‘酒/酒場/居酒屋’ カテゴリーのアーカイブ

「味のなかむら」再訪

カテゴリー: 旅行/移動/街歩き, 酒/酒場/居酒屋, 食/食堂/レストラン

2019/05/22  23:35


 

いやはやまた来てしまった「味のなかむら」

 

白ワインは南ア産のシャルドネでした

 

生で食べた泉州の「水なす」田舎みそを付けて

 

おまかせ3点を「仕立て」でいただいた

 

黒むつはポン酢、アオリイカは梅肉、まぐろはわさびで食べた。刺身と言えば、わさびで食べるのが普通だが、盛りでこない場合、1つ1つで味わいを変える。これが仕立てだという。

 

国産白アスパラ炭焼

 

白アスパラガスを蕗味噌でいただいた。

 

この日限りのメニュー

 

多分、これは炭火で焼いた豚ヒレ黒こしょう焼かな

 

何ともたまらないメンチカツ

 

このメンチだけは1人で1個いただいた。これほどおいしいメンチは食べたことがないと前回も書いたが、今回も書いておきたい。

 

メンチにはこのハチ公ソースを少しかけて・・・

 

ブルゴーニューの赤ワインです

 

ブドウの種類はピノノワール

 

シメのご飯は新生姜入り鯛めし

 

友人夫妻と4人で一軒家和風居酒屋「味のなかむら」(港区西麻布)に行った。昨年に続いて2度目。前回は9月だったが、今回は5月。献立も初夏のものだった。

ここは何を食べてもおいしい。値段もそれなりだが、嬉しいのは1人1万円もしないことだ。コストパーフォーマンスが悪くない。むしろ割安感がある。

6月から7月にかけてこの友人夫婦と一緒に英国に旅行することになった。ロンドン中心で、真ん中にコッツウォルドに行く計画だ。この日は打ち合わせのために会って、大体を決めた。

夫婦で一緒に旅行するのは難しい。気持ちがなかなか合わないものだ。会食はともかく、寝起きを共にする旅行は簡単ではない。

この友人夫婦とはロンドンで知り合った。付き合いがもう30年になる。あまり無理せずに付き合ってきた。家庭事情や経済状態も異なるなかで、相互に訪問し合うなどして理解を深めてきた。

お互いに無理をしないから誤解も生じない。こちらの性格もよく分かってくれている。こういう相手がいると、結構便利である。

「竹茂」六本木店

カテゴリー: 酒/酒場/居酒屋, 食/食堂/レストラン

2019/03/13  23:54


 

目が愛くるしいシロウオ(素魚)

 

シロウオはスズキ目ハゼ科の魚で、漢字では「素魚」と書く。日本海や朝鮮半島近海に生息する食用魚で、体重は生魚で5センチ前後。大きくなればハゼになる。二杯酢や卵黄とともに生きたまま食する「踊り食い」は福岡では有名だ。のど越しを味わいながら、初春を楽しんだ。

ちなみに「白魚」と書くシラウオはキュウリウオ目シラウオ科の魚で、河口など淡水と海水が混じり合う「汽水域」(きすいいき)に生息する。ボラ、スズキ、マハゼなどが代表的。

 

薄くて淡泊な「かわはぎ」

 

カワハギは皮が厚い。皮を剥いでから調理するからカワハギというようだ。昭和初期は剥いだ皮をヤスリ代わりに使っていたという。

上品で淡泊なカワハギはフグに似ており、フグの代用品に使われることが多い。産卵を控えた夏は特に多い。

夏と秋~冬が旬だが、春を含め1年を通じて美味しく食べられる。身は夏が一番だが、脂の乗りはほとんど変わらない。鯛やフグの代用品として名高い魚。

 

幻の酒ずらり

 

高齢で引退した元杜氏・農口尚彦氏の名前を付けた「農口」

 

農口酒造(のぐちしゅぞう)は石川県能美市にある200年の歴史ある酒蔵。

 

1年に1度だけの初春の限定酒「暁乃翼」(あかつきのつばさ)

 

やりいか姿造り

 

壱岐島での日本酒造りの復活「よこやま」

 

次から次へ

 

東京の多国籍都市六本木。昔は何度も通ったものだが、串焼「竹茂」(ちくも)はリーズナブルで気配りの行き届いた純和食の店だった。

夫婦で京都の唯一の老舗串鉄板焼き「ぎをん竹茂」で修業。鹿児島県出身の夫は福岡市内に店を開き、夫人は単身上京し、六本木店(六本木3)を開いた。8年目になるという。食材は博多から空輸する。

アスパラガスや麩などを串焼にする店だが、私が魚がいいというと次から次へと魚が登場した。

「Lady Day」

カテゴリー: 酒/酒場/居酒屋

2019/01/06  21:16


 

