‘食/食堂/レストラン’ カテゴリーのアーカイブ

黒瀬ぶり/近代支援の食縁ぶり

カテゴリー: 科学/技術/イノベーション, 食/食堂/レストラン

2017/12/30  19:44


 

これが「黒瀬ぶり」!

 

黒瀬ぶり

 

光が丘IMAの専門店街に魚屋は2軒ある。1軒は魚耕ホールディングス傘下魚耕(荻窪本店)の光が丘店、もう1軒は福岡県・博多に本社を持つ海星ムサシ(福岡市中央区)。魚耕は1951年(昭和26年)創業の4代目社長、海星ムサシは1994年(平成6年)創業だ。

魚耕は荻窪本店を中心として東京都、埼玉県、神奈川県に11店舗を展開、魚の正統派を名乗っている。海星ムサシは後発ながら全国展開し、鮮魚15店舗(精肉、惣菜、食品スーパーを含めると53店舗)を展開する大型店だ。

私は12月30日、初めて魚耕で活(かつ)じめ「黒瀬ぶり」を見た。日本水産が2004年1月に宮崎県串間市に設立した黒瀬水産による養殖ブリだ。これまでニッスイが培ってきた配合飼料の生産原料調達力や養殖魚に関する研究開発力を生かしたものだ。

ぶりの稚魚である体重2グラムの天然もじゃこを毎年4~5月ごろ、漁業者が捕獲し、志布志湾内の穏やかで清浄な海域に設けた専用養殖場で飼育した上で、秋になって1キロ前後に育った幼魚を湾内串間沖3キロの黒瀬漁場に移され、成魚になるまで育つ。これがニッスイのブランド商品である黒瀬ぶりだ。

一方で、黒瀬水産は2009年6月から夏向けに「黒瀬の若ぶり」の出荷を始めた。飼育した親魚から早期採卵した人工種苗技術をを活用した。これは光周期(昼と夜の長さの違い)や水温を操作できる水槽を使った研究で、これにより肉質の良い2歳魚がこれまでよりも1,2カ月早く水揚げできるようになった。

これまで冬が旬だったぶりの旬を夏にもっていくことを可能にした「黒瀬の若ぶり」を出荷できるようになった。これは画期的なことと思われる。

 

 

近畿大学支援による食縁ぶり

 

「食縁のブリ」は匂わないのが特徴で、魚嫌いの人にも食べてほしい新しい味だという

 

海星ムサシの陳列棚では近畿大学支援による食縁ぶりが売られていた。近大(大阪府東大阪市)は世界で初めてクロマグロ「近大マグロ」の完全養殖に成功したことで有名だが、同校の誇る養殖技術でマグロに次いで乗り出したのが完全養殖ぶりの生産だ。

株式会社「食縁」(社長は近大の有路昌彦教授、和歌山県新宮市)はブリを中心に養殖魚の成長を目指して新規市場開拓に取り組み、ブリの加工・販売を行っている6次産業化事業体・水産加工会社。近畿大学の種苗を使用して国内の養殖業者によって養殖した完全養殖ブリを自社工場でフィレに加工し、冷蔵・冷凍製品として国内外への販売を目指している。

近代支援で実現した「におわないブリ」はファミレス「ガスト」で6月15日~10月18日まで定食メニューに登場した。青魚特有の匂いを抑え、魚が苦手な人や外国人でも食べられるよう養殖方法を工夫した。

ブリの販売が飛躍的に向上することが期待できそう。

 

ボウリングで逆張り

カテゴリー: 体調/体力/運動/病気, 食/食堂/レストラン

2017/12/27  23:20


 

3度目のボウリング

 

今年7歳になる小2の孫娘を連れてボウリングに行った。埼玉スポーツセンター(所沢市南永井)。ジムでレッグプレスをやりすぎたのが元で腰部脊柱管狭窄症が再発したように思ったが、どうも逆に良くなったような感じがする。

今回は左臀部が痛く、電気ショックを受けたような感じだ出て、心配していた。ひょっとすると、逆張りが効いたのかもしれない。

4年3カ月前に全身が歩けなくなったことがあった。下肢(足)のしびれ・痛み、臀部痛・臀部のしびれ・痛みだ。

脊柱管は腰の骨の中の神経の通り道。これが狭くなり、神経を圧迫することで症状が出現するという。2013年9月に発症してから3年ほど死ぬ思いを味わった。大腸摘出手術が重なって大変だった。

しかし、その後、いつの間にか痛みやしびれが消えていた。喜んでいたものの、うかつに筋トレを始めたらどうも再燃したようだった。悲しい現実だ。ジムは12月18日を最後に休んだ。ペダリングをこぎ続けることもしんどい。

そのせいもあってか、ボウリングは大丈夫だった。少なくてもその後も痛みはあまり出ていない。その後お湯に浸かったのが良かったのかもしれない。そんなに簡単に治るはずはないと思うが、ただひたすら祈るだけだ。

 

ターメリックライスをどうぞ!

