ぶどう狩り

カテゴリー: 食物/老舗

2019/08/17  22:08


 

巨峰

 

持ち帰り用

 

ぶどう園内

 

今年は中元シーズンを失した。そのついでと言ったら何だが、近くのぶどう園から直接送ることにした。

鹿島ぶどう園(練馬区春日町6)がそれだ。今年は雨も降り、開園が18日にずれてしまった。観光直売のほか、ぶどう狩りもできる。

8月いっぱいまでの10日間くらいが勝負だ。それでもペイできるのだから売り上げは大変なものである。

アローカナの卵

カテゴリー: 食物/老舗, 食/食堂/レストラン

2019/08/12  23:38


 

アローカナの卵

 

サイボク(埼玉県日高市)の楽農広場(農産物直売所)で見つけたのが「古代インカの宝石」「幸せを呼ぶアローカナの卵」だ。卵自体は少し小さいものの、色が薄く青い。

南米チリの北部アラウカ(Arauca)地方原産の鶏が産んだ卵だ。毎日卵を食べ始めて数10年になるが、ほとんど気にしたことはなかった。

しかしこの卵は黄身がしっとりしていてゆで卵が美味しいという。確かに食べてみてそんな気がする。老化防止成分のレシチンが豊富で一般卵の2倍も含まれているらしい。

生産農場は有限会社中島養鶏場(埼玉県鶴ヶ島市高倉)。毛呂山町にある同社直営の「らんらん農産物直売所」で直売しているようだ。

卵はそんなに産まないので1個当たり単価も高いようだが、そんなアローカナ鶏を日本に持ってきて卵をもっと産むように交配させている。「老化防止」は売り上げに貢献することだろう。

愛知県岡崎市や千葉県で交配が行われており、我々が現在入手できるのも国産アローカナの産んだ卵である。

楽農広場ではアローカナと並んで「たかはしたまご」も売られていたが、こちらは「本日売れ切れました」。この「たかはしたまご」も気になっている。

「サイボク」で温泉に入る

カテゴリー: 動物園/植物園, 理容/床屋/エステ/温泉

2019/08/11  22:28


 

各種ソーセージのオンパレード

 

薄く切ったハム

 

キャベツに特製ソースをかけたヒレカツです

 

10種野菜盛り

 

芙蓉の花が咲いていた

 

天然温泉「花鳥風月」

 

連休も中日。やはり家に閉じこもっているのもつまらない。どこかに行きたくなった。自宅からそんなに遠くはなく、かといってそんなに近くもないところ。車でせいぜい30キロそこそこ。

思い出したのが豚のテーマパーク「サイボク」日高本店(埼玉県日高市下大谷沢)。正式名称は埼玉種畜牧場。練馬の自宅からだと川越街道を川越へ向かって走り、新座市で463号線に左折。関越道所沢ICをすぎて航空公園を通過。合計36キロほどあった。

東京ドームの約2個分の広さに1400台分の駐車場のほか、バーベキューと普通の西洋を兼備したレストランサイボク、ミートショップ・手作りパン工房、カフェテリア、キッチン、楽農広場(農産物直売所)、ハム・ソーセージ工場、天然温泉「花鳥風月」、和風レストラン「花鳥風月」などが点在する。

トントンハウスのそばに9月上旬にアスレチック「サイボクの森」(有料)がオープンする。そんなに広いスペースではなさそうだ。

ここへきたのは3度目。初めて天然温泉「花鳥風月」に入った。結構広く作られていた。天然温泉ではこれほどの広さを実現したのは初めてだ。

泉質はナトリウム塩化物泉(弱アルカリ性低張泉)。水素イオン濃度はPH8.1。泉温は源泉39.0度。やはりここにも炭酸泉があった。

カマキリの寿命は平均半年

カテゴリー: 動物園/植物園, 東京日誌Ⅲ

  13:28


 

カマキリの寿命はおおよそ半年だ

 

庭先でカマキリを見つけた。慌ててスマホを持ってきてぴしゃりとやった。卵から生まれたときの大きさは1センチ未満だが、その後すぐに最初の脱皮をする。5センチくらいか。

かわいいカマキリの赤ちゃんの大きさについて」ブログによると、最初の脱皮で大人と同じカマキリになっている。1センチくらい。小さいながらも姿は大人と同じで可愛らしい。1センチくらい。アブラムシや小さなバエが餌だという。

