2 / 33012345...102030...最後 »

「フルーツ公園」周辺

カテゴリー: 動物園/植物園

2018/06/03  23:05


 

フルーツ公園に行く途中から

 

こんな感じです

 

目的地は「ぷくぷく温泉」でした

 

右後方に富士山が見えた(気がする)

 

桔梗屋を出たのは午後4時すぎ。最後に目指したのはフルーツ公園のやまなしフルーツ温泉「ぷくぷく」だった。フルーツ公園を走る道は農道だ。補助金は農水省。至る所に張り巡らせてある。

山梨県笛吹川フルーツ公園(山梨県山梨市江曽原)は山梨市フルーツパークが運営する公園。山梨市フルーツパークは山梨市、JAフルーツ山梨、山梨市商工会、山梨市ワイン組合の設立した第3セクター。

山梨は甲府市だと思っていたら、山梨市、笛吹市、甲斐市などもある。どこがどこだか分からない。分かる必要もないかもしれない。

フルーツ公園は富士屋ホテルを中核にフルーツ関連施設が集まっている。ぷくぷくもその中の1つ。われわれが何度も行ったほったらかし温泉はこの上の頂上にある。

本来ならこのブログの頭を「さくらんぼ」にしたかった。辛うじてまだ開園していたが、絵を取り損なった。またの機会にしたい。その農家は桃は作っていないという。「アレルギーなんで」と言った。果物王国でしかも栽培農家がアレルギーでは困るなと言っても仕方ない。

芸術の森公園に佇むオブジェ

カテゴリー: 絵画/彫刻/音楽

  22:03


 

ザ・ビッグ・アップルNo45By 佐藤正明(2008年=平成20年に建てられた開館30周年記念モニュメント)

 

ヘンリー・ムーア

 

ゴッホ記念碑(1956)By オシップ・ザッキン

 

裸のフローラ(マイヨール)

 

花を持つ少女(1966)By舟越保武

 

カモシカと少年 By佐藤忠良(1991)

 

特設展生誕120年井伏鱒二展

カテゴリー: 絵画/彫刻/音楽

  15:30


 

旅好き 釣り好き 温泉好き

 

芸術の森公園の中に山梨県立美術館があったが、山梨県立文学館もあった。こちらは特設展生誕120年「井伏鱒二展」が行われていた。

「山椒魚」「ジョン万次郎漂流記」「黒い雨」などの名作を残した井伏鱒二(いぶせ・ますじ、1898~1993、広島県生まれ)。東京府豊多摩郡井荻村(現杉並区清水)に居を構えた1927(昭和2)年以後、小説の取材や趣味の川釣りのためしばしば山梨を訪れている。

1938年、太宰治を御坂峠(みさかとうげ)の天下茶屋に誘い結婚に至るまでの世話をし、1944年には、幸運村(こううんむら、現甲府市和戸町)の岩月家に疎開をした。

また飯田蛇笏・龍太親子とも長きにわたり親交をあたため、龍太とは40年近くにわたり書簡を交わしている。さらに「侘助(わびすけ)」「七つの街道」「小黒坂の猪」「岳麓点描」など、山梨を舞台にした作品も数多く執筆した。

早稲田大学第一文学部の先輩だということで親近感は湧いたが、同時代よりも少し古く、そんなに関心は湧いてこない。それよりも次の句は面白い。

はなにあらしのたとえもあるぞ。さよならだけが人生だ。花発多風雨 人生足別離」

「種をまく人」山梨県立美術館

カテゴリー: 絵画/彫刻/音楽

  12:29


 

山梨県立美術館に行けばミレーを見れる

 

山梨県立美術館(甲府市貢川)でミレーを見た。1978年の開館以来、ここにはミレーの絵があることは分かっていた。中央道で関西からの帰途、いつでも寄れたが、タイミングが悪く行きそびれていた。

6月最初の日曜日、ようやく出掛けた。2階の展示室で「種をまく人」(1850年)と「落ち穂拾い、夏」(1853年)を観賞した。どちらも商品だが、きっちり書き込まれていた。

ジャン・フランソワ・ミレー(1814.10.4~1875.1.20)は19世紀のフランスで活躍した画家。それまでの絵画の主題となり得なかった、自然とともに生きる農民たちの姿を主に描き、評価を確立した。61歳で死亡。

ミレーは1849年にパリ郊外のバルビゾン村に移住して活動を続け、「種をまく人」をはじめとする作品を制作した。

フォンテーヌブローの森に隣接する同村には、コローやルソーなど多くの画家が集まり、「バルビゾン派」と呼ばれた。

「種まく人」は1977年、オークションで日本に競り落とされ、話題になった。昔のことだ。なお「種まき人」はボストン美術館と山梨県立美術館に1つずつある。どちらも本物で、どちらがサロンに出展されたのかは不明だ。

 

アジサイの原産国は日本

カテゴリー: 東京日誌Ⅱ

2018/06/02  14:16


 

こちらは確か「ベニガク」か

 

いつのまにか結構立派になってきた

 

6月はアジサイの季節である。こちらは「ベニガク」。3年前に近所からもらって地植えしたと2009年6月4日の当ブログに書いている。そういうこともすっかり忘れてしまった。

