‘食べ物’ カテゴリーのアーカイブ

横野柿

カテゴリー: 食べ物

2018/12/04  23:15


 

封に密閉された横野柿(東京都練馬区のライフで購入)

 

今年はよく柿を食べている。田舎に行けば、どこの家にも柿の木が2~3本あって、この季節になると、もいで食べていた。柿は普通ただで、買う物だという気はしない。

それがいつのまにかスーパーなどで買う習慣になっている。最近は結構高く、120円くらいはする。家人が新しもの好きの私のために買ってきたのがビニールに入った「よこの柿」(横野柿)。

渋柿の渋を抜くためにビニールに入れ、焼酎をふって封を閉め、7日から10日ほど置いておく。そうすると、きれいに渋が抜ける。

旬の食材百科」によると、横野柿はもともと山口県下関市安岡町横野の竹林に自生していた柿で、今から約280年ほど前に発見された渋柿。現在、その原木は天然記念物に指定されている。

横野柿は富有柿より一回り大きく、やや腰高でヘタの部分が少しくぼんでいる。これまでは渋抜きが難しく、生産者も減りつつあるようだが、近年個包装による脱渋方法の研究が進み、かなり安定した状態のものが流通するようになってきている。これはライフ練馬店で買った。

主な産地は愛媛県で43.9ヘクタールと全体の約97%を占めている。2位は高知県の1.4ヘクタール。量が少なく希少な柿の一つで、柿の中でも高級品として扱われている。JA周桑農業協同組合の販売所「周ちゃん広場」から出荷されている。

晩成種で、12月いっぱい出回っている。1個158円(税込み価格170円)。

TWGのクッキー

カテゴリー: 食べ物

2018/12/02  17:37


 

抹茶、レッドクリスマスティー、レモンブッシュティーのクッキー

 

封を切ったレッドクリスマスティーのクッキー

 

紅茶でおなじみのTGW TEA。その紅茶に合うお茶請けとして有名なのがこのショートブレッド(バターをたっぷり使った硬くて甘いビスケット)クッキーだ。

シンガポールで働いている長男が出張で昨夜帰宅。一晩泊まって午後早く、名古屋に去った。明日は会議だという。サラリーマンはいずれもご苦労なことだ。

お土産にもらったのがこの3種類。抹茶とレモンブッシュはクリスマスに我が家にくるはずの2男と3男へのお土産だ。

ところで、このTWG Teaはトワイニングとは違う。創業年も1837年ではない。「今日もシンガポールまみれ」によると、この紛らわしいネーミングを使っているのはThe Wellbeing Group。誕生したのも2008年。そう言われれば、TWGは突然現れた感じがしていた。

ちなみに1837年はシンガポールに商工会議所が設立され、シンガポールが茶葉やスパイスなど食材・食品の貿易基地になった年。「この年をブランドのシンボルにしている」という。それにしても「Since 1837」ではないところはやはり妙だ。香港企業から創業年を誤認したとして裁判を起こされている。私も「since」を読み飛ばしていた。

このクッキーは12世紀から愛されてきたビスケット。ショートブレッドのレシピが今日のようなものに完成されたのはスコットランドのメアリー女王に時代になってからだが、TWG TEAは袋の裏に「Red Christmas Teaのスパイスとオレンジの風味を加え美味しいビスケットにした」と書いている。

Red Christmas Tea(3.9%)の成分は水、ルイボス、ハイビスカス花弁、りんご果実、オレンジ果皮、シナモン、干しブドウ、グローブ、しょうが、カルダモンシードと記されている。

糖尿病患者にとっては好ましくないなと思いつつ、同社の巧みな宣伝戦略を誤認しつつも、長男の幸福を祈ってバターたっぷりのおいしいクッキーをいただいた。

試写会「ドス・パロスの碧空(そら)」

カテゴリー: 映画/テレビ/舞台, 食べ物

2018/11/20  23:47


 

上映会「SEED」(HPから)

 

作品名:「ドス・パロスの碧空(そら)」(原題SEED)
監督:馬場政宣(ばば・まさのり)
家族:米のライス・キング「国府田敬三郎」の家族ドキュメンタリー映画

国府田 敬三郎(こうだ・ けいざぶろう、1882年12月6日 – 1964年12月16日)は、福島県出身の農場経営者。米カリフォルニア州で、同地の気候に合った良質な米「国宝ローズ」の大量生産に成功し、「ライス・キング」と呼ばれた。その3代に続くドキュメンタリー映画だ。

