1200人増えている。まだ増えると思う。2004年から開始し、当初3万7000人くらいだった。14年の歳月をかけて今6万人を超えている。2万3000人くらいここ10年で青学志願者が増えている。陸上だけでとは毛頭言うつもりはないが、それだけの貢献はさせていただいている。

・高校生が大学に入って伸びている。学習面でも青学に入れば、学習メソッドがしっかりある。伸びるんだということを大学生中心に教育レベルを上げようともしている。

・悲しみは国立競技場問題。専用競技場になるとの発表があった。残念な結果になった。冷静に考えれば、当たり前のこと。一杯にしたことないはずだ。陸上を世に広げていく。普及させることを怠った。今日こういう結果を生んだ。反省する必要がある。一杯にする発想で取り組んでいく必要がある。

・箱根駅伝の全国化がなかなか議論されない。報道ベースではある。「そうだね」という発想に変わるべき。旧態依然の組織では発展はない。地方組織の大学組織はお金がもうからない、忙しいと言って無理矢理会長あるいは役員をお願いして引き受けてもらっている。関東学連の所属はお金もある程度もうかるし、ブランド力もある。しかし、それが旧態依然の組織が変わっていないのが問題だ。これだけ全国ブランド化されて視聴率があれだけのものになり、純益を生み出すような大会になっている。組織そのものが順応できていない。どうあるべきかという議論をもっとしていく必要がある。陸上界の大きな発展にはならない。好きとか嫌いだとか、派閥だとの議論ではなしに。陸上界、社会全体として議論を展開していきたい。

・実業団チームの問題点。高校、大学とレベルが上がってきている。しかし、東京五輪に向けて実業団チームがもっと一枚岩になって取り組まないといけない状態だと思う。若手がマラソン取り組んでいる、チームジャパンとしてもっと取り組むべきだ。実業団連盟の移籍が部長のハンコがないと実際できない仕組みになっている。自由に移籍出来る形をとらないと、国内の実業団駅伝に枠をくくって世界を見る枠組みを持たないと世界とは戦えない。指導者も危機感をもって、会社も危機感をもって選手と向き合って強化をしていかないと「俺の言うことをきかないとハンコを押さないよ」では問題がある。

・中距離種目が受け皿として卒業後に競技を続ける環境にない。駅伝があるから長距離は割と強化できる。方策の1つとしてゼッケンが1社だけだが、これを背中とかエリなどスポンサーをとれるように規制改革を行うべき。トラック競技の公認競技場は幅跳びなどすべてが整わないと公認されないが、国内認定競技場では規制を緩和すべき。長距離専用、中距離専用の公認競技場をつくるのが望ましい。

前野原温泉「さやの湯」

カテゴリー: 体調/体力/運動/病気

2018/01/19  23:02


 

前野原温泉「さやの湯処」

 

庭園です

 

 

前野原温泉「さやの湯処」(東京都板橋区前野町3)に行った。前回行ったのは2012年10月21日だったからざっと7年ぶりだ。

今日は日本記者クラブで会見が1つとクラブの新年互礼会があったが、どういうわけか朝から行きたくなかった。火曜日以外に月曜、水曜、木曜と3日も出掛けた。出掛けようと思っていたが、行きたくないという気持ちが膨らんだ。

「行きたくない」と言ってもそうはいかないのがサラリーマンである。「行きたくない」なら、「行きたくない」で済むのが定年後のサラリーマン。どうしても行かなくてはいけないことなんてない。ポストサラリーマンは許される。よって、朝布団から出るのが嫌だった。

こんなことがたまにある。そのうち、毎日が布団から出るのが嫌になり、出なくていいものだから、布団の中に居続け、そのまますごす。そしてもう出てこない。これが死なのだろう。

まあ、まるで子どもだ。それでも朝はなるべく早く起きている。原稿を書くのが日課だ。締め切りがある。記事になる場合、ゲラを校正しなければならない。誤字脱字などもある。組み込まれた原稿を赤ペンを握りながらチェックしなければならない。

ゲラ校正も今朝は終えていた。つまり何もすることがなかった。「行きたくない」と思い出すと、その気持ちがさらに強まる。昼前に近所の内科に行った。私のかかり付け医だ。1カ月ごとに薬をもらいに行く。それも1時間ほどで終わった。

