若者の情報環境はLINE

カテゴリー: 【メディアリテラシー研究】, 会見メモ, 投票/選挙

2017/10/26  19:16


 

松本正生埼玉大学教授

 

ゲスト:松本正生(まつもと・まさお)埼玉大学教授(社会調査研究センター長)
テーマ:「総選挙後の日本 民意を読む」
2017年10月26日@日本記者クラブ

松本教授は今回の総選挙の結果について、「バーチャル選挙と『4分6分感覚』」とまとめた。

地方にも行ったが、「いま選挙で盛り上がっているみたいだけど、あれはどこの話ですか。われわれのところでは何も感じない。あれはメディアの中でやっている東京中心の話と受け止めながら各地で投票に行っている。投票に行った人ほど、そういう思いを抱いている」と述べた。

有権者の気分を私が忖度したのが『4分6分感覚』だ。少数意見と多数意見が一人一人の中に同居している。安倍内閣に対する支持が4割、不支持が6割と受け止めたほうがいいのではないか。「結局は自民党に入れるしかないが、安倍さんには一言クギを刺しておきたい」という思いが反映していると語った。

松本教授は「安倍政権が良いとは思わない」というフレーズが絶妙だと指摘。「絶対に反対ではないけど、良いとは思わない。良いとは思わないけど、反対ではない」というものだ。民主党政権の時代がひどかったという批判がいまだに説得力を持っている。それしか判断の寄り処がないという停滞状況を呼んでいる。

各社が定期的に実施している内閣支持率調査については、「安倍さんに対する支持、不支持ではなく、社会に対する雰囲気を表している」とし、「今の社会の雰囲気をどういうふうに捉えているのかという社会的指標の側面を持っている。変わるべきものがない」と述べた。

また政治意識について、年齢が上がるに従って右肩上がりに上昇するというのではなく、若手がかなり高く、その後、年齢とともに下落に転じ、40代くらいが底だと指摘した。台形のような形になったとみている。

若者はかなり頑張ったものの、「今回の衆院選で18歳の投票率は50.74%、19歳は32.34%に下がったが、これは”記念投票”と言えるのではないか。体験で終わりかねない」とした上、50代以上の「中高年についても選挙離れが顕著になりつつある」と指摘した。

若者に意識については大人とさいたま市の中学生・高校生を比較した例を挙げ、「政治家を信頼しているか」への回答は年齢が上がるにつれて急低下、政治へのマイナスイメージは根強いと答えた。政治を感知するのも生の政治家からではなく、野々村竜太郎号泣兵庫県議(辞職)や豊田真由子暴言衆院議員(埼玉4区落選)など映像からくるものが多く、若者のどう取り組んでいくか生の政治家の課題も多いと語った。

それでは若者の情報環境は何か。インターネットで政治に関するニュースをどの程度見るかについても新聞とほとんど変わらない。既存のメディアの情報に触れなくなってきている。彼らにとっての社会の窓は何かと言えば、LINEだ。

「高校生にとって社会とはLINE。政治家のやっているfacebookは感知していない。LINEと関わらない生活は成り立たない。周りと付き合っていくというのはLINEを共有することだ。低年齢化している」

LINEが始まったのは2011年。埼玉大学社会調査研究センターは2013年から調査を開始したが、LINE導入率は39%から今年は65%へと急上昇。50代ぐらいまでは標準装備しており、大手メディア各社が選挙ごとに行っている全国世論調査についても携帯電話を含む併用式RDD調査(Random Digit Dialing)が主流となっているものの、「社会はスマホにシフトしている」。世論調査はいつまで続けることができるのかと疑問を投げ掛けた。

『バリー・シール』

カテゴリー: 映画/テレビ/舞台

2017/10/23  23:15


 

ポスター(ユナイテッドシネマとしまえん)

 