そうすると地植えして12年たったということか。もらったのは恐らく旧家のT家。土地を買った人だ。その土地に今はマンションが建っている。

アジサイの原産は日本。ブログサイト「アジサイの秘密」によると、数多くの「アジサイ」の原点だ。ガクは萼=がくと書く。花序(かじょ=軸上についた複数の花の集団、またはその花のつき方)の周辺だけに装飾花がある。何とも清楚で、株全体で見た場合に花と葉のバランスがよく、近年人気が高まっているという。

最近ではガクアジサイ自身も品種改良が進み、八重咲きの装飾花を備えた豪華な品種も出てきて人気に拍車がかかっているとか。

 

白からブルーに

 

何とも神秘な現象だ

 

ハイドランジア(和名アジサイ)は日本で最も多く栽培されているアジサイだが、これは日本原産のガクアジサイをヨーロッパで品種改良したものだという。ヨーロッパで人気を博し、やがて日本にも逆輸入されて、いつの間にか日本の風土にもすっかり溶け込んでしまった。

ハイドランジアの花序はほとんどが装飾花で、手まり状(球状)になっていて、見た目も大変に豪華だ。花色は青、紫、白、ピンクなど各種ある。

「アジサイの七変化」とも言われ、アジサイは土壌の酸性度によって色を変える。酸性であれば青色に、アルカリ性であれば赤色。ただ完全に色が変わるわけではなく、花が本来もっている遺伝的色合いが第一で、土壌の酸性度によって少し影響を受けるのが本当らしい。

「公文書問題」で福田康夫元総理

カテゴリー: ジャーナリズム, 悲憤・慷慨・憤怒, 政治/外交/国際/軍事

2018/06/01  22:35


 

福田康夫元首相(81)

 

ゲスト:福田康夫元総理
テーマ:公文書管理について
2018年6月1日@日本記者クラブ

 

元内閣総理大臣の福田康夫氏は1936年7月16日生まれ。81歳になる。政治家は高齢だが、この人もしっかりしている。政治家というのはどういう加減で長生きするのか。よく分からない。

2007年9月から08年9月まで内閣総理大臣を務めた。父の福田赳夫氏も総理だった。

福田元総理は学校法人「森友学園」に関する決済文書改ざん問題で「記録を残すのは歴史を積み上げることだ。公文書は石垣の1つであり、ちゃんとした石でなければ困る」と財務省を批判した。

福田氏は首相在任中、公文書管理法の制定に取り組んだ。今回の問題について「改ざんなんてことがあり得るのかと思った。ちょっとさびしい話だ」と述べた。

佐川宣寿前国税庁長官らが不起訴処分になったことについては、「おとがめなしとなってしまったら、(近畿財務局で3月に)自ら命を絶った人はいったいどうなるのか」と指摘した。(毎日新聞WEB版)

 

モヒート(アディロンダックカフェで)

 

内幸町の日本記者クラブからの帰途、神保町のアディロンダックカフェ(千代田区神保町)に寄った。コーヒーを飲もうと思っていたが、外が意外と暑く、ついモヒートと言ってしまった。

前に飲んだとき、マスターに教えてもらった。ラム酒ベースのカクテル。フレッシュミントを入れ、おしゃれなカクテルとして最近人気らしい。タンブラーグラスの底にグラニュー糖がたまっていて、それをつぶしながら飲むのが楽しいという。

さらにモヒートは1890年代に生まれ、文豪ヘミングウエーも愛したカクテルだったということになれば、もう飲まずにはいられまい。

アディロンダックカフェのすぐ近くに最近バー「街路」ができた。どうもそこの売り文句がモヒートらしい。本格派のバーだ。マスターの話だと、1年くらい前にできたようだ。この夏、一度ここでも飲んでみたい。

トランプ米政権、対イランでサイバー戦争も

カテゴリー: 政治/外交/国際/軍事

2018/05/31  21:01


 

話しているのは田中浩一郎慶応大学教授(左)、隣は高橋和夫放送大学名誉教授

 

両氏は昨年6月8日、同じ記者クラブで「イラン総選挙」について会見したが、肩書きが変わっていた。田中氏は日本エネルギー経済研中東研究センター長、高橋氏は「名誉」が付いてなかった。

高橋氏はトランプ政権のイラン認識についてオバマ政権高官にイランと親しい人脈がいたのに対し、トランプ政権には誰もいないほか、大統領就任前からイランを攻撃していた点を指摘し、イラン核合意からの離脱は当然のことであるとの認識を示した。

オバマ民主党政権のケリー国務長官は娘婿がイラン人であった上、ヴァレリー・ジャネット大統領補佐官はイラン生まれであることを明らかにし、イランと親しい人脈が政権内にもいたことを指摘した。

また、イランに軍事攻撃を行う最悪のシナリオについては爆弾の雨を降らせるだけではなく、サーバー攻撃の可能性もあり得ると強調した。

米国は2009~10年、イラン国内の核燃料施設でウラン濃縮用遠心分離機を破壊するマルウェア「スタクスネット」(Stuxnet)を仕掛けた。ナタンズのウラン濃縮施設で破壊されたのは全体の1割に相当する1000台の遠心分離機だった。

