消費税を巡る諸問題

カテゴリー: 会見メモ

2018/11/16  22:07


 

語る森信氏

 

ゲスト:森信茂樹東京財団政策研究所研究主幹/中央大学法科大学院特任教授
テーマ:消費税これまで・これから②
2018年11月15日@日本記者クラブ

財務省OBの森信茂樹東京財団政策研究所研究主幹が消費税をめぐる諸問題について語った。日本の政治家が国民に対し、説明すべきことをきちんと説明していないことを痛感させられた会見だった。

『ファントム・スレッド』

カテゴリー: 映画/テレビ/舞台

2018/11/15  22:47


 

 

作品名:『ファントム・スレッド』(幻の糸)
監督:ポール・トーマス・アンダーソン
キャスト:レイノルズ・ウッドコック(ダニエル・デイ=ルイス)
アルマ(ヴィッキー・クリープス)
シリル(レスリー・マンヴィル)
2017年アメリカ映画/第90回アカデミー賞衣装デザイン賞受賞
2018年11月15日@飯田橋ギンレイホール

 

「英国ファッション界で脚光を浴びる天才的な仕立て屋レイノルズは、立ち寄ったレストランで若いウェイトレスのアルマを見初め、モデルとして迎え入れる」(ギンレイ通信Vol204)

『ファントム・スレッド』の舞台は1950年代のイギリス・ロンドンだ。この時代のファッションの世界はパリが中心だが、本作に登場する「ハウス・オブ・ウッドコック」は、レイノルズ・ウッドコックがデザイナーを務めるオートクチュール(高級裁縫)のドレス・メーカー。

フランスのパリで発達した服飾品のデザインと仕立てを行う高級衣装店。デザインの独創性,高度な技術,高価さで知られる。

従業員はいるが、経営はレイノルズの姉・シリルが担っている。こうした家族経営スタイルはイギリスのビスポーク・テーラー(主に紳士物の誂え仕立て屋)などでは一般的で、パリのメゾンが会社組織として運営され、オートクチュールからプレタポルテ(既製服)まで包括的に展開するのと対照的だ。

レイノルズが郊外のレストランで働いているアルマを見初め、自分のモデルに引く。アルマは極めてチャーミングな女性だが、レイノルズの審美眼を打ち破る芯の強さを持っているのは驚きだ。

 

ドライフルーツ羊羹

カテゴリー: 食べ物

2018/11/11  22:08


 

少し変わった羊羹

 

11月11日(日)に光が丘美術館(東京都練馬区田柄5)で2011年東日本大震災遺児支援のチャリティーコンサートが開かれた。今年で8回目。

平家琵琶やピアノと歌、それに和菓子と抹茶が提供され、美術館の鑑賞もできた。妻に案内が来た。和菓子は萬年堂本店(中央区銀座5)の13代目当主・樋口喜之当主の実演があったという。

これは「百果」3種類の1つ。黒イチジク、パイン、みかん、トマト、生姜のドライフルーツをレモン羊羹に流し入れたドライフルーツ羊羹で、「若い人に受けている」(萬年堂)という。

ほかにナッツ黒糖羊羹と焙じ茶甘納豆羊羹がある。また高麗餅として煮物製の「御目出糖」は祝儀用として重宝されている。

萬年堂は元和年間、亀屋和泉を名乗り、京都寺町三条にて創業。御所所司代等に菓子を納めた。明治5年、東京遷都とともに9代目が東京京橋に店を移転。現在は銀座に店を構えている。

恵みの秋

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ, 花/木/樹

2018/11/10  23:49


 

柿は場所を選ばない

 

芯を摘まれ、植えられた場所も境界の隅っこ

 

裏庭の隅っこに柿の木を植えた。10年ほど前か。いつの間にか大きくなって柿の実を付けた。実は育つが、芯を切ったので木自体は伸びない。枝は伸びる。

昨年は孫を連れてきて「これが柿の木だよ」と若干の教育実習的なこともやった。今年はそんなことをする時間もないうちに秋も深まってきた。

先週、こんなに大きな実がなっていたことに気づいた。もっとなっていたが、うかつにも枝を切ってしまった。もったいないことをした。

 