カマキリの赤ちゃんは生まれて2カ月くらいの間に平均で7回脱皮をするという。若いうちはまだ体色も薄い。脱皮を繰り返すことで成虫になっていく。10センチくらいが成虫だ。

カマキリは共食いをするという。メスがオスを食べることもよくある。200から300ほど卵を生み、共食いしながら育っていく。緑色の印象が強いが、茶系も少なくない。この赤ちゃんは茶系のようである。

「カマキリの一生!」によると、カマキリの寿命は孵化してから春から秋にかけての半年が平均的。それに比べ人間は100年。人間は偉大なような気もするが、あまりにも長生きしすぎているようにも思える。

脊柱管狭窄症の手術を受けて5カ月。もうすっかり良くなったつもりでいるが、身体がすっかり弱体化したことに気づいている。フレイルだ。自分もカマキリになりつつある。

昨日、術後初めてプールに行った。身体が思うように動かない。動かそうとしたら痛い。特に関節が痛む。対策を講じなければならない。ウォーキングやロコモ体操が必要だ。

 

風に飛ばされていつのまにかコンクリートの間に鉄砲ユリが根付いたようだ

 

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿はユリの花。シャクヤクのように風情があり、ボタンのように華麗で、百合のように清楚。女性の美しさを形容する言葉だ。

わが家の庭先にユリが咲いている。自分で植えたわけでもなく、いつの間にか風に飛ばされてきた。しかも、コンクリートと地面のすき間である。こんなところによく根付いたものよとびっくりするやら、感激するやらである。

ヘタに抜いてしまっても可哀想だと思ってそのままにしている。咲いてみないとオニユリか鉄砲ユリか分からない。へたをすると小笠原諸島にあたりで停滞している台風10号に吹き飛ばされる恐れもある。

果たしてこのブログに書いたことがあるのではと思って「ユリ」で検索したら、出てきた。2009年8月19日付。どうやら咲いているのは鉄砲ユリのようである。

 

日々草

 

こちらも日々草

 

・・・

 

植えたわけでもないのにいつの間にかペチュニアが・・・

 

「中国経済は三重苦」津上俊哉氏

カテゴリー: 会見メモ, 政治/外交/国際/軍事, 科学/技術/イノベーション

2019/08/08  22:46


 

 

ゲスト:津上俊哉(つがみ・としや)国際問題研究所客員研究員
テーマ:中国経済と米中関係の行方
2019年8月8日@日本記者クラブ

 

国際問題研究所客員研究員の津上俊哉氏が「中国経済と米中関係の行方」について話した。

・中国経済には異なる2つの経済が同居している。

・ITを利用したニューエコノミーは躍進。民営企業が主役。QRコードを利用した低コスト決済サービスが大きく普及。今や日本は周回遅れ。Ⅰ(デジタル、スマホ、AI、ビッグデータ)、E(EV=電気自動車)、B(ビッグサイエンス)。実地に試してみる・問題があればそこで直す。社会実装のスピードとパワーは中国の右に出る国ない。

・暗いのはオールドエコノミー。重厚長大型製造業、不動産、公共投資。主役は国有企業や地方政府。投資と借金頼み。

・街頭カメラ、顔識別システムを用いた治安システムはどこの国でもやっていること。中国は「やっているからな」とそれを国民に知らしめる。国民はそれで安心し嫌ってばかりではない。

・EVはうまくやっている。成功した。世界のEVの半分は中国で走っている。EVでは勝者に。人為的なマーケット創造。Big scienceが離陸し、中国の科学技術は端倪すべからざるところにきた。優秀論文の国別引用回数でもコンピューター科学、数学、化学などで米国を上回った。20年後には毎年中国人のノーベル賞受賞者が毎年出る。最後に日本人が受賞したのは何年前になるということになるだろう。

・「中国製造2025」(2015年発表)は各国で強い反響を呼び、IOT(米)、インダストリー4.0(独)、コネクテッド・インダストリー(日)などの構想の競争状態に。中国科学技術水準の急速な向上を見て、中国のtargeting型産業政策に対する欧米の脅威感、警戒感が急上昇。

・米国の中国に対する警戒感、脅威感は過剰評価されている。恐れすぎている。勝負はこれからだと思える部分はたくさんある。足下をみて未来を予想するからだ。GDPも抜かれる可能性があるし、科学技術でもそう。対中不安感の行き過ぎている部分がある。