ハイボールとソルティードッグ

 

上京中の2男と10月以来、2度目の酒を飲んだ。子どもと一緒に酒を飲むことは父親にとって無上の喜びだ。10月には息子の拠点である大阪・寝屋川市のバーで飲んだ。今回は自宅から自転車で10分くらいの都営大江戸線練馬春日町駅前のjazz&Cafe Bar「Lady Day」だった。

息子はハイボール、私はソルティードッグを頼んだ。夕食後10時を回っていた。何を話すともなくゆっくりくつろいだ。

2杯飲んだ後、自転車で光が丘に戻った。Lady Dayの前にちょっと寄った店に戻った。立ち寄った際、カラオケの真っ盛りで、とても話をできなかった。仕方なく移動した。

息子はちょっと挨拶してくると店に入っていった。私は家に戻った。最近は出張で中国に行くことが多いという。

 

「豊洲市場」直送刺身

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ, 酒/酒場/居酒屋

2018/10/30  23:19


 

サンマ(下)と真鯛(上)

 

職場が新宿の住人から「リフォーム中の都庁の居酒屋がリニューアルオープンしたので行きませんか」と連絡があった。要は職員食堂(ユーレストジャパン)だが、ポイントは32階のビュー付き。豪勢な気分を味わえる。

「築地市場」はいつの間にか「豊洲市場」に地位を奪われた。長く続いたように思われるが、過ぎてしまえばあっという間だ。もう築地には誰も振り返らない。みんな忙しいのだ。

「豊洲市場直送」の魚を食べられるのは火曜だという。理由はよく分からなかったが、取りあえず30日(火)に行ってみることにした。宮城県産さんまの刺身(480円)と福岡県産天然真鯛の刺身(580円)を食べた。

新鮮でおいしかった。昔に比べると、ずいぶん明るくなった。相当広く、照明も居酒屋とはとても思えなかった。すべて都が管理し、ユーレストジャパンは関与していないという。

周りは職員ばかり。一般も歓迎だが、一時入庁証の受付が午後6時45分までとなっている。それまでに受付を済まさなければならない。直通エレベーターがストップするからだ。しかし、一時入庁証をもらうと、午後9時の閉店まではいられる。

 

せっかくなので本物のビューを味わうことにした

 

周りは外国人ばかり(午後9時前)

 

新宿駅方向

 

遠くに見えるのはドコモタワー(実際の目のほうが鮮明だ)

 

帰ろうと出口を出たら、外国人の観光客がガードマンに「北展望台」の入り口を聞いていた。どうも同じような問い合わせが多く、そばの立て看板に地図が書かれていた。

自分もそれにつられて北展望台から45階まで上った。巨大な東京のイルミネーションが一望できた。世界1の東京だ。2017年の訪日客数は前年比19%増の約2869万人。5年連続で過去最高を更新した。18年は自然災害も多く、更新は止まるだろうが、それにしてもすさまじい。その恩恵を受ける人も少なくない。

日用品大手が相次ぎ国内で増産投資に踏み切っている(11月1日日経)。資生堂は口紅やアイシャドーの主力拠点である掛川工場(静岡県掛川市)で21年までに新生産棟を建設し、増産に備えるほか、化粧水などが主力の大阪工場(大阪市)も閉鎖方針を撤回する。

19年に栃木県大田原市、20年に大阪府茨木市に国内で36年ぶりに新工場を建設する。それに増産投資を合わせて1400億円の国内増産投資に乗り出す。

コーセーも傘下のアルビオンが20年までに約100億円を投じて埼玉県熊谷市の工場でスキンケア商品の新生産棟を建てる。ユニ・チャームやカルビー、明治、ネスレ日本、森永製菓なども同様だ。

「従来、日用品メーカーが海外進出する場合、現地に生産拠点や販売網を築く必要があった。ネット通販の普及で、アリババ集団などの越境ECの仕組みを使い、自ら資産を持たずに海外展開することが容易になった」という。

「訪日観光人気や越境EC(Electronic commerce=電子商取引)の広がりを受け、日本で製品を増産し中国などアジアに輸出するためだ。海外で高まる「日本製」への需要を満たすため、内需型産業の代表格だった日用品が輸出の新たな柱に育ちつつある」の何とも今日的で面白い。

 

Bar「Ken2」

カテゴリー: 酒/酒場/居酒屋

2018/10/09  22:19


 

ソルティドッグを頼んだ

 

いろんなものがぎっしりと

 

「飲みにいくから時間を空けといて」と息子から言われた。家は京阪本線香里園駅には5分くらいの至便距離。お店は線路の向こう側だった。居酒屋とバーの2択で、バー「ken2」(ケンケン)を選択した。