夏には赤い花を付けた

 

こちらは表の庭。堂山つつじの前に植えたのがサルスベリ。毎年赤い花を咲かせる。これがあまりにうっそうと茂ってきたので切ることにした。実は今日の作業の中心はサルスベリ対策。

せん定には時期があるという。11月と3月頃の2回。夏に花を咲かせる必要がある。夏に咲かないと花とは言えない。

 

ばっさりと

 

その結果がこれだ。ちょっとばっさりやり過ぎたような気がしている。これで本当に来年の夏は咲くのだろうか。ちょっと心配になってきた。

ついでにおごってきていた梅もせん定をした。こちらもばっさりやった。桜切るあほうに梅切らないあほう。確かこんな川柳があった。金網1枚で隣は駐車場。伸びていたアイビーも切った。

昼間はよく晴れた。気温も20度と高く、ポカポカ陽気だった。のんびりした秋の休日。高速道路はどこも渋滞が続いているようだ。

「銚子丸」光が丘店改装オープン

カテゴリー: 食/食堂/レストラン

2018/11/09  22:45


 

改装オープンしたすし銚子丸光が丘店

 

銚子港直送すし「銚子丸」光が丘店(練馬区高松4)の周辺が明るかった。案の上、改装オープンの日がこの日だった。開店して14年たつという。

最近はすしと言えば、回転すしが普通だ。カウンターがあって前が回る。外から眺める限り、デザインはほとんど変わっていない。

カウンターが減って、ボックス席が増えていた。雰囲気も同じだ。今やどこの寿司屋にいくかは子どもが決める。スシロー、カッパ寿司、くら寿司などはみなアイデアはすべて子どもに照準を当てている。

銚子丸は全88店舗(11月9日現在)。千葉県35店舗、東京都34店舗、埼玉県15店舗、神奈川県4店舗だという。新聞チラシにこう書かれていた。スシローやくら寿司はもっと多い。オープニングイベントは21日まで。多分その日までに行くだろう。

今日は冷たい雨が降った。寒かった。昼過ぎ、歩いて行きつけの医院に行った。午後は2時からの診療と思っていたら、3時からだった。

仕方がないのでジムに先に行くことにした。そのためには新宿に行かなければならない。7月までは1カ月1万2000円の通勤定期を買っていた。ところが70歳になると、シルバーパス。2万円+税で年間乗り放題だ。何が嬉しいと言ってもこれが一番だ。

ストレッチを40分ほどやった。風呂に入った。帰りの地下鉄は午後4時40分。5時を過ぎると急に混み出す。電車は混む前に限る。年寄りほどそうだ。

ゆとりの郷「にいざ温泉」

カテゴリー: 体調/体力/運動/病気, 東京日誌Ⅱ, 理容/床屋/エステ

2018/11/08  21:51


 

 

 

先週からこの日は山梨県の道志村に行くことにしていた。しかし、今週6日(火)起きてきた家内が一度下りた1階から再度2階に上がり、3畳の書斎のドアを叩いた。「耳が聞こえない」。

予兆は昨晩からあったという。元々子どもの頃にかかった中耳炎で左耳は聞こえにくかったが、右耳は何ともなかった。それが音がこもるような感じがした。眠ったら治る思って寝た。

それが今朝起きてテレビを付けても、音が細切れに聞こえ、全体として何を話しているのかさっぱり分からないという。とっさに浮かんだのは突発性難聴。とにかく病院で診察を受けることにした。

診察の結果、やはり突発性難聴だった。練馬光が丘病院で薬を出してくれた。1週間服薬して様子をみてほしいとのことだった。

時間がたつにつれて少しずつ聞こえだした。2日目には症状はほぼ消えた。突発性難聴と同時に糖尿病の疑いも指摘された。ジュースなどやケーキなど甘い物は控えるよう注意された。

2人で始めたのは野菜ファースト。糖尿病対策のイロハだが、食事療法でも必要だ。8日はスーパー銭湯に行くことにした。第1候補の豊島園庭の湯はメンテナンスで休館。第2候補は埼玉スポーツセンター天然温泉(所沢市南永井)。こちらは門前で休館を知らされた。