私がいつも行くのは埼玉県所沢市の埼玉スポーツセンター。川越街道を走って30分はかかる。前野原だと15分。久しぶりにこちらに行くことにした。

内湯は高濃度炭酸泉、寝湯、座り湯、腰掛湯、水風呂、掛け湯、熱風風炉、立ち湯。露天は源泉風呂、露天風呂、寝ころび湯、つぼ湯、薬草塩蒸風炉。たくさん風呂があるが、どれもこれも小さいのが気になる。都心サイズだ。

館内から眺められる枯山水の苔庭は、作庭家・小口基實氏がもともとこの地にあった昭和の和庭を再生したものだ。桜、ツツジ、カエデなど四季折々の表情を見せる苔庭は美しい。

ボウリングで逆張り

カテゴリー: 体調/体力/運動/病気, 食/食堂/レストラン

2017/12/27  23:20


 

3度目のボウリング

 

今年7歳になる小2の孫娘を連れてボウリングに行った。埼玉スポーツセンター(所沢市南永井)。ジムでレッグプレスをやりすぎたのが元で腰部脊柱管狭窄症が再発したように思ったが、どうも逆に良くなったような感じがする。

今回は左臀部が痛く、電気ショックを受けたような感じだ出て、心配していた。ひょっとすると、逆張りが効いたのかもしれない。

4年3カ月前に全身が歩けなくなったことがあった。下肢(足)のしびれ・痛み、臀部痛・臀部のしびれ・痛みだ。

脊柱管は腰の骨の中の神経の通り道。これが狭くなり、神経を圧迫することで症状が出現するという。2013年9月に発症してから3年ほど死ぬ思いを味わった。大腸摘出手術が重なって大変だった。

しかし、その後、いつの間にか痛みやしびれが消えていた。喜んでいたものの、うかつに筋トレを始めたらどうも再燃したようだった。悲しい現実だ。ジムは12月18日を最後に休んだ。ペダリングをこぎ続けることもしんどい。

そのせいもあってか、ボウリングは大丈夫だった。少なくてもその後も痛みはあまり出ていない。その後お湯に浸かったのが良かったのかもしれない。そんなに簡単に治るはずはないと思うが、ただひたすら祈るだけだ。

 

ターメリックライスをどうぞ!

 

ボウリングをする前に蔵寿司でランチした。ボウリングのあと、お風呂に浸かったが、まだそんなにお腹がすいていなかった。そこで車で帰宅し、自宅でオムライスを作ることになった。

ところが、自宅の着いた頃になって、やはりハンバーグを食べたいと言い出す人がいた。そこで急きょ向かったのが自宅近くのファミレス「ビッグボーイ練馬高野台店」。結局そこで食べたのだが、そこで見たのはこの「ターメリックライス」(turmeric )の札。カレーとの相性抜群だという。

ウコン(鬱金)。「ウコンの地下茎で、肝臓強化や抗菌など多くの効能があり、古代から生薬として用いられてきた。インドには4~5世紀のサンスクリット語の文献に記述があるという。日本には18世紀に渡来したとされる。

スパイスとしても広く使われ、カレー粉が黄色になうのはウコン根の粉のおかげである。また、黄色の染料としても利用される」(i英辞典郎122)という。たくあんもこれで染めるらしい。

とんかつ和幸光が丘IMA地下店

カテゴリー: 体調/体力/運動/病気, 食/食堂/レストラン

2017/11/28  23:47


 

火曜は「ロースかつ」のセールの日

 

光が丘IMA(いま)は東京都練馬区光が丘にある区内最大規模の複合ショッピングセンター。そのIMAが1987年(昭和62年)以来開設30周年を迎えた。中央館地下1階の専門店街にはIMA設立前に光が丘に点在していた個人商店が並んでいる。

専門店街はLIVIN(リヴィン)光が丘店 とイオン練馬店の間に挟まれた格好で、開店時間がLIVIN、イオンと1時間差があり、これが結構不便で、朝早く買い物にきた人たちは結構戸惑う客が多い。今朝もそうだった。

そんな中で、専門店街の中になるとんかつ和幸光が丘IMA地下店は朝から客が行列をしている。専門店街の活性化策に手を貸して「ロースカツ限定1000枚」を火曜セールにしているからだ。いくら安いのかは確認しなかった。

 

朝からこんな感じが続きます

 

これが午前10時半くらいの時間帯。結構並んでいる。3階にもレストランがあり、そこで揚げたものを運んでくる。初めての人も驚き、驚いた人が次は並び、相乗効果で客が増えている。

それにしても、会社勤めしていたときに和幸はよく利用した。一緒に食べた友人は故人となった。そんなことを思い出した。