ソルティドッグ(Salty dog)は、ウォッカベースのカクテルの一つ。グレープフルーツのさっぱりした口当たりと、グラスの縁の食塩との組み合わせが絶妙であるとして人気が高い。

1940年にイギリスで生まれたカクテル。salty dogは甲板員を意味するスラングで、甲板員が甲板の上で汗だらけ、塩だらけになって働く様子からきている。

現在はウォッカベースだが、元々はジンベース。ライムジュースを入れる「ソルティドッグ・コリンズ」というカクテルだった。本格的に流行したのは1960年代のアメリカから。

神戸の飲み屋街「東門」にある同名のバーがあった。神戸で働いていたとき、マスターがソルティドッグは自分がつくったと言っていた。グラスに氷を入れ、ウォッカ、グレープフルーツジュースを注ぎ、ステアして完成。

レモンを輪切りにしてそれを縁にたらして塩を付ける。付けないと、カクテルの名前が「ブルドッグ」に変わる。

息子は会計コンサルタント。もっぱら日系企業の海外進出の絡みで、海外によく行っている。グローバルマネジメント業務が長く、日本より海外の仕事が向いている。他人が人を評価するのは難しい。

ソルティドッグを2杯飲んで帰った。息子を飲んだのは初めて。誘ってもらって嬉しかった。

味のなかむら

カテゴリー: 酒/酒場/居酒屋

2018/09/15  22:51


 

刺身おまかせ3点(鰹、太刀魚、ヒラマサ)

 

樽酒を片口で1合

 

炊き合わせ(秋なす、栃尾揚)

 

なかむらのメンチカツ

 

土佐あか牛

 

濃厚鯛茶漬け

 

味のなかむら(あざぶ・こうがいちょう)

 

広尾ガーデンフォレスト(渋谷区広尾)の住民から夫婦でお誘いがあり、1泊してきた。どうみても1億円以上はするマンションに泊まった。3年前に一度来たことがあるが、泊まったのは初めて。

広尾日赤医療センターの跡地を50年間借地したマンションで、三井不動産レジデンシャルと三菱地所が販売・管理している。

早速連れて行かれたのが一軒家和食店「味のなかむら」だった。かつてあった二期倶楽部広尾が2017年8月末で閉店した場所にオープンした高級居酒屋。静かな隠れ家レストランだった。

広尾はイタリアン、フレンチ、パン屋などの激戦地で、高級な店が山のようにある。もちろんお金がないとこれほどつまらないところもないが、リッチ層には結構面白い。

どれをとってみても裏切らない安定的な味だった。なかむらのメンチカツはこれまで食べたメンチとは比較できない味だった。どうしたらこんな味を出せるのかと思った。

1人頭8000円見当。1人1万円を覚悟していたが、それを下回り、料理の内容を考えると、むしろ割安感が強かった。

なかむらは1993年4月から下北沢でオープン。2008年12月に渋谷に移転していた。大人の街・広尾で満を持して開店したという。

病気見舞い

カテゴリー: 体調/体力/運動/病気, 酒/酒場/居酒屋

2018/08/28  23:32


 

「船中八策」を選んだ

 

福岡市に住む大学時代の友人から「知人の病気見舞いに上京する」と連絡があった。彼の友人があぶないという。彼自身も「心筋梗塞一歩手前の手術を受け、まだ生き延びている」という。病人が病人を見舞う。おかしいようで、これが現実だ。

福岡の知人は73歳、私は70歳。それに彼を知る友人2人を新宿の寿司屋に呼んだ。2人とも69歳だ。1人は女子大講師、もう1人も文章教室をこの4月から始めた。この歳になると話は病気のことばかり。あれだけ、仕事の話ばかりしていた時代は何だったのかと思う。

まだそれでもみんな仕事をしている。おそらく、それもできなくなってくる。そのうち、みんなくたばってしまう。

しかし、歳を取ってからは個人差があまりに大きい。この前81歳の大学名誉教授に会った。まだセミナーのまとめ役をやっていた。かくしゃくとしていた。ジムには85歳の健康老人もいる。どちらもとにかくまぶしい。

かと言えば、60歳くらいでもうよたよたしている人もいる。生命力を欠いた人も少なくない。年齢ではないのではないか。確かに年齢は否定できないが、年齢を思わせない生き方もある。

自分のやりたいことをずっと続ける。死ぬまで続ける。そういう生き方をしたい。

「揚鶏と水炊き 森川」

カテゴリー: 酒/酒場/居酒屋

2017/12/22  23:17


 

レバー

 