仕方がないので第3候補にした。同じく埼スポの経営する埼玉スポーツセンター「ゆとりの郷にいざ温泉」(新座市本多2)。経営は同じだ。前に一度来たことがある。

メインのゆとり湯は地下1500mから湧き出る湯で、その褐色の湯は太古の海水が変化したものだとか。低張性の湯は肌に負担をかけず、弱アルカリ性の湯が肌をすべすべにするという。「黒湯」というらしい。

絹湯はミルクのようなお湯。マイナスイオンのピチピチと弾ける感触を目と耳から感じ、ミクロの泡と超音波によって、絹に包まれているような感覚を味わえるお湯だ。

ほかにも圧注湯や寝湯、ドライサウナなどもあるが、露天風呂がないのが欠点かもしれない。環境や湯質などは天然温泉よりも素敵だが、唯一の欠点が最大の欠陥かもしれない。平日の午後ということもあって閑散としていた。

近ザラ時代の社会保障改革

カテゴリー: 会見メモ, 政治/外交/国際/軍事

2018/11/07  23:39


 

野田佳彦前首相

 

ゲスト:野田佳彦(のだ・よしひこ)氏(前首相)
テーマ:消費税これまで・これから①
2018年11月7日@日本記者クラブ

野田佳彦前首相が2012年の3党合意当時を振り返り、消費税についての考え方、財政再建へ向けての思いを語った。期間は2011年9月2日~12年1月13日。

・消費税に取り組む必要性を強く感じたのは2010年の参院選前後だった。自分は財務大臣で、菅直人首相(当時)が消費増税について言及した。ギリシャの信用不安を始め南欧を含め欧州全体に債務危機が広がっていた状況があった。

・国際会議に出ると、財政の健全化と経済の成長をどう両立させるかがテーマだった。どちらかというと、財政の健全化に軸足を置いて、経済成長をチェックする雰囲気だった。

・消費税は真剣に向き合っていかなければいけないとの思いがあった。財政運営戦略(2011年6月)をつくった。閣議決定もした。プライマリー・バランス(基礎的財政収支=入ってくる税収の範囲内で経費を賄って新しい借金をしない)の黒字化を2020年度までに果たす。15年度までに赤字を半分にする。

・他国はもっと厳しい内容だった。13年までに財政収支(国債費を含んで収支をとんとんにもっていく)の赤字を半減し、16年度には黒字化する。

・コミュニケで「日本はユニークで」と特出しされた。このユニークを削ってくれと言う交渉を水面下でやった。日本の交渉についても「Welcome」という言葉を入れて欲しいという交渉を行った。日本だけサーチライトを当てられると大変だという危機感があった。

・英エコノミストに日本の特集記事が出た。タイトルは「日本化する欧米」。日本化というのは「先送りをする」こと。やるべきことをやらない。これ以上先送りをできないテーマは財政の問題ではないかと思った。民主党代表選挙(2011年8月29日)でもこれを意識しながら、決選投票で小沢一郎グループの支持を受けた海江田万里経産相に逆転勝利した。

・野田内閣は「社会保障と税の一体改革」を最優先した。意味するところは社会保障の充実安定と財政再建を同時に達成するのが目標だ。超高齢社会にどう対応するのかと少子化への対応だ。

・高齢化には50年ほど前の昭和30年代にできた国民皆保険で対応してきたが、国民皆保険は超高齢化社会に対応できなくなった。平均寿命70歳弱の時代だったが、今は100歳時代。昔は古希という言葉にリアリティーがあった。団塊世代が2022年に後期高齢者に入る。団塊世代はもう古希ではない。近年ざらになった。「近ザラ」と言っている。

・少子化が進んでいて、支える側が少なくなっている。9人か10人くらいの働き盛りが1人のお年寄りを支える胴上げの社会。今は3人で1人を支える騎馬戦の時代。まもなく避けて通れないのが1人が1人を支える肩車の時代。支える側の社会保障も考えなければならない。人生前半の社会保障と言っている。