・ニューエコノミー経済が好調の一方で、経済は3重苦に直面している。

・過去10年間の投資のやり過ぎた。バブル後のバランスシート調整期に入った。ツケはやはり払わざるを得ない。これは避けられない。これがだんだんはっきりしてきた。

・民営企業を取り巻く厳しい環境。不景気、行政の「一刀切」問題、資金調達難。極左言説の横行、根底にある「官功なりて民は万骨枯れる」構造。

・マグニチュード的にはこの2つが極めて大きく、その上に泣きっ面に蜂のように重なってきたのが米中貿易戦争。世間的にはトランプが戦争を仕掛けたので中国経済が失速したという結びつけ方だが、実態は少し違う。経済が悪化している時に「泣きっ面に蜂」だ。

全英ゴルフVの渋野日向子会見

カテゴリー: スポーツ, 会見メモ

2019/08/06  22:06


 

20歳で日本記者クラブに登壇した渋野日向子さん

 

全英女子オープンゴルフのトロフィーを抱く渋野日向子さん

 

習っていた習字が生きた「笑顔」

 

ゲスト:渋野日向子選手(しぶの・ひなこ)
テーマ:AIG全英女子オープンゴルフ優勝者
2019年8月6日@日本記者クラブ

 

ゴルフのAIG全英女子オープンで日本勢として42年ぶりのメジャー制覇を達成した渋野日向子選手(20)が帰国直後の6日、日本記者クラブで会見した。今をときめく時の人を見ようと会見場に詰めかけた。

渋野選手は冒頭、「日本人としては42年ぶりで、私が優勝して良かったのかなとは思うが、今は嬉しい」と素直に喜びを語った。

「英国には静かに来て、静かに帰るつもりだったが、とんでもないことになった。羽田空港での歓迎ぶりを含め大フィーバーだが、これを率直にどう受け止めているか」と聞かれ、「今年に入って3勝したが、日本記者クラブで会見するなど考えてもいなかったことなので緊張している」と述べた。

渋野さんは空港での会見で「強さの秘訣は笑顔でいられること」と語っていたが、そう言えるようになったのはいつごろからかと聞かれ、「今年から」と答えた上、「笑顔になって結果が出だしたのが今年からだから」と付け加えた。

今回の全英オープンで見えた自分の伸びしろについては「優勝はしましたけど、グリーン回りの精度はまだまだだなあと思ったので、これからも成長できるなと思っている」と答えた。

また今回のコースが英国特有のリンクスではなく、日本に似た林間コースだったことについて、「日本に似ていてやりやすかった」とも述べた。

善光寺参拝

カテゴリー: 散歩/山歩き/ハイキング, 旅行/移動/街歩き, 歴史的建造物/産業遺産, 神社/仏閣

2019/08/03  18:26


 

善光寺

 

仲見世どおりから仁王門を眺める

 

仲見世どおりから仁王門を眺める

 

御利益のなさそうなお守りの自動販売機

 

表参道の両サイドは土蔵造りの建物が多い

 

表参道ー中央通りを約30分(1.8km)ほど歩けばJR長野駅

 

LS報告会終了後、会場からJR長野駅までシャトルバス。初めて長野電鉄に乗り善光寺下駅まで行った。そこからは車の通りが激しい通りを歩いて善光寺まで。

午後も6時近くでどこの店も閉まっていた。閑散だった。そのまま山門をくぐり、本殿で参拝した。昔一度きたことがあることを思い出したが、それ以上の詳しいことは思い出せない。

大門近くに七味唐からしの「根元 八幡屋礒五郎」があった。江戸時代からの伝統の風味を守っているという。商売が熱心だ。

考えてみれば、報告会にあまり熱心だったので昼ご飯を失念した。新幹線で1時間少し。長野は近い。

LS情報を活用したスマート精密林業

カテゴリー: 科学/技術/イノベーション, 講演会/シンポ/セミナー/勉強会

2019/08/02  16:36


 

加藤正人教授

 

ICTスマート精密林業報告会が8月2日、長野市若里ホールで開催された。信州大学の加藤正人教授は研究計画の概要と前年度の実施状況を説明した。

レーザーセンシング(LS)情報を使用したスマート精密林業は信州大学と北信州森林組合、アジア航測を中核としコンソーシアムを結成。コマツがハーベスタヘッドのリースで協力。長野県などが研究成果のアウトプットとして「長野モデル」を示すことで普及を進める。