作品名:『バリー・シール』
キャスト:トム・クルーズ
監督:ダグ・リーマン
2017年10月23日@ユナイテッドシネマとしまえん

1970年代、大手航空会社の天才パイロットとして活躍し、その後CIAから極秘秘密作戦のパイロットにスカウトされ、さらに麻薬の密輸で莫大な財産を築いた実在の人物バリー・シールの生涯を完全映画化した。破天荒だが、天才的、そして溢れる才能と愛嬌を持ち合わせていた主人公バリーをトム・クルーズが演じた。

天才的な操縦技術を誇り、民間航空会社のパイロットとして何不自由ない暮らしを送っていたバリー・シールズのもとに、ある日CIAのエージェントがスカウトに現れる。CIAの極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わることになったバリーは、その過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、麻薬の運び屋としてもその才能を見せ始める。

ホワイトハウスやCIAの命令に従いながらも、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円の荒稼ぎをするバリー。そんな彼の背後には、とんでもない危険が迫っていた。

拡大する「ミールキット」市場

カテゴリー: 会見メモ, 農業/農地/農政

  21:07


 

会見する高島宏平社長

 

ゲスト:高島宏平(オイシックスドット大地社長)
テーマ:チェンジ・メーカーズに聞く
2017年10月23日

 

オイシックスは2017年10月1日に大地を守る会と経営統合した。統合新会社オイシックスドット大地の社長として会見するのはこの日が初めてだという。統合により、らでぃしゅぼーやを抜いて野菜宅配会社として日本最大になった。

農業分野の新ベンチャーの勢いはすさまじく、最近は9月13日にも東京ビッグサイトでも高島社長は登場した。そのときのことは既に書いているので、今日はそれ以外のことを書いてみたい。

新しい会社が統合して良いとこ取りをしても仕方がないので、新しく企業理念づくりを始めることからスタートした。「これからの食卓、これからの畑」がそれだ。

・より多くの人が、よい食生活を楽しめるサービスを提供します

・より食を作る人が、報われ誇りを持てる社会を実現します

・食べる人と作る人とを繋ぐ仕組みが持続可能であるよう、つねに進化します

・食に関する社会課題を、ビジネスの手法で解決します

・私たちは、食のこれからをつくり、ひろげていきます

会社は1つになったものの、2ブランドで維持する方針だ。オイシックスは比較的若いお母さん、小さなお子さんを中心にすごく忙しくて時間はないものの、後ろめたくない食事を家族に出したいという思いに提供していく。「後ろめたくない時短」「短い時間で安心安全、より美味しく、楽しく」。

大地を守る会はお子様が独立された2人暮らしが対象で、「丁寧な暮らしを送りたい」と願っている人々。健康を長く維持しながら、しっかりした暮らしを送りたい人たちを対象にしている。

生産者は足りず、売り上げを伸ばしきれなかったオイシックスに対し、大地は生産者を持っていたので十分な調達が可能となった。これまでのボトルネックが解消できたことが一番シナジーが大きい。

売上高は約230億円(17年3月期)で、有機や特別栽培の野菜、無添加加工食品などのネット宅配が中心。商品コンセプトは「つくった人が自分の子どもに食べさせることができる」食材だけを販売している。食品流通業を始めてときに自分で食べない人が多かったので、新指針を打ち出した。

「ミールキット」(献立付きの半調理済みの食材サービス)の市場が大きく伸びている。とりわけ米国が主たる市場で、最大手は2012年創業の食材宅配サービスのブルーエプロン。100万人が利用している。国内でもプレーヤーが増加し、市場も拡大中。ヨシケイやコープデリの進出、早くも競争激化している。

オイシックスドット大地は主菜・副菜を20分で調理可能な「キットOisixシリーズ」を600万食販売し、各種キットの開発・提供努力を続けている。

鶴の噴水

カテゴリー: 東京日誌Ⅲ

  14:19


 

ご存知、鶴の噴水

 

この景色がもう1カ月もすれば紅葉・黄葉する

 

噴水の水も氷る

 