・安倍晋三首相は全世代型社会保障と言っているが、子育て支援を含めて前半の社会保障を手厚くすることが社会保障の本質だと思う。

・これらをやっていくことはただではできない。オールジャパンでやっていくためには消費税を充てるしかない。財政健全化も達成する。

・昭和20年は敗戦の年。財政の国際的比較は公的残高の対GDP比で行われる。経済の規模に対してどれだけ借金を背負っているか。200%だった。相当悪かった。ここから日本の戦後は始まった。高度成長を遂げ日本の財政も好転してきた。歳入と歳出が一番近づいたのは1990年。歳出は70兆円、歳入は60兆円。

・90年の歳出は70兆円。それから右肩上がりとなり、2000年は80兆円、10年は90兆円、いまは100兆円に届く時代になった。歳入はピークの90年が60兆円だったのが00年は50兆円、10年は40兆円。出る方は右肩上がり、入る方は右肩下がり。「ワニの口」と財務省は言っている。公的債務残高の対GDP比は今年度中に240%に達する。終戦のときが200%。73年かけて結局悪くなっている。

・防衛費は5%程度。一番支出の中に占めているのは少子高齢化に伴う社会保障関係費が急増していて昔の軍事費に当たるぐらいの批准を占めている。この静かなる有事にどう対応するか。これが日本にとって一番大きな課題だと思う。この課題にするために消費税引き上げを決めた。これは3党合意の根幹に関わる状況だ。

・そこで決まったのが3党合意(2012年)。野田民主党政権は当時の消費税率5%を2段階で10%に引き上げることを決め、法制化もした。消費税率は14年4月に8%へ上がったが、安倍首相は景気低迷などを理由に、再増税を2度先送りした。10%とするのは19年10月。

・民主党内の議論はサイコロのように「振り出し」に戻ることがよくある。民主党内も小沢一郎氏が反対しボロボロになった。私はこのテーマは絶対先送りしてはいけないと思っていたので、51対49でも決めるときには決めなければいけない。ようやく自民党と向き合う局面にきた。谷垣禎一自民党総裁と議論をした。公明党も入れて合意を取り付け、8本の法律を出した。

・どこかの政権が消費税を上げなければいけないことは誰もが分かっていた。与野党が責任を持ち合おうというのが3党合意の精神だった。政争の具にしない。これが3党合意に至るまでの背景にあった。

・残念ながら今もその精神が残っているかというと風前の灯火だ。事実上なくなってしまったと思わざるを得ない。5%から8%への消費税引き上げは安倍首相が14年に行ったが、10%への上げは2回先送りとなった。選挙の争点になったほか、使途変更も争点となった。

・3党合意の精神はお互いに責任を持ち合うことだから、突然争点にするのは魂を分かっていないとしか言いようがない。

・国会で質したが、安倍首相は「政争の具にはしていない。選挙の争点にはしました」と答弁だった。政党間の最大の政争は選挙だと思う。この感覚の違いが今も1つの大きなわだかまりとして残っている。

第8回神田カレーグランプリ2018

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ, 食べ物

2018/11/04  22:16


 

第8回神田カレーグランプリ2018

 

神田地区は400店以上のカレーを提供できる店の集まる世界一のカレー激戦区。その中からカレーNo1を決める神田カレーグランプリが今年も神田カレー街活性化委員会(中俣委員長)の主催で11月3、4日、東京都千代田区神田小川町の小川広場で開かれた。

神田は従来、「古本の街」、「スポーツ用品の街」、あるいは「楽器の街」として知られていたが、新らたに400店の集積する「カレーの街」としてアピールする取り組みを2011年から始めた。その活動の母体が神田カレー街活性化委員会だ。

今年は第8回目になる。グランプリを決めるのは参加する20店舗への来場者の投票だ。今年の決定戦出場店はアパ社長カレー、いずみカリー、秋葉原カリガリ、ジャンカレー、SAPANA、ガンディーマハル、オオドリー、いわま餃子、べっぴん舎、マジカレー、ドンファン、三月の水、キッチン723、品川甚作本店&甚作わっしょい酒場、チャントーヤ、ラホール、ジョイアルカレー、ディップパレス、ザ・タンドール、スパイスボックスの20店舗。

