‘東京日誌Ⅲ’ カテゴリーのアーカイブ

確定申告書の送付に代えて

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ

2018/02/20  23:34


 

確定申告書に代えて送付されてきた葉書

 

これまではいつもこれが送られてきていた

 

2017年分の所得税の確定申告の受付が16日から始まった。個人事業主も対象で、20日に申告した。原稿料の関係から申告はかなり前からやっていた。13年に個人事業主になってからは真剣に対応している。

不思議なのはこれまで黙っていても確定申告書・決算書等用紙が当局からどんと送られてきたが、税務署などの相談会場で申告書を作成した向きには今年から発送を取りやめた。

電子申告(e-Tax)を促していることは分かるにしても、あまりにも性急すぎる。電話して送ってもらった。私は相談会場で相談しながら、現場で考え、考えしつつ申告することで、納税意識も磨く必要があると考える。従来の用紙に書き込むことで、自分の理解力を高めつつ、納税したい。

e-Taxにすれば確かに簡単だが、それで税に対する理解が高まるとは思わない。税務当局は課税逃れや脱税を封じ込めるのに熱心だが、納税者の気持ちを分かっていない。

e-Taxはインターネットで申告ができて便利だが、使用しない最大の理由はカードリーダー1台当たり約3000円のお金がかかることだ。これではいくら笛を吹いても(便利だと吹聴しても)ほとんどの人は踊らない(使わない)。

税務当局は常に自分の利益が優先で、国民に犠牲を強いる。年に一度しか使わない機械に3000円も払う気がしない。年に一度くらいなら、マイナンバーカードを使わずに本人認証できる税務署のパソコンを利用するほうが良い。

政府は次回の18年分確定申告から、マイナンバーカードやカードリーダーがなくても電子申告できるようにするらしいが、その場合、申告する前に税務署に行ってIDとパスワードを交付してもらう必要があるという。

昔の納税は良かった、かもしれない。納税者受難の時代はまだまだ続きそうである。

2年ぶりの東京大雪

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ

2018/01/22  18:44


 

積雪15センチ

 

洗濯物掛けにも

 

発達する低気圧の影響で、東京でもこの雪一番の冷え込みとなっている。雪は朝から降り始めたが、その後もシンシンと降り続き、止む気配をみせない。

ウェザーマップによると、22日午後5時に北の丸公園で10センチ、横浜市で8センチの積雪を観測した。同6時ごろ、東京西部・練馬区の自宅で15センチの積雪を記録した。

2年前の2016年1月18日も都心は10センチの積雪を観測した。2年前に比べると、現時点では5センチ上回っている。一昨年は2月9日も降った。そのときは大したことがなかった。

今日も午後4時くらいの電車から早帰りムードが強かった。普段は自転車だが、今日は歩くしかなかった。練馬から帰りはバスにした。バスだと自宅まで歩いて2分。しかし、今日は大雪なので、6分ほどかかった。

明朝は凍結して大変なことになるだろう。自宅でコタツの中に入ってジュースを飲みながら「大変だね」と言っているのは全く大変ではなく、現場の保線員たちは必死に違いない。同情申し上げたい。

現代のサラリーマン

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ

2018/01/06  19:20


 

さらば長男!(1月6日午前7時20分ごろ)

 

長男が6日帰った。赴任先のシンガポールに戻る。左手に喫煙コーナーがあるが、真っ直ぐに地下鉄の乗り場に。次は搭乗前にもう一度喫煙するという。私も随分吸ったものだ。そういう人間が何を言っても無駄だ。

 

 

さらば2男!(昨年12月25日午前7時05分ごろ)

こちらは2男。ベルギーから帰国して、そのままクリスマス会に参加した。妻子は大阪に帰ったが、2男は東京のわが家にもう1泊し、25日(月)朝、東京本社に出社した。昼には名古屋で会議があるという。

東京、名古屋、大阪を飛び回り、週末だけ妻子の待つ大阪に戻る。こういった生活をもう3年ほど続けている。これが現代のサラリーマンなのかもしれない。

 

無駄にできない正月

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ

2018/01/05  22:39


 

 

やはり最初は中トロのにぎりだった

 

どうしても赤貝は外せなかった

 

イカもおいしい

 

東京の家で正月を迎えた。一番賑やかだったのは23日のクリスマス会だった。大人が7人と子どもが5人の合計12人が集まった。しかし、Xマス会が終わると、人はまた自分の拠点に戻っていく。それが暮らしだ。正月は暮れの29日夜にシンガポールから帰国した長男とわれわれ夫婦の3人だけだった。

元旦2日は3男ファミリーが来宅し、一泊した。3日(水)は長男の嫁が自宅に来て、揃った。4日(木)は長男夫婦とゆっくりし、夕食は4人で桃太郎寿し別館に行った。熱燗を1合だけいただいた。

あっという間に過ぎていくお正月。しかし、いくら忙しくても毎年確実にやってくる。その一時を無駄にはできない。

 

謹賀新年2018

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ

2018/01/01  16:21


 

