北海道で震度7

カテゴリー: 東京日誌Ⅱ

2018/09/06  12:40


 

土砂崩れのあった厚真町の現場(NHKヘリから)

 

至ることろで道路に亀裂が・・(同)

 

捜索現場(同)

 

全道被災状況(同)

 

6日午前3時8分ごろ、北海道南西部の胆振(いぶり)地方を震源とする地震があり、最大震度7を観測し、北海道は一時壊滅状態となった。震源の深さは約40㌔。マグニチュード(M)は6.7と推定される。

震度発生に伴い、道内全域の約295万戸で停電が発生した。震度7を観測した厚真町では5人が死亡、心肺停止が5人、安否不明が26人と予想されている。

北海道では管内の電力がほぼすべて止まる「ブラックアウト」が起こった。震源地の近くにある石炭火力「苫東厚真発電所」(厚真町)に電力供給を依存していたためだ。

同発電所は1、2、4号機の3つの設備があるが、4号機は地震後の再稼働に向けた作業の中でタービン付近からの出火を確認。1号機、2号機はボイラーが損傷していた。問題は損傷だけでなく、3器が同時に止まったことだ。

最大165万キロワットの発電能力が使えなくなり、北海道の使用電力のうち半分程度の供給が瞬時に消えた。

これが北電の持つ他の発電所にも影響した。電力会社は電力の周波数を安定させるため、需要と供給が一致するように発電能力を調整している。苫東厚真が消えると他の発電所も次々に止まり、発電会社として初めての「ブラックアウト」に至った。

北電が苫東厚真に依存するようになったのは2012年に泊原子力発電所(総出力207万キロワット)の稼働を停止したため。15年には小樽市でガス火力の新設を始めているが、完成は19年で間に合わなかった。

ザ・シークレットマン

カテゴリー: 映画/テレビ/舞台

2018/09/05  22:26


 

 

作品名:ザ・シークレットマン(原題Mark Felt the man who brought down the white house)
2017年アメリカ映画/103分
監督:ピーター・ランデズマン
主演:リーアム・ニーソン(マーク・フェルト役)
2017年9月5日@飯田橋ギンレイホール

 

「大統領選挙前、民主党本部に盗聴器を仕掛けようと男たちが侵入、逮捕された。FBI副長官のフェルトは捜査の指揮にあたるが・・・ニクソン大統領辞任の引き金となったウォーターゲート事件の全貌と、アメリカ政治史上最大の謎とされた内部告発者の姿を描いたサスペンス」(ギンレイ通信vol202)

「1972年4月11日。大統領選挙203日前。FBI副長官マーク・フェルトは、ディーン大統領顧問から、40年間、FBIに君臨し続けるフーバー長官の退任について相談を受ける。

だが、フーバーに忠誠を誓うフェルトは、FBIに集まるあらゆる情報を記した極秘の“メモ”の存在を仄めかし、逆に顧問たちをけん制。

やがて、フーバー長官が死亡すると、司法次官のパトリック・グレイが長官代理に抜擢される。自分が次期長官だと信じていたフェルトはその事実に愕然とする。

大統領選挙133日前。ウォーターゲート・ホテルの民主党本部に侵入した男たちが逮捕される事件が発生。捜査を開始したフェルトは、グレイから48時間以内の解決を命じられる。

マスコミを利用して捜査継続を目論むフェルトは、TIME誌の記者サンディ・スミスと接触し、捜査情報をリーク。さらに、ワシントン・ポストにも電話を入れる……。

やがてワシントン・ポスト紙に、ウォーターゲート事件は元CIA職員による盗聴事件だとの記事が掲載される。TIME誌でもFBIが真相隠蔽を画策したとの記事が出るという情報が。捜査情報のリークを巡って混乱するFBI。

捜査を巡ってディーン大統領顧問と対立したフェルトは、例え相手が大統領であったとしても、犯罪を放置することは出来ないと決意を固める。

だが、CIAの捜査は中止され、FBIにも捜査打ち切りが命じられる。それでも、真実を突き止めるまでの捜査は止めないと捜査官たちに熱く語るフェルト。

そして、大統領選挙直前になって、“ディープ・スロート”と名付けた謎の情報提供者から得た情報に基づき、“ウォーターゲート事件は政権によるスパイ工作だった”との記事がワシントン・ポスト紙に掲載されるが……」(Movie Walker映画より)

 

 

この映画と対をなすのがペンタゴン・ペーパーズ(最高機密文書)。

「さやの湯処」再訪

カテゴリー: 東京日誌Ⅱ

2018/09/03  20:04


 