 

アパ社長カレー

 

アパホテルの元谷芙美子社長が自信を持ってオススメする金沢カレーがベースの本格派ビーフカレー。飯田橋駅南店。初出場、初グランプリを目指した。

とにかく、「カレーはラーメンと並んで今や日本の国民食と言われる存在。日本のカレーはインドを植民地支配していたイギリス人が自国に持ち帰り、イギリス風(欧風)にアレンジしたものが日本に伝わり、さらに日本風にアレンジされたものが、今日の日本のカレーのルーツ」(神田カレーグランプリ「カレーの歴史」)という。

「カレーが初めて日本の文献に登場するのは江戸末期だが、実際に食べられるようになったのは明治初頭。このころの今でいうレシピ本にその調理方法が掲載されるようになり、同じころ陸軍の昼食メニューにも供されるようになった」ようだ。

「その後洋食食堂ができるにつれカレーが一般にも広まっていき、明治の終りころからカレー粉だけでなく、即席カレー製造への挑戦が始まりました。大正12年には現在のエスビー食品(当時の日賀志屋)が日本で初めてとなるカレー粉の製造に成功し、 洋食屋、レストランだけでなく、次第に一般家庭でもカレーが食べられる素地ができました。現在では固形カレールーやレトルトカレーなどさまざまなタイプの製品が広く家庭で愛用されています。」

「一方外食産業としては、1949年に日本のカレー専門店の草分け『ナイル』の開店以来、次第にカレー専門店が増え、内容も旧来からの欧風カレーにとどまらず、本場のインドカレーやルーツは同じであるが地域によって特長をもったパキスタンやバングラデシュのカレーなど、国際化とともに多様化してきた。」

「さらには日本独自の考案で、カツカレーやスープカレー、あるいは各地のご当地カレーというように今や一口にカレーといっても、唯一カレー粉を原材料に使用しているだけという共通点だけで、全く異なったカレーなるものが生まれ、それぞれのお客さんの好みで支持されています」という。

それがグランプリにも反映されており、黒毛和牛100%のスープカレーやチキンカレー、豚肉や鹿肉など様々な内容となっている。

 

ステージに登場した一条もんこ氏

 

カレー研究家の一条もんこ氏。ネット検索すれば、テレビや雑誌で活躍中の姿がたくさん出てくる。名前も知らないどころか、カレー研究家がいることも初めて知った。

午前10時40分からステージで開会式を行い、店でのカレー販売が始まった。カレーを買わなければ投票券はもらえない仕組み。同時に一条もんこさんと贈る激辛カレー道場がスタートした。一緒に盛り上げてくれたのは明治大学町づくり道場生3人。

 

世界で1つのカレー粉をつくる体験会

 

ステージの裏手にエスビー食品のスペースがあり、スパイスなどをブレンドして世界で1つのカレー粉をつくる体験を行っていた。

 

いろんな香辛料を混ぜてみる

 

7種の香辛料を混ぜる

 

この日紹介されたのは①辛みをつける(ブラックペッパー、チリペッパー)②色をつける(ターメリック=別名うこん)③香りをつける(コリアンダー、クミン、ナツメッグ、シナモン)-の7つのスパイス。

カレーの魅力に取り付かれたエスビー食品の創業者・山崎峯次郎は、独学でカレー粉の研究に打ち込み、1923年に我が国初めてカレー粉の製造に成功したという。どの世界にも先人はいるものだ。

湘南鮮魚「魚新」光が丘店に名称変更

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ

2018/11/03  16:03


 

湘南鮮魚「魚新」に店舗名変更

 

2日に光が丘IMA専門店街地下1階を歩いていたら、「さかなや旬光が丘店」が「湘南鮮魚魚新光が丘店」に店舗名を変更していた。

魚新は同社創業者が初めて入った魚屋が「うおしん」という個人店であり、「すべてはお客様のために」という思いが創業の精神となっているという。

「起業20周年を迎えるに当たり、原点の想いをこの店に反映させたい。また常に新たなことにチャレンジし、お客様のニーズに沿った食生活のお手伝いをしたいという想いも屋号に乗せて魚新という新店舗名に改名した」とも言う。