 

ボウリングをする前に蔵寿司でランチした。ボウリングのあと、お風呂に浸かったが、まだそんなにお腹がすいていなかった。そこで車で帰宅し、自宅でオムライスを作ることになった。

ところが、自宅の着いた頃になって、やはりハンバーグを食べたいと言い出す人がいた。そこで急きょ向かったのが自宅近くのファミレス「ビッグボーイ練馬高野台店」。結局そこで食べたのだが、そこで見たのはこの「ターメリックライス」(turmeric )の札。カレーとの相性抜群だという。

ウコン(鬱金)。「ウコンの地下茎で、肝臓強化や抗菌など多くの効能があり、古代から生薬として用いられてきた。インドには4~5世紀のサンスクリット語の文献に記述があるという。日本には18世紀に渡来したとされる。

スパイスとしても広く使われ、カレー粉が黄色になうのはウコン根の粉のおかげである。また、黄色の染料としても利用される」(i英辞典郎122)という。たくあんもこれで染めるらしい。

とんかつ和幸光が丘IMA地下店

カテゴリー: 体調/体力/運動/病気, 食/食堂/レストラン

2017/11/28  23:47


 

火曜は「ロースかつ」のセールの日

 

光が丘IMA(いま)は東京都練馬区光が丘にある区内最大規模の複合ショッピングセンター。そのIMAが1987年(昭和62年)以来開設30周年を迎えた。中央館地下1階の専門店街にはIMA設立前に光が丘に点在していた個人商店が並んでいる。

専門店街はLIVIN(リヴィン)光が丘店 とイオン練馬店の間に挟まれた格好で、開店時間がLIVIN、イオンと1時間差があり、これが結構不便で、朝早く買い物にきた人たちは結構戸惑う客が多い。今朝もそうだった。

そんな中で、専門店街の中になるとんかつ和幸光が丘IMA地下店は朝から客が行列をしている。専門店街の活性化策に手を貸して「ロースカツ限定1000枚」を火曜セールにしているからだ。いくら安いのかは確認しなかった。

 

朝からこんな感じが続きます

 

これが午前10時半くらいの時間帯。結構並んでいる。3階にもレストランがあり、そこで揚げたものを運んでくる。初めての人も驚き、驚いた人が次は並び、相乗効果で客が増えている。

それにしても、会社勤めしていたときに和幸はよく利用した。一緒に食べた友人は故人となった。そんなことを思い出した。

羽二重団子

カテゴリー: 食/食堂/レストラン

2017/10/22  22:51


 

生醤油を付けた焼き団子と漉し餡の餡団子の2種類

 

ごま団子も海苔団子も2種類のバリエーション

 

結構静かな日暮里駅前支店

 

日暮里d-倉庫で観劇した後に立ち寄った「羽二重団子」日暮里駅前支店(荒川区東日暮里5)。本店は現在改築のため休業中でだった。

文政2年(1819)、初代庄五郎が音無川のほとり、芋坂の現在地に「藤の木茶屋」を開業し、街道往来の人々に団子を供した。この団子がきめ細かく、羽二重のようだと賞され、それがそのまま菓名となり、いつしか商号も「羽二重団子」となったという。

羽二重とは着物の裏地に使う白い絹織物で、柔らかな肌触りと上品な光沢が特徴だ。着物を着ることが少なくなった現在ではもはや死語か。自宅にはいつも架かっているので、妻に教えてもらった。

扱っているのは米粉をこねて丸め、クシに刺す。昔ながらの生醤油を付けた焼き団子と渋を抜いた独特のこしあんの餡団子の2種類。ぜんざいなども扱っている。

団子は中国渡来の野趣ある菓子だが、江戸時代に入って普及したもの。ことに元禄年間には名物団子が随所に現れ、流行になった。しかし、私が知っているのは草団子(葛飾柴又・帝釈天)と打吹公園だんご(鳥取県倉吉市)ぐらい。

なみに福井県の名物である「羽二重餅」とは全く関係はない。

寺泊Cafe Winds

カテゴリー: 旅行/移動/街歩き, 食/食堂/レストラン

2017/10/06  13:08


 

海鮮ピザはこんな感じ

 

生牡蠣です

 

弥彦山スカイラインで山を下りてシーサイドラインを新潟市方面に向けて走った。新潟県立近代美術館に向かう途中だったが、新潟市ではなく長岡市にあることに気付いた。獅子ヶ鼻大橋駐車場で反転した。

ランチは寺泊(長岡市)のカフェ・ウインズで取った。海沿いの野積107。新潟へ来ればへぎそばを食べようと思っていたが、すっかり忘れていた。それでもムール貝やエビの入ったピザや寺泊産のカキはおいしかった。

花畑ビーフカレー

カテゴリー: 旅行/移動/街歩き, 講演会/シンポ/セミナー/勉強会, 食/食堂/レストラン

2017/10/05  22:54


 

通常のミルトアとカシェ(左側=アメリカの高級デパートで、一般家庭向けに販売されているデザイン)

 

スープ

 

「畑のカレー」

 