差別ニモマケズ
戦争ニモマケズ
旱魃ニモマケヌ
ソンナ米農家の家族モノガタリ

カリフォルニア米の国宝ローズは懐かしい。昔、英ロンドンに住んでいたころ、日本人食料品店で購入するお米はカリフォルニア米の国宝ローズだった。毎日食べていた。

 

ドライフルーツ羊羹

カテゴリー: 食べ物

2018/11/11  22:08


 

少し変わった羊羹

 

11月11日(日)に光が丘美術館(東京都練馬区田柄5)で2011年東日本大震災遺児支援のチャリティーコンサートが開かれた。今年で8回目。

平家琵琶やピアノと歌、それに和菓子と抹茶が提供され、美術館の鑑賞もできた。妻に案内が来た。和菓子は萬年堂本店(中央区銀座5)の13代目当主・樋口喜之当主の実演があったという。

これは「百果」3種類の1つ。黒イチジク、パイン、みかん、トマト、生姜のドライフルーツをレモン羊羹に流し入れたドライフルーツ羊羹で、「若い人に受けている」(萬年堂)という。

ほかにナッツ黒糖羊羹と焙じ茶甘納豆羊羹がある。また高麗餅として煮物製の「御目出糖」は祝儀用として重宝されている。

萬年堂は元和年間、亀屋和泉を名乗り、京都寺町三条にて創業。御所所司代等に菓子を納めた。明治5年、東京遷都とともに9代目が東京京橋に店を移転。現在は銀座に店を構えている。

第8回神田カレーグランプリ2018

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ, 食べ物

2018/11/04  22:16


 

第8回神田カレーグランプリ2018

 

神田地区は400店以上のカレーを提供できる店の集まる世界一のカレー激戦区。その中からカレーNo1を決める神田カレーグランプリが今年も神田カレー街活性化委員会(中俣委員長)の主催で11月3、4日、東京都千代田区神田小川町の小川広場で開かれた。

神田は従来、「古本の街」、「スポーツ用品の街」、あるいは「楽器の街」として知られていたが、新らたに400店の集積する「カレーの街」としてアピールする取り組みを2011年から始めた。その活動の母体が神田カレー街活性化委員会だ。

今年は第8回目になる。グランプリを決めるのは参加する20店舗への来場者の投票だ。今年の決定戦出場店はアパ社長カレー、いずみカリー、秋葉原カリガリ、ジャンカレー、SAPANA、ガンディーマハル、オオドリー、いわま餃子、べっぴん舎、マジカレー、ドンファン、三月の水、キッチン723、品川甚作本店&甚作わっしょい酒場、チャントーヤ、ラホール、ジョイアルカレー、ディップパレス、ザ・タンドール、スパイスボックスの20店舗。

 

アパ社長カレー

 

アパホテルの元谷芙美子社長が自信を持ってオススメする金沢カレーがベースの本格派ビーフカレー。飯田橋駅南店。初出場、初グランプリを目指した。

とにかく、「カレーはラーメンと並んで今や日本の国民食と言われる存在。日本のカレーはインドを植民地支配していたイギリス人が自国に持ち帰り、イギリス風(欧風)にアレンジしたものが日本に伝わり、さらに日本風にアレンジされたものが、今日の日本のカレーのルーツ」(神田カレーグランプリ「カレーの歴史」)という。

「カレーが初めて日本の文献に登場するのは江戸末期だが、実際に食べられるようになったのは明治初頭。このころの今でいうレシピ本にその調理方法が掲載されるようになり、同じころ陸軍の昼食メニューにも供されるようになった」ようだ。

「その後洋食食堂ができるにつれカレーが一般にも広まっていき、明治の終りころからカレー粉だけでなく、即席カレー製造への挑戦が始まりました。大正12年には現在のエスビー食品(当時の日賀志屋)が日本で初めてとなるカレー粉の製造に成功し、 洋食屋、レストランだけでなく、次第に一般家庭でもカレーが食べられる素地ができました。現在では固形カレールーやレトルトカレーなどさまざまなタイプの製品が広く家庭で愛用されています。」