今年は戌年なのですが・・・

 

今年は万両で

 

明けましておめでとうございます。謹んで新年のお祝いを申し上げます。

昨年はいろいろありました。今年も何かと気ぜわしい1年になることと存じます。

今年もどうかよろしくお願い申し上げます。

公園に「居酒屋」

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ, 桜/さくら/花見, 祭り/フェスティバル

2017/11/12  21:12


 

東京の酒で乾杯

 

あまりにいい天気だったので、光が丘公園に散歩に出た。自転車だ。JA祭かと思ったら、東京の酒&酒器フェアだった。公園の中に居酒屋をどんと持ってきたようなものだ。

雨が降ってもいいように、テントが張ってあった。結構広く、大勢の人で賑わっていた。どぶろくを飲んだ。アデンをつまんだ。こういうイベントではどうもお金を使ってしまう。使わせようという魂胆に乗ったようなものだが、仕方がない。

 

・・フリマの写真はうまく撮れなかったもので・・・・

 

図書館前ではフリーマーケットが開かれていた。リサイクル推進友の会(世田谷区駒沢)が中心になっている。一般手持出店で2000円のテラ銭がいるらしい。ずいぶん繁盛していた。

 

紅葉はいまいち

 

公園には多くの人が出ていた。どうも今年の紅葉は今一つ物足りない。イチョウの黄葉も今一だった。今年の夏は雨が多く、それを反映したものらしい。

かさこじぞう

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ

2017/11/11  12:09


 

学芸会なんて何十年ぶりだろう!

 

2年生の出し物は「かそこじぞう」でした

 

北原小学校の学芸会を観賞した。該当する生徒の学年の演技が終わると、会場の体育館の関係で保護者は入れ替え制で退席しなければならなかった。孫の2年生を観賞した。教育の一端も窺えた。

「お地蔵様を大切にしている村に住む、おじいさんとおばあさんのお話です。明るいお正月を迎えるために、仲間たちと協力していく劇です。2年生にとって、初めての学芸会です。歌いっぱい、元気いっぱいに演じます」(プログラム)

1年生は音楽会、2年生は学芸会、3年生は何だろう。出し物も1年「ニンインニンポウハラヘッタ」、3年は「スーパーモンキーゴクウ」、4年は「じごくのそうべい」、5年は「森は生きている」、そして6年は「サウンド オブ ミュージック」とミュージカルだ。

「秋も深まり、実り多き季節。待ちに待った学芸会が開催されます。これまで子どもたちは、皆様に素晴らしい劇を山間していただこうと、表現に工夫を加え、協力し合って練習を重ねてきました。ぜひ子どもたちの活躍ぶりを、そして積極的に表現する姿をご覧の上、励ましの拍手をいただければ幸いです」(練馬区立北原小学校校長、岩井一雄)。

孫の成長をこの目で見れるなんて幸せなんだろう。

実りの秋

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ, 花/木/樹

2017/11/05  15:03


 

今年もしっかり実りました

 

日当たりの悪い裏庭に植えた柿の木に今年は柿がたくさん実を付けた。実を付けた枝は限られていて、いずれも少しでも光の当たるほうを向いている。かなり色づいた。

10月に新潟・弥彦温泉で泊まった宿で「おけさ柿」を売っていた。柿はそんなにおいしいと思ったことはなかったものの、家に帰ってきて食べたら、とてもおしいかった。それから今年は柿づいている。

そんな柿も私にはもぐ権利がない。孫がもいでいった。残った柿を食べた。おしいかった。2014年は鈴なりだった。毎年、なぜこんなに違うのか。

鶴の噴水

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ

2017/10/23  14:19


 

ご存知、鶴の噴水

 

この景色がもう1カ月もすれば紅葉・黄葉する

 

噴水の水も氷る

 

朝自宅を出た午前10時すぎはまだ雨が残っていた。それが台風一過で珍しく晴れた。農水省別館で二食そばを食べた後、日比谷公園をぶらりと散歩した。

見慣れた雲形池の鶴の噴水だ。心字池と並んで有名だ。ドイツ風庭園様式の池である。

まだ、秋も入り口。これからどんどん寒くなっていく。

高松町会盆踊り2017

カテゴリー: 地域活動/区民館, 東京日誌Ⅲ

2017/07/22  22:04


 

今年もやってきました夏祭り!

 

みんなこの人達が尽力してくれたせいです

 

高松町会盆踊り

 

盆踊りは23日もあります

 

地方の町の盆踊り。お菓子がもらえるのが嬉しくて。お菓子をもらって、マツケンサンバで燃え上がって、今年の夏の暑さもこれで吹き飛ばそう。

今日は午前中から東大の公開シンポジウムに出掛け、帰ってからすぐに近所の盆踊り大会に行った。こちらは夏休みが始まるとともに行われる初夏の名物だが、今年は停電騒ぎがあった。

30分も空費したが、関係者の努力は大変なものだ。マツケンサンバで停電を吹き飛ばして燃えた。