ロビーの向こうは昔個人の家を生まれ変わらせた食事処「柿天舎」(してんしゃ)。庭を眺めながらこだわりの十割蕎麦を食べることも

 

作庭家・小口基實氏が再生した和庭。右側が柿天舎

 

午前中は仕事に行く妻を戸田市まで車で送った。いったん自宅に戻り、原稿のゲラ校正。午後に妻をピックし、台風21号の襲来を心配しながら、前野原温泉「さやの湯処」(板橋区前の町)に出掛けた。

いつもは埼玉スポーツセンター天然温泉(埼玉県所沢市)に行くが、この日は台風21号に敬意を表してこちらにした。

東京は良い天気で、午後は青空が広がった。どうしたんだろう。台風は着実に日本に接近しているというのに。

お風呂を含めて全部が都会サイズ。どの風呂も小さい。そこに大勢が入るから息苦しい。でも気持ち良い。9月に入って第1週なのに混んでいた。年寄りばかりではない。若い人も多い。月曜が休みの人が多いのかもしれない。

ここに小さいながらも、源泉掛け流しがある。加水や循環ろ過、薬剤の投入はせず、敷地内にある源泉井戸から直接浴槽へ天然の源泉が注がれている。

浴槽に注がれてから初めて空気に触れるので、源泉の成分が酸化しておらず、その場でほんのりと白濁して、その湯は「うぐいす色」に見える。

pH7.4の弱アルカリ性。塩分濃度が高い含ヨウ素ナトリウム塩化物強塩温泉。浴後、いつまでも身体がポカポカと温まる「熱の湯」。さやの湯処は、都内では珍しいうぐいす色の源泉掛け流しの湯へのこだわりを主張している。

試写会「太陽の塔」

カテゴリー: 絵画/彫刻/音楽

2018/09/01  19:59


 

太陽の塔のパンフレット

 

試写会「太陽の塔」(長編ドキュメンタリー映画)
インタビュー:平野暁雄臣岡本太郎記念館館長、大杉浩司川崎市岡本太郎美術館学芸員、中沢新一思想家・人類学者、西谷修フランス思想・哲学者など29人。
出演:織田梨沙
監督:映像クリエイター・関根光才(せきね・こうさい)
9月1日@日本記者クラブ
9月29日(土)渋谷シネクイント、新宿シネマカリテ、シネ・リーブル梅田ほか全国公開

 

1970年、大阪千里丘陵で日本万国博覧会(大阪万博)が開かれた。6421万人が参加したという。何と言っても異彩を放っていたのは芸術家・岡本太郎が制作した太陽の塔だった。

高さ70m、腕の長さ25mというスケールに加え、まるで「土偶の怪獣」のようなデザインは大阪万博のアイコンとして人々の記憶に刻まれている。

会場の吹田市千里団地に姉夫婦が住んでいた。私は大学に入ったばかりだった。姉の家に泊めてもらいとにかく会場に出掛けたが、何も見ないまま出てきたことをよく覚えている。熱気に当てられていた。

「人類の進歩と調和」に関するあらゆるものが会場内にひしめいていたはずだが、私は何も見なかった。むしろ、そういうことに否定的だった。

岡本は何のために太陽の塔を創ったのか。岡本には「凡人の理解を越えた変わり者」というイメージもあるが、画家・写真家・彫刻家・建築家・思想家としての顔も持っている。芸術家という言葉ではとうてい収まり切れないスケールの大きな人物でもあった。

本作では関根光才監督が岡本太郎に影響を受けた人々をはじめ、総勢29名のインタビューを行っている。芸術論だけでなく、社会学、考古学、民俗学、哲学の結晶としての岡本太郎が語られ、「太陽の塔」に込められたメッセージを解き明かしている。

インタビューを受けた人々は必死で岡本太郎を語っている。言葉で語っている。それだけに彼らの語る言葉は純粋かつ濃厚で、血がしたたっている。言葉を拾いたいと思った。

岡本太郎(1911~1996)。1911年生まれ。岡本一平、かの子の長男。東京芸術学校に入学、父母の渡欧に同行し、1930年から40年にかけてパリに住む。数々の芸術運動に参加しつつ、パリ大学で哲学、社会学、民俗学を専攻。

ジュルジュ・バタイユらと親交を深める。帰国し兵役・復員後、創作活動を再開。現代芸術の旗手として次々と話題作を発表した。1970年の大阪万博テーマ館もプロデュース。一方、旺盛な文筆活動も続けた。1996年没。