「一方外食産業としては、1949年に日本のカレー専門店の草分け『ナイル』の開店以来、次第にカレー専門店が増え、内容も旧来からの欧風カレーにとどまらず、本場のインドカレーやルーツは同じであるが地域によって特長をもったパキスタンやバングラデシュのカレーなど、国際化とともに多様化してきた。」

「さらには日本独自の考案で、カツカレーやスープカレー、あるいは各地のご当地カレーというように今や一口にカレーといっても、唯一カレー粉を原材料に使用しているだけという共通点だけで、全く異なったカレーなるものが生まれ、それぞれのお客さんの好みで支持されています」という。

それがグランプリにも反映されており、黒毛和牛100%のスープカレーやチキンカレー、豚肉や鹿肉など様々な内容となっている。

 

ステージに登場した一条もんこ氏

 

カレー研究家の一条もんこ氏。ネット検索すれば、テレビや雑誌で活躍中の姿がたくさん出てくる。名前も知らないどころか、カレー研究家がいることも初めて知った。

午前10時40分からステージで開会式を行い、店でのカレー販売が始まった。カレーを買わなければ投票券はもらえない仕組み。同時に一条もんこさんと贈る激辛カレー道場がスタートした。一緒に盛り上げてくれたのは明治大学町づくり道場生3人。

 

世界で1つのカレー粉をつくる体験会

 

ステージの裏手にエスビー食品のスペースがあり、スパイスなどをブレンドして世界で1つのカレー粉をつくる体験を行っていた。

 

いろんな香辛料を混ぜてみる

 

7種の香辛料を混ぜる

 

この日紹介されたのは①辛みをつける(ブラックペッパー、チリペッパー)②色をつける(ターメリック=別名うこん)③香りをつける(コリアンダー、クミン、ナツメッグ、シナモン)-の7つのスパイス。

カレーの魅力に取り付かれたエスビー食品の創業者・山崎峯次郎は、独学でカレー粉の研究に打ち込み、1923年に我が国初めてカレー粉の製造に成功したという。どの世界にも先人はいるものだ。

「魚屋シュン」と「さかなや旬」

カテゴリー: 食べ物

2018/09/29  21:41


 

都内最大級の店舗を誇る魚屋シュン

 

東京練馬区谷原(やはら)近くに都内最大級の売場面積と魚の種類を誇る鮮魚販売店がある。「株式会社シュン」(本社埼玉県さいたま市北区、大川戸健代表)がそれだ。母体は昭和41年(1966年)に浦和卸売市場内に開業した丸大商店。現在も浦和と大宮に店を持っている海産物問屋だ。

平成7年(1995年)4月に株式会社シュンを設立し、東京都練馬区で鮮魚販売を開始した。対面販売がメーンで、それを生かした「魚屋」にこだわり、魚屋の「らしさ」にこだわっている。新鮮な「旬」の品揃えに力を入れている。

子どもの家に近いのと新鮮なので、結構利用している。運動会の岐路、カニ鍋を我が家でやることになって立ち寄った。魚の勉強もしている。

 

初めて食べた「ホウボウ」はうまかった

 

ホウボウには足があり、歩き方も面白い。また羽のような胸びれも持っている。魚としては珍しい部類に属する。

高級魚。めでたい魚として知られている。暖海性の底生魚で、主に海底で生活しており、水深25~600mの砂泥地を歩くように泳いでいる珍しい魚だ。

日本では北海道南部以南の浅瀬から深場まで様々な場所にいる。 海外でも黄海、渤海から南シナ海にいるので中国やフィリピンなどのアジアを中心に世界でも多く水揚げされる魚だ。

漢字では「魴鮄」と書く。上品な白身で鯛やフグに似て旨味や甘味が強い。 クセがないのも特徴で、とろっとした食感とほど良い柔らかさも楽しめる。店で刺身にしてもらった。子どもたちも箸を伸ばした。こんなうまい魚だとは思わなかった。

 

これは結構ポピュラーなスズキです

 

こちらはキシタイ

 

これもタイ

 

太刀魚

 

ご存じサンマ

 

真イワシ

 

「アニサキス」にご注意を!