燕三条地場産業振興センターの1階にあるレストラン「メッセピア」。燕市は世界的に有名な金属加工の町。とりわけ金属洋食器製造は1911年(明治44)に始まったといわれる。

デイリーランチ(月~金)は花畑のビーフカレー夕焼けライス。人参を刻み込んだ人参ライスはまるで夕焼け色。旬の野菜はやさい畑のようだった。セットを頼むとスープとデザートが付いた。

このお店は料理を注文すると同時に、カトラリー(洋食器類)も選べること。ミルトア(小林工業)が付いているが、希望に応じて別種のカトラリーも持ってきてくれた。カシェは山崎金属工業製。

 

卓球+玉丼

カテゴリー: 体調/体力/運動/病気, 食/食堂/レストラン

2017/09/01  22:07


 

久しぶりにピンポンを

 

3カ月に一度くらいの割合で埼玉スポーツセンター(埼スポ)に行っている。もっぱら天然温泉だが、今日は妻と卓球をした。ボウリングと卓球、それにビリヤードがある。川越街道を車で20分ほど走る。最近よく混む。

卓球は中学生の頃に部活をしていた。自分なりに自信があるのだが、妻もどうもそうらしい。温泉旅館に泊まったときに仲間とやるくらいで、どうせ大したことがないと思っていたが、どうもそうでもない。

結構なラリーが続いた。15分くらいでしんどくなった。しかし、我慢してやっているうちに1時間過ぎた。7台くらい並んでいたが、1台がふさがっていたG程度で、ほかは空いていた。

 

自動卓球マシーン

びっくりしたのが1人でも楽しめる自動卓球マシーンがあったことだ。誰もやっていなかったが、どういうものだろう。想像はつくものの、本当に力が付くかどうか。年会員になった。

 

大村庵の玉子丼

 

最近気に入っている大村庵(練馬区高野台2)。近所のそば屋だが、ここは玉子丼がおいしい。出汁をとるので、大概そば屋の玉丼はおいしい。

これで700円。味噌汁とたくあん2枚、それに奴が付いていた。しみじみと味わい深く、おいしかった。そばもいいけど、玉子丼は最高だった。親子丼は鶏だから嫌い。妻は鴨南蛮を食べた。こちらもだめ。

鶏がだめだと、レパートリーが狭まるといつも叱られる。しかし、嫌いなものは仕方がない。

「オリーブの木」光が丘店

カテゴリー: 食/食堂/レストラン

2017/08/20  22:58


 

まずグリーンサラダ

 

ペスカトーレ

 

マルゲリータピザ

 

午後2時ごろまで起きられなかった。妻が料理をできないと言うので外食にした。おいしいパスタが食べたかった。うまいピザを食いたかった。遠くに行くのは避けたかった。というわけでオリーブの木光が丘店にした。

最近は店の名前だけでは経営主体を判断できない。今回もドトール・日レスホールディングス(東京都渋谷区猿楽町、星野正則社長)のグループ企業であることが判明した。同社はカフェ事業を展開するドトールと多業態型直営レストランを展開する日本レストランシステムなどが2007年10月1日に合併した。

今やパスタがうまいといいながら、カフェ系で食べていることになる。大変な時代になった。もっとも消費者にとってどこで食べようが無関係だ。うまいか、うまくないかだけである。

無鹿(ムジカ)

カテゴリー: 丹波日誌, 食/食堂/レストラン

2017/08/06  20:03


 

鹿料理専門店「無鹿」

 

野菜6種と鹿肉3種の前菜盛り合わせ

 

鹿肉ステーキ

 

デザート+α

「さくらんぼ」再び

カテゴリー: 花/木/樹, 食/食堂/レストラン

2017/07/01  20:14


 

JAさくらんぼひがしねの佐藤錦

 

光が丘IMA専門店街の八百屋さんに「JAさくらんぼひがしね」(山形県東根市)共選の佐藤錦が並んだ。680円だという。3日前に日本記者クラブで食べたものもおいしかったが、一回り小粒ながらこちらもGOODだ。

さくらんぼ生産量で日本一を誇るのが山形県。その中でもJAひがしねは本場中の本場。旬の6月20日頃になると、共選場にさくらんぼが集まり、フル稼働で選果が行われる。全国の卸売市場を経由せずに、山形県から産地直送で届く。

国産さくらんぼの王様は「佐藤錦」。大正時代に山形県東根で誕生した。生みの親である佐藤栄助氏の名と砂糖のように甘いことから「佐藤錦」と命名された。

味は良いが日持ちしない「黄玉」と酸味は強いが日持ちの良い「ナポレオン」を交配した。そこで生まれたのが「佐藤錦」だった。口に入れると、プチッと弾けて、強い甘みとほのかな酸味のハーモニーが広がる。

JAさくらんぼひがしね選果場には、管内の生産者が育てた自慢のさくらんぼが集まる。生産者だけでなく、第3者の目で一粒一粒を厳しい基準で選別する。これが「共選」だ。

M玉→L玉→2L玉。種の大きさはほとんど変わらない。だから大粒ほどおいしいんですよ!!