牛山盛りうどん

カテゴリー: 食/食堂/レストラン

2018/08/29  20:07


 

こうして1手間も2手間もかけてこそ、おいしいのです

 

たまねぎと肉を煮込んだ「山盛りうどん」でした

 

この日はおかしな天気だった。雨が降るかなと思ったら照って、照るかなと思ったらパラパラと降った。東京・練馬はそうだった。

午後2時ごろ、妻と2人でお使いに行った。その前にランチをとることにした。行ったのが丸亀製麺環8平和台店。7月24日以来2回目だ。

この店の看板料理を頼んだ。牛山盛りうどん。牛肉を小皿に煮立てて、それをお皿に載せる。それをぶっかけうどんの上にかけていただく。

しかもこの日は「うどん納涼祭」(8月27~29日3日間のみ)でぶっかけうどんが半額の290円→140円。牛山盛りうどんも並640円→490円と超お得価格だった。

夏こそがっつり、牛肉たっぷり。

夏はひんやり、冷がおすすめ。

若者ぶって牛山盛りうどんを頼んだが、ついでにいなりを1個とかき揚げを1個注文した。老人の胃袋には案の上量が多かった。

食べ終わったら、苦しかった。味も濃く、若い真似をして失敗した。丸亀製麺のせいではない。自己管理に問題がありそうだ。

湯けむり たちのぼる 大釜に
うちたて 生麺 とうずれば
大輪の花 咲くように 舞い踊る
差し水に うなずくように 戯れば
あとは釜揚げ 待つばかり

丸亀製麺

 

病気見舞い

カテゴリー: 体調/体力/運動/病気, 酒/酒場/居酒屋

2018/08/28  23:32


 

「船中八策」を選んだ

 

福岡市に住む大学時代の友人から「知人の病気見舞いに上京する」と連絡があった。彼の友人があぶないという。彼自身も「心筋梗塞一歩手前の手術を受け、まだ生き延びている」という。病人が病人を見舞う。おかしいようで、これが現実だ。

福岡の知人は73歳、私は70歳。それに彼を知る友人2人を新宿の寿司屋に呼んだ。2人とも69歳だ。1人は女子大講師、もう1人も文章教室をこの4月から始めた。この歳になると話は病気のことばかり。あれだけ、仕事の話ばかりしていた時代は何だったのかと思う。

まだそれでもみんな仕事をしている。おそらく、それもできなくなってくる。そのうち、みんなくたばってしまう。

しかし、歳を取ってからは個人差があまりに大きい。この前81歳の大学名誉教授に会った。まだセミナーのまとめ役をやっていた。かくしゃくとしていた。ジムには85歳の健康老人もいる。どちらもとにかくまぶしい。

かと言えば、60歳くらいでもうよたよたしている人もいる。生命力を欠いた人も少なくない。年齢ではないのではないか。確かに年齢は否定できないが、年齢を思わせない生き方もある。

自分のやりたいことをずっと続ける。死ぬまで続ける。そういう生き方をしたい。

ハーバーリウム(Herbarium)

カテゴリー: 絵画/彫刻/音楽

2018/08/26  21:31


 

何とも言えない色彩

 

今大人気ブレーク中

 

「週刊すまいる情報」(光が丘の地元不動産会社)第1202号に「ハーバーリウムを作りませんか?」という案内記事が載った。

「ハーバーリウムとは『植物標本』と言われ、ガラスのボトルの中に花・葉(ドライ・プリザ)をデザインし、高純度のオイルを注ぎ入れます。透明感のある美しいおしゃれなインテリアとして今とても人気です」

写真は妻が東京堂(花材専門店、東京都新宿区四谷2)でレッスンを受けて作ったもの。水彩画の展示会に来てくれる友人に1人1個プレゼントするのだという。どうもセンスがものを言うようだ。

 

これがボトルの中に注ぎ込むオイル

「ミッション:インポッシブル」フォールアウト

カテゴリー: 映画/テレビ/舞台

2018/08/23  21:56


 

 

作品名:「MISSION:IMPOSSIBLE」FALLOUT
監督・脚本・製作:クリストファー・マッカリー
キャスト:トム・クルーズ(イーサン・ハント)
オーガスト・ウォーカー(ヘンリー・カヴィル)
ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)
ベンジー・ダン(サイモン・ペッグ)
ユナイテッド・シネマとしまえん@2018年8月23日

 