練馬区谷原には「魚屋シュン」が既にあり、同じ企業かとの問い合わせが多数あったことに対応したものだ。魚屋シュンは「さかなや旬とは一切関係がない」と告知していた。

個人的にどうなるものかと気にしていたが、大人の対応がくだされ、めでたく決着した。これでしっかり「対決」していただければ消費者にとっても大歓迎だ。

株式会社旬(本社神奈川県厚木市)と旬フーズシステムで構成するSYUN-GROUPは神奈川県横浜市を中心に1都2県で37店舗を運営している。

「紛争地取材は必要」安田純平氏

カテゴリー: ジャーナリズム, 会見メモ, 政治/外交/国際/軍事

2018/11/02  23:26


 

 

会見に臨む安田純平氏

 

同上

 

内戦下のシリアで武装勢力に拘束され、3年4カ月ぶりに解放された日本人ジャーナリスト、安田純平氏(44)が2日午前、東京内幸町の日本記者クラブで帰国後初の記者会見を開いた。

安田さんは2015年5月内戦下のシリアで活動していた反政府勢力を取材するため、隣国のシリアに入国。シリア難民を支援するという男性を通じてシリア人ガイドと知り合った。

6月22日の深夜に、案内人を名乗る2人の男とともにトルコ南部から山道を1時間ほど歩き、シリア北西部に入国。国境を越えたところで、男らに両腕をつかまれ、車に押し込まれたという。ホブス(パン)工場に入れられた。

最初はゲストと言われていたが、その後何度も民家に移動し、監禁されたことを知った。12月7日には「日本の実家に送るから個人情報を書け」と言われ、妻の電話番号やメールアドレスを書かされた。身代金を要求するためだったとみられる。

3年4カ月に及ぶ監禁生活の末、解放を告げられたのは2018年10月22日。翌23日朝に「トルコに行く」と車で移動し、途中で別の車に乗り換えると、英語で「もう大丈夫だ」と言われたという。車中の人物は「トルコ人」を名乗った。

車中では1時間ほど目隠しをされた。国境付近からトルコのアンタキヤまで運ばれ、入管施設の100mほど手前で目隠しを外された。施設内の事務所で「解放だよ」と声をかけられた。

安田さんを拘束した組織は特定されていない。安田さんは「何者なのか気になった」「ジャバル・ザウイーヤの巨大収容施設には100人単位の囚人がいたと思われることもあったから、かなりの組織だったのではないか」と話した。反政府武装組織の「アル=ヌスラ戦線」ではなかったかと思われる。

安田さんは会見の冒頭で人質になったことに対する批判を「当然のことと思っている。紛争地という場所に行く以上は、自己責任と考えている」と述べ、「はっきり言って自業自得だと考えている」とも語った。

その上で「難民問題などは日本にも影響する。地球上で紛争が起きているのであれば、現地の情報を取りに行くジャーナリストの存在は必要だ」と述べた。

ネット空間では、安田純平氏は「ジャーナリスト失格」だの「嘘つき」だのとバッシングがひどいようだが、11月2日付日経夕刊と同業の中国ルポライター・安田峰俊氏(36)の弁護論を参考にしながら書くことにした。安田峰俊氏はB級ネタも含めた中国関連記事を得意とし、『SAPIO』や『週刊プレイボーイ』などに寄稿している。

安田氏は一橋卒業後に信濃毎日新聞に入社して6年間勤務したのち、2003年にフリージャーナリストとなり、イラクで取材を開始。同国内で拘束され、4日間で釈放された。その後もイスラム圏で取材している。

安田さんは「特に拘束回数が多いわけでもなく、危機管理能力が他の同業者と比べて著しく欠如しているわけでもないのは明らかだ」。12年8月11日の『報道特集』(TBS)で安田氏が撮影した戦場映像「内戦のシリアに潜入した日本人ジャーナリスト」が放送されており、安田峰俊氏が同番組担当者に尋ねたところ「自分の知る限り、いわゆる戦場ジャーナリストで安田の実力を疑う人はいない」という言葉が返ってきたという。