米国と共同で開発に当たったイスラエルは否定しているものの、事実とみられている。

米国はイラン核開発を抑制するための外交努力が失敗し、軍事衝突に発展した場合、「ニトロゼウス」のコードネームでイラン攻撃を準備していることが2016年2月17日(Update)付のニューヨーク・タイムズ紙は報じている。

この計画はオバマ政権の早い時期に策定されたが、核合意を受け延期されている。ニトロゼウスが敢行されれば、恐らく全面戦争になるものとみられる。

「日本の経営者はリスクをとり、イノベーションに励め」吉川洋氏

カテゴリー: 経済/デリバティブ

  19:55


 

平成について語る吉川洋氏

 

ゲスト:吉川洋(よしかわ・ひろし)立正大学教授
テーマ:「平成とは何だったのか」③
2018年5月31日(木)

 

吉川洋立正大学教授は31日、「平成とは何だったのか」について話をした。

バブルの崩壊後の過去20年間(1996~2015)が時代の閉塞感から抜け出せなかった原因について「恐竜は隕石が地球に落ちて死滅したといわれるが、時代の出発点であるバブル崩壊のインパクトがあまりにも大きかった」ことを挙げた。

さらに吉川教授は日本企業の現金預金が20兆円を超えている中で役員報酬だけが急増している状況はおかしいとし、起業家がリスクを取って日本経済を引っ張り、イノベーションに励む努力を怠っているのではないかと警鐘を鳴らした。

 

はじまりの「ボーイミーツガール」

カテゴリー: 映画/テレビ/舞台

2018/05/30  23:19


 

ボーイミーツガール(飯田橋ギンレイホール)

 

 

監督:ミシェル・ブジュナー
原作:パスカル・ルテール『Le Coeur en braille』
キャスト・マリー:アリックス・ヴァイヨ
ヴィクトール:ジャン=スタン・デュ・パック
飯田橋ギンレイホール@2018年5月30日

 

落ちこぼれのヴィクトールはクラスの優等生マリーに恋していたが、全く相手にされていない。ところが、そのマリーがテストで答えを教えてくれたり、「勉強を手伝う」と自宅に招待した急接近してきた。

親友のアイサムから「どん底のお前に最後のチャンスだ」と煽られたヴィクトールは、「女は信用できない」と平静を装いつつも、ウキウキと出かけていく。

マリーの指導で徐々に成績のあがってきたある日、マリーからプロのチェロ奏者になる夢を打ち明けられる。そしてマリーと初めて手を繋いて下校したヴィクトールは、分かれ際に頬にキスされ、すっかり舞い上がるのだった。

だが、マリーには誰にも知らない秘密があった。だんだんと視力の落ちる病気にかかっていたマリーは、音楽学校に行くためにそのことをひた隠しにしていたのだった。秘密を守るため、マリーは”目”が必要だった。

それに気付いたヴィクトールは、利用されていたことに腹を立てるが、マリーの情熱に動かされ、彼女の夢を叶えることを決意する。その日から2人の秘密の作戦が始まった。夢を追う少女と純粋で健気な少年のキュートな青春ラブストーリー。

12歳にして男子を振り回す小悪魔マリーに扮するのは、フランスで若き天才バイオリニストとして知られるアリックス・ヴァイヨ。チェロも完璧に弾けるようになるまで猛レッスンに励み、キラキラと輝くマリーを魅力的に演じた。

ヴィクトールには『ミモザの島に消えた母』のジャン=スタン・デュ・パック。愛らしいビジュアルとともに演技でも高い評価を受けている。

この2人のやりとりや大人との会話がどきっとする部分があってびっくりした。べッドで2人がいてヴィクトールがマリーにキスしようとしたら、「練習しなくては」とスルリと抜け出したり、間を外す。

自動車修理工場を営む父親(パスカル・エルベ)との会話もすごい。妻の死を認められない彼は「母さんは出ていった」と言い張るが、「彼女は死んだんだ」とめそめそ親父の尻をたたく。この当たりは映画を見ているとよく分かる。

広大な屋敷のマリーの父親(シャルル・ベルリング)は競売人、母親(オード・ライター)は美術バイヤーの仕事で忙しく、家庭を顧みない生活が続いていた。家には世話係のマルレーヌがいるだけだった。

「子ども時代と思春期の狭間にいる、輝くような俳優たちが心を打つ」(ラ・クロワ)、「この小さなカップルに心惹かれる」(ル・テレグラム)「感動的なコメディ」(ル・パリジャン)だ。

嘘も秘密も、まるごと君が好きな時代は遠い昔の話。誰にもそんな時代があった。貴方にも僕にも。そんな昔はもう戻ってこない。

 

 

ビッグサイト問題

カテゴリー: 東京日誌Ⅱ

2018/05/29  21:45


 

登壇した日展協の石積会長

 

日本最大の展示会業界団体である一般社団法人「日本展示会協会」(日展協)は5月29日、東京ビッグサイトで2018年度拡大総会を開催した。

2 / 33012345...102030...最後 »