「例によって、君もしくは組のメンバーが捕らえられ、あるいは殺されても当局は一切関知しないから、そのつもりで。なお、このメッセージは5秒後には自動的に消滅する。成功を祈る」-この名文句を知らない人はあるまい。1996年公開のアメリカ映画「ミッション:インポッシブル」で使われる台詞だ。

アメリカの人気テレビシリーズ「スパイ大作戦」(1966~73年、1988~90年)を原作としているが、基本的な設定以外ほぼオリジナルなスパイアクション作品だ。

トム・クルーズ演じるイーサン・ハントはアメリカの秘密諜報組織(IMF=Impossible Mission Force)に所属する。彼の活躍ぶりを描いたシリーズだ。シリーズ第5作の「ローグネイション」は2015年に公開され、「フォールアウト」は第6作目。

1962年7月3日、ニューヨーク州シラキュース生まれ。だから56歳になる。この男がスタントマンなしでパリの市街地を使ったカーチェースをやったり、ラストシーンでは真冬のニュージーランドで、氷河の上空2100mのところを、ドアを開けっぱなしにしたヘリコプターに乗って時速160㎞で進んだり、ノルウェーで高さ600mの崖にぶらさがった。

「ローグ・ネイション」では離陸するエアバスA400Mアトラス輸送機のドアにしがみついた。本物のスタントに本物のアクション、本物のロケーション。これを提供したのがトムだった。

 

墓参

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ

  20:45


 

菊正宗を飲む

 

ずっと気になっていた友人の墓参りに行ってきた。友は2016年の4月12日に亡くなった。あれからもう2年。速いものだ。

昔の同僚と2人でJR八王子駅に行く。そこで故人の奥さんと待ち合わせ。奥さんの車で向かったのは市営緑町霊園(八王子市緑町)だった。花火大会や桜で有名な富士森公園の隣だった。

高台で墓からはバックに富士山が見えるという。彼の父親が入り、次いで彼が入った。そして1年後に母親も入ったという。3年間で3人が亡くなった。

霊園からの岐路、彼の自宅を訪ねた。仏前に手を合わせた。彼が亡くなって、暮れには長女夫婦が一緒に住むようになるという。次女は近くに住んでおり、「この家は託児所状態」だと嬉しそうにぼやいていた。

同僚とはJR八王子駅前のサザンスカイタワー3階のそばどころ「凜や」八王子店で軽く一杯やった。菊正宗を飲んだ。結構うまかった。

『影法師』

カテゴリー: Books

2018/08/19  21:23


 

 

書名:「影法師」(The Shadow)
著者:百田尚樹(ひゃくた・なおき)
出版社:講談社(2010年5月20日第1刷発行)

1956年大阪生まれ。同志社大学法学部在学中から「ラブアタック」(ABC)に出演し、常連だったが、5年目で中退。その後、放送作家となり、「探偵!ナイトスクープ」のチーフライターを25年にわたって務めたほか、「大発見!恐怖の法則」などの番組の多数を手掛けた。

2006年、特攻隊のゼロ戦乗りを描いた『永遠の0』で作家デビュー。高校ボクシングの世界を舞台にした青春小説『ボックス』が圧倒的な支持を集め、2010年に映画公開。13年には『海賊とよばれた男』で本屋大賞を受賞。同年9月から『フォルツゥナの瞳』の週刊誌連載を開始した。

『影法師』は小説現代2009年8月号~10年4月号に連載されたものを加筆した。『海賊とよばれた男』を読んだが、それまでは周辺的なニュースで知るくらいだった。

百田氏が時代物を書くのは珍しいと思いながら何気なく読んだが、放送作家としての長いキャリアを思えば、物語の引き出しはたくさんあったのだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

茅島藩(かやしまはん)8万石の筆頭国家老に抜擢されたばかりの名倉彰蔵(なくらしょうぞう)は、小柄ながらがっちりとした体躯を持ち、精悍な顔立ちは50歳には見えない。

長らく江戸家老を務めていた彰蔵が国元に戻ったのは立夏を過ぎた頃だった。三月前、突然、筆頭家老を拝命したのだ。彰蔵が国の土を踏むのは20余年ぶりだった。

彰蔵は夕立が上がったばかりの庭から涼しい風が入ってくる元中老の屋敷に手を入れた家の濡れ縁で、探索を命じていた若党の富樫九郎右衛門から報告を受けていた。

「磯貝彦四郎殿は亡くなっておられました」

「磯貝殿は名を本田五郎と変え、浦尾に住まわれていたそうですが、2年前の冬に亡くなったということです」「労咳(ろうがい)であったそうです。供養をした寺の住職にも会い、卒塔婆も確認いたしました」