朝自宅を出た午前10時すぎはまだ雨が残っていた。それが台風一過で珍しく晴れた。農水省別館で二食そばを食べた後、日比谷公園をぶらりと散歩した。

見慣れた雲形池の鶴の噴水だ。心字池と並んで有名だ。ドイツ風庭園様式の池である。

まだ、秋も入り口。これからどんどん寒くなっていく。

羽二重団子

カテゴリー: 食/食堂/レストラン

2017/10/22  22:51


 

生醤油を付けた焼き団子と漉し餡の餡団子の2種類

 

ごま団子も海苔団子も2種類のバリエーション

 

結構静かな日暮里駅前支店

 

日暮里d-倉庫で観劇した後に立ち寄った「羽二重団子」日暮里駅前支店(荒川区東日暮里5)。本店は現在改築のため休業中でだった。

文政2年(1819)、初代庄五郎が音無川のほとり、芋坂の現在地に「藤の木茶屋」を開業し、街道往来の人々に団子を供した。この団子がきめ細かく、羽二重のようだと賞され、それがそのまま菓名となり、いつしか商号も「羽二重団子」となったという。

羽二重とは着物の裏地に使う白い絹織物で、柔らかな肌触りと上品な光沢が特徴だ。着物を着ることが少なくなった現在ではもはや死語か。自宅にはいつも架かっているので、妻に教えてもらった。

扱っているのは米粉をこねて丸め、クシに刺す。昔ながらの生醤油を付けた焼き団子と渋を抜いた独特のこしあんの餡団子の2種類。ぜんざいなども扱っている。

団子は中国渡来の野趣ある菓子だが、江戸時代に入って普及したもの。ことに元禄年間には名物団子が随所に現れ、流行になった。しかし、私が知っているのは草団子(葛飾柴又・帝釈天)と打吹公園だんご(鳥取県倉吉市)ぐらい。

なみに福井県の名物である「羽二重餅」とは全く関係はない。

「I Love you,You’re Perfect,Now Change」

カテゴリー: 映画/テレビ/舞台, 絵画/彫刻/音楽

  21:33


 

I love you,you’re perfect,Now Change

 

「太古の昔、神が人類を創造した日より、我々は男と女の問題に悩んできた。失っては求め、手に入れては失う『愛』。そこに潜む真実や神秘、恋に悩む女と男を6人の俳優が入れ替わり立ち替わり演じ分け、ユーモアたっぷりに描いていく」(ちらし)

「オフブロードウェイで歴代2番目の上演回数を記録したヒットミュージアムをScoreが企画・製作。演出家に藤倉梓を迎え、実力派俳優陣でお送りする.愛に迷ったすべての人に贈るラブコメディー」(同)。

20の場面と23曲の歌が1週間にわたって合計70人によって途中15分の休憩を挟んで1時間ごと、併せ2時間繰り広げられる。テンポがよく、歯切れのよいミュージカルが展開された。

出演者は女6人、男6人、8日間にわたって上演される。私は3男夫婦と一緒に行った。香月彩里(こうずき・さおり)さんが出演した。好きなことをずっと続けている役者さんで、その迫力はすばらしい。ポット出の俳優とは違う。

脚本ジョー・ディピエトロ、作曲ジミー・ロバーツ。原作が既にあるにしても、それを演じるのは役者。すさまじいエネルギーである。

香月さんは、パンフレットの中で、愛について、「愛はパワー」と答えている。「力であり、人生を豊かにしてくれるもの。愛は幸せな感情だけでなく、迷走、暴走、沈没、あらゆる感情を含めて、いろんな風景を見せてくれる。そして、それがまた力になる。無償の愛、、、まだまだ修行中です」

 

 

劇場「日暮里d-倉庫」

「日暮里d-倉庫」(荒川区東日暮里6)は日暮里にある小劇場。2008年12月にオープンした。もともと倉庫だった建物を改築して劇場にしたスペース。2階が入り口で喫茶スペースとなっている。