 

「アニサキス」にご注意を!のチラシが至る所に張ってあった。芸能人がこれにかかって七転八倒の苦しみを覚えたことで最近急に注目が集まっている病気だ。

アニサキスは寄生虫の一種。サバ、イワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどの魚介類の内臓に寄生したアニサキスの幼虫によって引き起こされる。幼虫は白い糸のような形状で、大きいものは長さ3センチ、太さ1ミリと肉眼で確認できるサイズだ。宿主である魚が死ぬと、内臓から筋肉に移動する習性を持っている。

食中毒で最も多いのは急性胃アニサキス症。食後数時間から10数時間後に、みぞおちを何かで刺されたような激しい痛みを感じ、悪心、嘔吐も伴う。胃より先の腸に侵入した急性腸アニサキスの場合、激しい下腹部の痛みや腹膜炎の症状が出る。

アニサキス幼虫は人間の体内では数日しか生きられないが、それまでの間に暴れ回る。死に至る病ではないまでも死ぬほどの苦痛を味わうことになる。

予防方法としては①加熱(60℃で1分)②冷凍処理(マイナス20℃で24時間)の2つ。要は生食はしないことが重要だ。しかし、これはできないとなると、目視で確認しアニサキス幼虫を除去するしかない。

 

魚屋シュンの猛烈な抗議!

 

面白い魚屋が出てきたものだなと思いながら回っていたら上のようなお知らせ見つけた。「光が丘IMA店内に今月オープン予定の『さかなや旬』は当店とは一切関係ございません」といった内容だ。

素直に読めば、「谷原のシュンが遂に光が丘に進出した」と思うだろう。事実、そう思った。ところがそうではないのだという。一体これはどうなっているのか。

IMAには2件の魚屋が入っていた。1つは魚耕(本社・荻窪)。もう一つは海星ムサシ(本社・福岡市)光が丘店だ。どちらも大型店だが、うち海星ムサシが8月理由もなく閉店した。それとなく関心を持っていたら、後釜は神奈川県を中心に首都圏で鮮魚・寿司小売り業を展開するSHUN-GROUPだった。株式会社旬(本社・神奈川県厚木市)と平成12年月設立の株式会社「旬フーズシステム」(同)を傘下に持つ。

谷原と光が丘は歩いて15分くらい。商圏も重なる。谷原店が光が丘に引っ越したと考える顧客が普通だ。でもそうではなかった。顧客層がちょっと違う気がするが、どうなんだろう。登録商標も含めて当然議論されたはずと思うが、顧客にとってはややこしいこと変わりない。

しかも、この件について何ら説明もなかった。何か少し説明があっても良さそうなものだと思うが、どうだろうか。

笄軒

カテゴリー: 東京日誌Ⅱ, 食べ物, 食/食堂/レストラン

2018/09/16  17:20


 

西麻布の2階にありました

 

さつまいもの冷製スープでした

 

中身はナポリタンを卵で巻いたオムリターノ

 

日曜日の朝の主食はパンだった。スムージーと卵、ハム、野菜。これにパンが加わった。

それからしばらくはおしゃべりタイム。昼近くになって麻布を30分ほど探検した。目指すは笄軒(港区西麻布4)。「どこか懐かしく、けれども新しい贅沢な洋食屋さん」。

「笄」は「こうがい」と呼ぶ。ウィキペディアによると、髪を掻き揚げて髷を形作る装飾的な結髪用具。元は中国のもので、現代中国語ではジー(jī)と読む。頭が痒い時に髪型を崩さずに掻くなど、女性の身だしなみに欠かせない装身具としても使われた。昔は笄町と呼ばれた。

「味のなかむら」も笄町にあった。港区立笄小学校も現存している。

おすすめはとろとろ玉子のオムハヤシとハンバーグステーキなど。ふわふわ柔らかい卵にくるまれたあつあつのハヤシライスも名物である。

しかし、私はオムリターノを注文した。ナポリタンの上にとろとろ卵を乗せたものだ。

その前にさつまいもの冷製スープをいただいた。麻布の一角で日曜日の午後、普通の洋食屋さんでこんな料理をいただけるのは何とも幸せである。

富良野産スイートコーン

カテゴリー: 北海道旅行, 食べ物

2018/09/12  21:18


 

富良野産スイートコーン

 

富良野産スイートコーンがようやく届いた。7月に北海道旅行したおりに自宅宛に頼んでいた。届いたのはファーム富田(北海道空知郡中富良野町)から。ラベンダー畑で有名なファームだ。実際の生産者は太田農園。