友人と銀座で少し飲んだ。連れていかれたのは揚鶏と水炊きの店「森川」(中央区銀座2)。歌舞伎座から少し歩いて露地を右手に折れた店だ。

いろんな店がある中、少々高目の店だった。それに私は「にわとり」(鶏)が苦手だ。苦手というのはほとんど食べたことがない。しかし、誘ってくれた彼がバンコクに転勤になるという。おめでたい。自分の好みは封印した。

15品目の野菜サラダを食べ、レバーをつまんだ。それと豆乳風自家製チーズ。なるべく、鶏を避けたが、嫌いだとは言えなかった。昔、親戚の実家が養鶏業を営んでいて、よく連れられて遊びに行った。お客さんが来ると、その家はいつも鶏肉のすき焼きだった。

その時は結構食べたと思うが、そんな想い出が残っていて、鶏と聞くと、今も庭で絞めた姿を思い出す。食べられないことはないと思うが、なるべくなら食べたくないというのが本当だ。

店主の森川英二氏によると、「オープンして3年半」だという。銀座経済新聞が開店3カ月半当時の森川氏を取材している。「福岡県出身の42歳。サラリーマンとして働いた後、26歳で料理の道に進むために上京。渋谷の鶏料理中心の居酒屋でメーンの調理師として7年間働き、メニュー構築なども任されていたが今回、満を持して独立を果たした」という。

店舗面積は約7坪、席数は14席。カウンター席7席、テーブル3席。小さな店だ。狭いカウンターには普段は2人の女性が働いているが、この日は彼が1人で満席の客と格闘していた。

 

東銀座の路地裏にこんな店がありました

 

昭和通り東側の銀座1丁目から4丁目エリアは独立系を中心にワインバルやイタリアン、フレンチから和食までジャンルを問わずに個性的な店が集まっている。話題のエリアだ。客筋は悪いはずがない。

魚海船団神田司町本店

カテゴリー: 酒/酒場/居酒屋

2017/12/08  23:49


 

若かれし時、千葉で一緒だった仲間と2人で神田で飲んだ。私は大腸全摘したのでたくさんは飲めなかったが、少しは飲んだ。飲んだのは鮎正宗の燗酒。新潟県妙高市の山あいにある蔵元らしい。

水の良いところは良い酒ができる。鮎正宗は明治8年(1875年)創業だという。灘の菊正宗や桜正宗は飲んだことがあるが、鮎正宗は初めてだった。そんなに酒臭くなく、飲みやすかった。胃に優しい酒は心もホッとさせてくれる。

 

寒ぶり刺身

 

冬の味覚と言えば・・・ぶりでしょう。鰤料理祭りをやっていた。12月4日~9日までの1週間。

冬の味覚「寒鰤」。「今年はたくさんの鰯(イワシ)を食べ、脂の乗りも良く、しっかり太っております。冬の代名詞 この機会にご賞味ください。その日仕入れた分だけのご用意 売り切れの際はご了承ください」

 

「寒ぶりのなめろう」

 

脂の乗ったぶりはなめろうでも旨い。

ぶり大根や寒ぶりのしゃぶしゃぶもあった。なにせ鰤料理祭りである。

魚海船団神田司町本店(千代田区内神田2)。東京・神田に生まれて30年。築地直仕入れ、漁港直送の旨い刺身食わせます」の老舗海鮮居酒屋。

割烹「吉田屋」

カテゴリー: 旅行/移動/街歩き, 酒/酒場/居酒屋

2017/10/05  22:59


 

割烹「吉田屋」

 

まずはビールで

 

刺し身はとても新鮮そう

 

大判イカメンチ

 

のどぐろ1尾焼き

 

場合によって一泊と考えていたが、「燕三条トレードショウ」の会場を出たのは午後3時。朝7時すぎで出て、いきなり事故渋滞に巻き込まれ、会場に着いたのが11時すぎだった。1時間はロスした。

温泉には幾つか候補があったので、インフォメーションで訪ねたら、この辺りで一番大きいのは弥彦温泉と言われた。車で20分ほどだという。着いて聞いたら、夕食は終わっていた。仕込みのための時間が必要で、「朝食だけなら部屋はあります」という。

日本海まで10kmほどの四季の宿「みのや」(新潟県西蒲原郡弥彦村)に投宿した。とにかく温泉に浸かった。8階の展望露天風呂もあった。自然に、湯にとろり溶け込む。「四季」を感じられる。静かな一刻を味わった。

夕食は宿に紹介された割烹の吉田屋。割烹と言いながら、要は居酒屋だった。ただ日本海の新鮮な海の幸が堪能できるお食事処。わっぱ飯膳もあったが、やはり定石通り、刺し身をいただいた。

大判イカメンチは玉葱と小麦粉以外はイカづくし。旬の地魚はのどぐろを味わった。1尾を丸ごと焼いたのは初めてだった。堪能した。旅館の料理も良いが、こうした外食も悪くないことを知った。