この日は雨。ちょうど公演の始まる午後2時前はすごい雨だった。中は広くて、パイプ椅子だったが、結構スペースがあった。2番目の席で、目と鼻の先で演じられている。生音楽で、キーボード(半田享彬倫=はんだ・あきのり)とバイオリン(原田百恵実=はらだ・もえみ)の演奏も良かった。

2017年衆院選開票速報

カテゴリー: 政治/外交/国際/軍事

  20:44


 

あと4分46秒で各党の議席を完全予測と銘打った開票速報

 

午後8時に自民党、過半数を大きく上回る情勢と報道

 

2017年衆院選開票速報は劇的だった。NHKは午後8時ちょうどに各党の議席を完全予測した。出口調査と情勢取材をもとに分析した。

どのテレビ局も同じような内容で、いずれも自民党の圧勝を伝えた。大義なき総選挙ではあったものの、政治家はいつ、いかなるときも選挙の試練に立ち向かわなければならない。準備が万端に整ったということはない。

 

人と共生するロボット

カテゴリー: 科学/技術/イノベーション, 講演会/シンポ/セミナー/勉強会

2017/10/21  22:01


 

人工筋肉で動くロボットアーム「ジャコメッテイアーム

 

一般社団法人蔵前工業会(東京工業大学同窓会)は、時宜に適した技術テーマを取り上げて「蔵前科学技術セミナー」を主催しているが、10月21日(土)に開かれた第37回は「人とロボットの近未来」の特集をテーマとする講演会を開催した。

人工知能やICT(Information and Communication Technology=情報通信科学)が活躍する近未来の社会では人と共生するロボットがどのような仕組みや原理で成り立っているかについて開発に携わっている専門家が分かりやすく解説した。

面白かったのは「生体の動きをロボットで模倣する」と題した中島求東工大工学院システム制御系教授の「イルカ型ロボットの開発」。イルカ(全長3m)は最高時速30km(ちなみにマグロは100キロとも160キロとも言われている)なのに比べ、原子力潜水艦(旧ソ連製アルファ型スーパー原潜、全長80m)は80km。体長比で言えば、イルカのほうが原潜より10倍くらい速い。

しかもイルカは流れをかき乱さないのでエネルギーロスも少ないのではないか。ジャンプしたり、すばやく方向転換する能力は原潜には到底できない。イルカの動きは非常にすぐれたものだ。それを応用することによって、これまでにない人工物ができる。推進力の源泉が尾ひれだが、三日月の形状である理由がいまだ分かっていない。

一方、遠藤玄東工大工学院機械系教授はヘビ型ロボットの開発状況を明らかにしながら、「廃炉支援ロボット」について話した。タマゴヘビというウズラの卵のみを餌にしている珍しいヘビ。丸ごと卵を飲み込んで殻だけを吐き出す特徴があり、つぶらな瞳はヘビ愛好家に人気。飼育日記をブログに公開している人もいるくらいだ。

このタマゴヘビは構造としては極めて単純ながら、多様な機能を持っている。日本固有種の無毒のシマヘビを油を撒いた床に置くと、アコーディオン式滑走をする。「くねり」を含め、蛇行推進など環境によってどういう動きをすればいいのかをヘビは考える。

我々は、ヘビのこうした動きを工学的に考えようとした。蛇行で進むメカニズムは水陸両用にも使える。2004年に東工大発ベンチャー「ハイボット」を立ち上げた。継続開発を進め、清水建設と共同で実用化。東京電力福島第1原発1号炉の検査に投入された。

ヘビを「アーム(腕)」として使用することも考えている。原子炉のデブリを取り出すために核燃料だけでなく、構造体もろとも溶けている。大変な状況で、誰も取り出し方が分からない。どこにありそうだということが最近になって分かり始めたのが現状。見にいくために長いアームを差し込む必要性があると研究を始めた。

 

 