スイートコーンはトウモロコシの中でも甘みが強い品種の総称だ。米や麦と並んで主食として古来より重要な穀物で、マヤ文明やアステカ文明はトウモロコシを主食に発達してきた。

トウモロコシにはスイートコーンのほか、ポップコーンの原料となる爆粒腫やコーンスターチを利用する穀物種、家畜の肥料になるものなどたくさんの品種がある。

スイートコーンと言えば北海道が日本全体の約4割を生産しており、世界的にはアメリカが約4割を作っている。次いで中国、ブラジルと続く。

収穫は9月始めだったが、6日朝に震度7の地震があり、物流が混乱。2度ほどファーム富田から電話で「遅れる」との連絡があった。

 

pcより大きなコーンだった

しかし、12日(水)午前、無事到着した。大きくてびっくりした。

中央アルプスの高原で育ったフルーツコーン「味来」(みらい)というのもある。中央道小黒川PAの野菜直売所で見つけた。これもスイートコーンの一種だった。いろんなところでいろんなものがある。

「男前豆腐」

カテゴリー: 食べ物

2018/09/07  00:04


 

「男前豆腐」えだまめby三和豆水庵(茨城県古河市)

 

水もしたたるいいトーフ

その心意気が男前

 

男前豆腐店(本社京都府南丹市、伊藤信吾社長)の男前豆腐は豆腐の味をしっかり味わえる豆腐店として有名だが、男前豆腐というブランドは伊藤信吾社長が実父の経営する三和豆友食品(現三和豆水庵、茨城県古河市)で働いていたときに開発した商品だった。

彼は「単価を低く抑えようとする豆腐業界の経営に未来はない」とし、「単価は高いが、品質も高い」方針で新商品を売り出し、これがヒットした。

豆腐の水気を均一にとるため吸水紙で包むようになっており、普通の豆腐の3倍もする男前豆腐を2003年3月に発売。04年7月には「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」(ジョニーは伊藤信吾氏の愛称)発売。05年3月に「男前豆腐店」会社登録した。

その後、伊藤は05年に男前豆腐店を設立し独立したが、男前豆腐店と三和豆友食品は協力関係にあり、関東向けは三和、関西向けは男前と区域分けがされていた。

しかし、06年に三和が豆腐製造大手で東証マザーズ上場の篠崎屋と業務提携(のち解消)したことにより、関係は解消している。

男前豆腐店は05年9月、倒産した大手豆腐メーカーの京都工場を買い取る形で京都府南丹市に移転。現在、清里(山梨県)、青森、茨城に工場を持つ。

両社は製造方法、使用原料とも異なるという。三和側は男前豆腐の名前を使っており、男前豆腐店はそれを認めているようだ。

西友系スーパー「リヴィン」で男前豆腐えだまめを見つけた。普段食べている豆腐の枝豆版だなと思ったが、違った。

完熟トマト

カテゴリー: 食べ物

2018/06/15  21:27


 

足立さんちの完熟トマト

 

丹波の田舎から完熟トマトが送られてきた。義兄・次姉夫婦が作っているもので、故義祖父のやり方を踏襲している。

会うといつも「うまいよ」と言っていた。特製の肥料を見せてくれたことがある。それを使っているようだ。姉によると、天気の関係で今年は結構難しかったといい、粒もそんなに大きくないという。

都会のスーパーではほとんど味のしない「完熟トマト」ばかりだ。こんなトマトが売られているのは不思議に思えてならない。

味の素の商品情報サイト「アミノ酸大百科」によると、トマトは太陽の光をたっぷり浴びて赤く熟していく間に、糖分とアミノ酸が増えていく。おいしさも増していく。アミノ酸はいろんな味を持っており、アミノ酸の組み合わせで味が変わるようだ。

アミノ酸は甘味、苦味、酸味・うま味を持っている。

甘味:グリシン、アラニン、スレオニン、セリン、グルタミン
苦味:プロリン、トリプトファン、イソロイシン、ロイシン、システイン、リジン、
フェニルアラニン、アルギニン、メチオニン、ヒスチジン
うま味・酸味:グルタミン酸、アスパラギン酸、アスパラギン

グルタミン酸対アスパラギン酸=4対1 これが最もトマトらしい味だという。