‘旅行/移動/街歩き’ カテゴリーのアーカイブ

萬鐵五郎展

カテゴリー: 旅行/移動/街歩き

2017/10/06  18:46


 

萬鐵五郎展

 

「自身が求める表現をひたむきに探求し、苦闘しながら独自の絵画世界を創り上げた萬鐵五郎(よろず・てつごろう、1885~1927)。その存在は、個性派と呼ばれる芸術家を数多く輩出した大正時代において、ひときわ鮮烈な輝きを放っています」(岩手県立美術館)。

没後90年の萬鐵五郎展は新潟県立近代美術館(新潟県長岡市千秋)で開催されていた。萬は岩手県花巻市生まれ。花巻市には萬鐵五郎記念美術館があるが、一方で盛岡市には岩手県立美術館もある。それが今回一挙に新潟県に来ていた。

ずいぶんたくさんの絵が展示されていた。多作家だ。色が濃くてよく分からない。

萬鐵五郎記念美術館は南画(水墨画)が主体だ。「筆が踊り、墨が走る。下手なのか、上手いのか。不真面目なのか、真面目なのか。浅いのか、深いのか。どこがいいのかわからない。それでいて、どことなく憎めない。そして不思議と残る。記憶に残る拙さ加減。大真面目に下手くそな南画を描いた萬鐵五郎」(第37回萬鐵五郎祭イベント)

 

斎藤

 

裸婦 佐藤哲三郎 1930年(昭和5年)

 

特別展は写真禁止だったが、コレクション展示室はフラッシュなしでの撮影はOKだった。最近はこの区別が難しい。

 

花壇

 

米百俵の群像

寺泊Cafe Winds

カテゴリー: 旅行/移動/街歩き, 食/食堂/レストラン

  13:08


 

海鮮ピザはこんな感じ

 

生牡蠣です

 

弥彦山スカイラインで山を下りてシーサイドラインを新潟市方面に向けて走った。新潟県立近代美術館に向かう途中だったが、新潟市ではなく長岡市にあることに気付いた。獅子ヶ鼻大橋駐車場で反転した。

ランチは寺泊(長岡市)のカフェ・ウインズで取った。海沿いの野積107。新潟へ来ればへぎそばを食べようと思っていたが、すっかり忘れていた。それでもムール貝やエビの入ったピザや寺泊産のカキはおいしかった。

弥彦山

カテゴリー: 旅行/移動/街歩き

  11:03


 

弥彦山から佐渡島を臨む

 

弥彦山から越後平野を臨む

 

左に蛇行しているのは信濃川

 

弥彦神社の御神廟(奥の院)

 

東京スカイツリーの高さと同じ634mの弥彦山

 

クライミングカーで上った先

 

弥彦山ロープウェイは60周年

 

弥彦山(634m)に登るには弥彦山登山道、弥彦山ロープウェイ、弥彦山スカイラインの3つがある。足、空中、車だが、今後の行動を考えてスカイランを選んだ。

山頂駐車場からロープウェイ山頂駅とを結ぶ勾配50度の断崖絶壁にクライミングカーという不思議な乗り物がある。歩くのはちょっと面倒なので乗車する。1分で到着するが、眺望はちょっとしたものだ。それよりもパノラマタワーに上らなかったのは残念だった。

山頂駅は弥彦山の九合目。そこから15分ほど歩くと弥彦神社の御神廟(奥の院)に到着した。登山姿の山登り客が何人もいた。山頂駅で甘酒を飲んだ。店員さんは「ロープウェーができたのは私が小学校3年のとき。ずいぶん昔だ」と語った。

蛸けやき

カテゴリー: 旅行/移動/街歩き, 花/木/樹

  09:02


 

7階の部屋から見ると、あれは何だろう?

 

そばに寄ってみると、「蛸けやき」だという

 

樹齢1000年余のご神木。8本の大枝があることから蛸けやきと呼ばれているそうだ。

どの土地にもその土地らしいものがある。急に見つけてきたものとは思えない。

割烹「吉田屋」

カテゴリー: 旅行/移動/街歩き, 酒/酒場/居酒屋

2017/10/05  22:59


 

割烹「吉田屋」

 

まずはビールで

 

刺し身はとても新鮮そう

 

大判イカメンチ

 

のどぐろ1尾焼き

 

場合によって一泊と考えていたが、「燕三条トレードショウ」の会場を出たのは午後3時。朝7時すぎで出て、いきなり事故渋滞に巻き込まれ、会場に着いたのが11時すぎだった。1時間はロスした。

温泉には幾つか候補があったので、インフォメーションで訪ねたら、この辺りで一番大きいのは弥彦温泉と言われた。車で20分ほどだという。着いて聞いたら、夕食は終わっていた。仕込みのための時間が必要で、「朝食だけなら部屋はあります」という。

日本海まで10kmほどの四季の宿「みのや」(新潟県西蒲原郡弥彦村)に投宿した。とにかく温泉に浸かった。8階の展望露天風呂もあった。自然に、湯にとろり溶け込む。「四季」を感じられる。静かな一刻を味わった。

夕食は宿に紹介された割烹の吉田屋。割烹と言いながら、要は居酒屋だった。ただ日本海の新鮮な海の幸が堪能できるお食事処。わっぱ飯膳もあったが、やはり定石通り、刺し身をいただいた。

大判イカメンチは玉葱と小麦粉以外はイカづくし。旬の地魚はのどぐろを味わった。1尾を丸ごと焼いたのは初めてだった。堪能した。旅館の料理も良いが、こうした外食も悪くないことを知った。