2012年直後から、そうした長いアームを入れて中をみたらどうかというコンセプトを提案。長いアームを実現しようと思うと、片持ちになるので、非常に大きなモーメントが手元に働く。どれだけ大きなモーメントを支えるかが重要な課題。それを解決し、放射線に強いアームを完成した。

質疑応答で会場から何ができたら廃炉という開発目標を達成したと言えるのかについて質問があった。遠藤教授は、最初の工程表では「燃料デブリの取り出し方法を決めたい。そのためにはどこにあってどんな状態なのかを知りたい」だったが、「今も見つかっていないのが現状で、後ろ倒しになっている」と説明。「見つかってから技術開発をやらなければならない」とし、どんな状態であるかが分かった段階でも成果かなと思うと述べた。

「3号機で水の中にデブリがある写真が初めて撮れた。2号機はどこにあるか分からない。1号機はちょっとだけ写ったかなという感じだ。正直どこまで進んだら終わるのかは分かっていない」と述べた。

事故発生時には廃炉には30年から40年はかかると言われたが、今はあれから6年半経過している。今聞かれたら、本当なら24年から34年に終わると言わなければならないが、まだ「30年から40年」と言っている。これがどこまで続くか分からない。なるべく早く頑張るしかないと答えた。

黒大豆の枝豆

カテゴリー: ひょうご@東京, 食べ物

2017/10/20  11:55


 

黒大豆(黒豆)の枝豆

 

さやを剥くと、こんな感じに

 

今年も丹波の田舎から黒大豆の枝豆が届いた。10月中旬に収穫される晩生種は10月中旬の早生種に比べ、1カ月以上も長く畑で育てられるため、その分実が大きく、ほくほくとした食感を楽しめる。

10月中旬が最もおいしい時期で、そのまま乾燥させると「黒豆」になる。黒豆になるまで待たずに収穫し、それをボリボリするのは極めてぜいたくな食べ方だ。

黒豆を剥けば、黒い部分がある。もう少し畑に置いておけばと思うが、それを少し速く収穫することで黒豆の枝豆を味わう。人間は欲深い生き物だ。

「フェイクニュースとPR報道にだまされないために」

カテゴリー: ジャーナリズム, 講演会/シンポ/セミナー/勉強会

2017/10/19  23:14


 

講演する瀬川至朗教授(日比谷図書文化館)

 

元毎日新聞の記者で現在早稲田大学政治経済学術院の瀬川至朗教授は10月19日、千代田区立日比谷図書文化館で開かれた日比谷カレッジで、「フェイクニュースとPR報道にだまされないための基礎知識」と題して講演した。

フェイクニュースとは「政治目的やウェブサイトへのアクセスを増やすために、サイトから配信される偽情報やデマ。ソーシャルメディアによって拡散される間違った情報」(オーストラリアのマッコーリー英語辞典、2016年の言葉)。

またポストトゥールース(ポスト真実)とは「世論の形成において、客観的な事実よりも、感情や個人的な信条へのアピールが影響力を持つ状況」(英オックスフォード辞典、2016年の言葉)

瀬川教授はフェイクニュースは19世紀の大新聞王ピューリツアー氏のイエロージャーナリズムの時代にも「フェイク」という言葉が現れているとした上、情報の発信を市民が担い、加工も容易で断片化し、拡散のスピードも速い現代のような時代こそフェイクニュースには最も気を付けるべきであると指摘した。

その上で同教授はフェイクニュース対策として、①記事・情報の構造を知る②ニュース発信の仕組みを知る③メディア報道の歴史に学ぶ-など、だまされないためのメディア・リテラシー(ニュース・リテラシー)を養う必要があるとの認識を示した。

具体的には記事・情報を見極めるためのチェックリストとして、①掲載されているメディアサイトはどのようなものか②発信されている内容は具体的か③発信者を信用できるか④情報源は信用できるか⑤記事・情報にはどのようなエビデンス(根拠)が示されているか。またそのエビデンスは信用できるか⑤記事・情報が扱っている内容について、別の説明の仕方や理解の仕方はあるか-などを挙げた。