磯貝彦四郎は20余年前、ある不始末により藩を逐電した男だった。「とよと申す流れ者の飯炊き女と暮らしていたようですが、女は磯貝殿の死後、刀や着物などを売って、いずこかへ立ち去ったそうです。行方はわかりませんでした」

彰蔵の脳裏には彦四郎の姿が浮かんだ。肺を病み、自暴自棄になって、素性のわからぬ飯炊き女と暮らす50男のすさんだ生活が見えるようだった。

「磯貝彦四郎は時は大層すぐれたであったと申す者が何人もおりました。学問も良くしたとのことでございます」と九郎右衛門は言った。

「学問だけではない。彦四郎は剣も藩内で敵うものがない男だった。しかし、最もすぐれたところはその人物だった」

彰蔵は呟くように言った。

「磯貝彦四郎は、儂の竹馬の友であった」

彰蔵は初めて彦四郎に会ったことを思い出した。40数年前のその日は彰蔵にとって、生涯忘れることのない日だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

茅島藩では藩士といえども、上士と中士と下士には厳然たる身分差がある。下士が上士と城下ですれ違う時は、草履を脱ぎ、道の脇で跪かなくてはならない。彰蔵の父、千兵衛は御徒組の下士だった。

、戸田勘一と名乗っていた彰蔵が父の千兵衛と妹の千江とともに猿木川での釣りから戻り、城下にさしかかった時は夕方近かった。

そこに2人の中間を連れた上士が通りかかった。千兵衛は千江をそばに呼び寄せた。そして自分は道の脇に土下座した。勘一も魚籠を置き、父に倣った。しかし、千江は道に座るのを躊躇った。前日の雨でぬかるんだ道に座って、新しい晴れ着が泥で汚れるのを気にしたのだ。父は懐から手拭いを取り出して道に敷き、目で千江に座るようにうながした。千江は手拭いの上に座った。

上士の一行は千兵衛の前までやってくると、そこで足をとめた。「敷物の上に土下座する法はなかろう」

千江は目を閉じて口を結んだが、閉じた目から涙がぼろぼろとこぼれた。

「それでも侍か」勘一は思わず怒鳴った。「恥を知れ」

「年端のゆかぬ者ゆえ、ご無礼は何卒ご容赦を賜りたく-」

上士はみなまで言わせず、「ならぬわっ」と一喝した。その顔は怒りで真っ赤になっていた。

「子どもであろうと武士じゃ。上士を罵倒したからにはそれなりの覚悟があろう」そう言うと、上士は刀を抜いた。武士が一旦、刀を抜けば、ただでおさまるものではない。相手を仕留めるか、それ相応の傷を負わさなければ、士道に悖るということでお咎めがあるのは必定だった。

勘一は死を覚悟した。「存分に」

千兵衛はやわらに立ち上がると、刀を抜いた。「貴様っ」と上士は怒鳴った。「上士に向かって刀を抜くか。控えろ」

「子どもを見殺しにする親など、おらぬわ」千兵衛はそう叫ぶと、踏み込んで刀を振るった。上士は腕を切られて、刀を落とした。

上士は悲鳴をあげて逃げた。千兵衛は追おうとしたが、不自由な足が泥に取られて滑った。起き上がろうとしたところを、腹を中間に槍で突かれた。勘一は俯せになった父の背中から槍の穂先が飛び出している光景を茫然と見ていた。もう1人の中間が脇差しを抜いて、父の首を掻き切ろうとしていた。

気が付くと、勘一は見知らぬ屋敷の前庭に立っていた。陽はすっかり落ち、あたりは暗かった。玄関に通じる石畳のすぐ横に、戸板に乗せられた父の遺骸が横たえられていた。

1人の中年の武士が勘一のそばにやってきた。「家人に家まで送らせよう」との声を聞いて、勘一ははっと我に返った。

涙が込み上げ、勘一はしゃくりあげた。武士が後ろから勘一の両肩にそっと大きな手を置いた。その時だった。

「泣くなっ」と怒鳴る者がいた。正面に勘一と同じ年格好の少年が立っていた。その少年は勘一の前まで歩み寄ると、仁王立ちして言った。

「武士の子が泣くものではない」勘一はその気迫に呑まれれて泣くのをやめた。

「お前の父を切ったのは伊川桃蔵配下の者。お前が敵討ちするなら、助太刀する」

それが勘一と磯貝彦四郎との出会いだった。