花畑ビーフカレー

カテゴリー: 旅行/移動/街歩き, 講演会/シンポ/セミナー/勉強会, 食/食堂/レストラン

  22:54


 

通常のミルトアとカシェ(左側=アメリカの高級デパートで、一般家庭向けに販売されているデザイン)

 

スープ

 

「畑のカレー」

 

燕三条地場産業振興センターの1階にあるレストラン「メッセピア」。燕市は世界的に有名な金属加工の町。とりわけ金属洋食器製造は1911年(明治44)に始まったといわれる。

デイリーランチ(月~金)は花畑のビーフカレー夕焼けライス。人参を刻み込んだ人参ライスはまるで夕焼け色。旬の野菜はやさい畑のようだった。セットを頼むとスープとデザートが付いた。

このお店は料理を注文すると同時に、カトラリー(洋食器類)も選べること。ミルトア(小林工業)が付いているが、希望に応じて別種のカトラリーも持ってきてくれた。カシェは山崎金属工業製。

 

高速追突事故渋滞

カテゴリー: 旅行/移動/街歩き

2017/08/20  20:44


 

土山SA

 

土山SA上り線

 

8月19日(土)午後零時半柏原を出発。JA丹波ひかみをのぞき、宝製麺所の讃岐うどん(兵庫県丹波市本郷)でお腹を満たしたのち、午後2時ごろ東京に向かった。

篠山市を通過し、京都府千代川から京都縦貫道に乗った。大山崎ジャンクションから新名神に乗り土山SA(滋賀県甲賀市土山町)で下車、しばし休憩を取った。

いつもの地雷也紅白茶寮のいなり寿司は売り切れでアウト。結局、安曇野のむヨーグルトと柿の葉すしでお腹を満たした。滋賀県で長野県ののむヨーグルトとはどういうことかと思ったが、結構おいしかった。

土山町は緑が深く、周りは人工物が少ない。灼熱だったが、吹き渡る風も心地よい。そんな中でヨーグルトを飲み、寿司の葉を食べた。

次の休憩は夜8時ごろ。高速道路は事故渋滞で断続的に混んだ。大きな事故ではないものの、追突は怖い。私もトンネル内で思わず追突しそうになった。距離感がつかめないのが怖かった。

練馬の東京に着いたのは20日(日)の午前1時45分。荷物を運び入れ、風呂に入って就寝したのは3時45分だった。

神戸遊覧

カテゴリー: 丹波日誌, 旅行/移動/街歩き

2017/08/04  23:45


 

最初に訪れたのはおかきの播磨屋本店(神戸市)

 

早速ベニマンのランチ

 

グレープフルーツ

 

ランチ

 

デザートはスイカ

 

ベニマンを後にして

 

神戸を海から眺める

 

潜水艦を作っていたり・・・

 

遠くに淡路鳴門大橋が・・・

 

神戸メリケンパークオリエンタルホテル

 

プリンセス号

 

高級ホテルが続々と

 

これが元町商店街の西の端

 

4丁目辺りに来ると、見慣れた風景が・・・

 

うどん粉をこねるのも機械

 

こちらは恐竜。突然頭を振り始めたのには驚いた

 

昔懐かし元町ケーキ

 

ペルー「オレンジ農園」

山梨「一宮の桃」

カテゴリー: 旅行/移動/街歩き, 食べ物

2017/07/24  15:22


 

この季節は桃(中央道釈迦堂PA)

 

いろんな種類が・・・(同)

 

1個200円は少々痛みあり(同)

 

この季節は桃である。桃は中央道を走るしかない。5月に続き丹波に帰った。とうとう家を貸すことになった。その準備だ。

その前にまず桃である。桃は山梨か福島である。関西だから中央道を通って帰ることにした。距離的には東名が一番少ないが、中央道も選択肢に入っている。

午後正午すぎに練馬区の自宅を出発し、環8から甲州街道に入り、調布で中央道に乗った。1時間半ほどで初狩paと釈迦堂paに着いた。

一時は50個くらい買っていろんなところに配った。今回は20個くらい。1個200円と100円の桃だ。値段の高い桃もある。高速道路のpaやsaで買うとなると2~3割高は覚悟しなければならない。

まだ桃だけのために高速を下りたことはない。いずれそのためだけに行きたいものだ。

 

 

赤ずきん/黒ずきん

カテゴリー: 旅行/移動/街歩き, 食べ物

2017/05/14  15:36


 

紅白ずきん

 

裏返してみると・・・

 

かなり前から兵庫・丹波への行き帰りの拠点となっているのが新名神・土山SA(滋賀県甲賀市土山町)。昔は名神を使うしかなかったが、最近こちらを使うことが多くなった。

そこでいつも注目しているのが地雷也紅白茶寮のいなり寿司だ。天むすも良いが、このいなり寿司はとてもおいしい。普通のキツネも良いが、黒いキツネが面白い。赤いほうが赤ずきん、黒いほうは黒ずきんと呼ぶ。

名鉄レストランは名神の養老SA、多賀SA、中央の恵那峡SA、伊勢湾岸の刈谷PAのほか、東北自動車道の国見SA(福島県)でレストランを運営している。また地雷也紅白茶寮を新名神の土山SAや名神の多賀SAでも運営している

これまでほとんどブログに紹介してこなかったが、一度しっかり取り上げておこうと考えていた。今回も立ち寄ったので、書いておこう。それにしても、今回は滋賀県の田舎周辺でしっかり遊んでしまった。