航空機、ドローン、バックパックのLS情報をかけ合わせた統合技術をより一体的に実証研究することで、国際競争力のある地域イノベーションを目指したスマート精密林業を開発した。

コンソーシアムは2年半でほぼ完了し、今後は研究成果の普及を目指す。

高性能林業機械

カテゴリー: 科学/技術/イノベーション

  12:42


 

会場の一部のビッグハット到着はまだ6時すぎだった

 

林業機械

 

これで丸太をがっちりと掴む

 

こんな感じに

 

竹を砕く

 

竹くずに

 

傾斜地で木を伐採する

 

ビッグハット前は大変な熱気だった。森林県・長野でこんなに暑いとは思いも寄らなかった。死にそうな暑さだった。

そんな中で林業機械メーカーの人たちは売り込みに忙しい。

林業も機械の時代である。高性能林業機械とは従来のチェーンソーや刈込機などの機械に比べ、身体の負担の軽減など性能が著しく高い。

主な高性能林業機械として、フェラーバンチャ、ハーベスタ、プロセッサ、スキッダ、フォワーダ、タワーヤーダ、スイングヤーダなどがある。

「新宿→長野」バス旅

カテゴリー: 旅行/移動/街歩き

  07:18


 

大阪、名古屋、新潟と次から次へと遠隔地へバスが出発する

 

3列独立、トイレ付き、充電OK、新宿ー大阪5000円を満たすVIPライナー「プリメリア号」

 

次世代森林産業展2019が8月1~3日の3日間、長野市ビッグハット/若里市民文化ホール(長野市若里3)で開催された。ちょうどこのテーマで原稿を書いていたので確認するつもりで長野に行った。

2日(金)にLSによるスマート精密林業コンソーシアム主催の報告会が予定されていて、信州大学の加藤正人教授が報告したほか、パネルディスカッションも開かれる予定だった。

 

発車は23時35分だが、新宿バスタは若者たちでごった返していた(バスタ新宿)

 

新宿高速バスターミナル(バスタ新宿)は完成する前から東急ハンズ側から眺めていた。しかし、これもいつの間にか完成し、いつの間にか人が溢れかえっていた。それまでは西口のヨドバシカメラ前がバス乗り場だった。

最後にバスに乗ったのはいつだったか。思い出そうとしても思い出せない。関西に行ったときだと思うが、記憶が鮮明でない。テレビの情報番組で流しているようだが、それもほとんど見ない。

バスタ新宿は2016年4月4日開業。新宿駅周辺に分散していた乗り場をここに集約した。ターミナルビル4階から発車する。エリア別に主なメイン道路は以下の通り。

Aエリアは東北道、常磐道、南関東・アクアライン方面のほか、成田・羽田空港方面。
Bエリアは東名、中央道。
Cエリアは関越方面。
Dエリアは関西、北陸方面。

長野はCエリア。C7だった。ネット予約が普通だが、こちらは初めて。しかも、予約したのが前日だった。しかもバスタ新宿で、案内中のスタッフに「長野まで夜行便で行きたいのですが」と訪ねると、すぐさま端末を操作し、最後の1席ですと言って渡された。4200円。運行会社はアルピコ交通東京。

3列独立シート、トイレ付き、wifi充電OKだったが、格安チケットもあったはず。何か損をした気がした。何も知識がない。これではどうしようもない。

「もっと計画的にしなさい」というのが家人の口癖。しかし、「成り行きに任せる」のが私流。そのコストは自分で払わなければならない。もっと早く計画し予約も取っていれば、もっと安く切符も取れたはずだ。しかし、報告会の予定を知ったのが遅かった。

バスタ新宿を23時35分出発。関越道~上信越道を走り、長野インターで高速を降りる。あとは気が付いたら長野駅5時だった。三芳PAで20分トイレ休憩したあと、横川SAでは1時間弱休憩した。これは5時に到着するための時間調整で、実際は長野駅~バスタ新宿間3時間47分。

帰りは新幹線にした。こちらは長野駅~大宮駅(6600円)+大宮~光が丘駅間(731円)。弁当+ビールやお土産代なども含め3000円。合計1万円強。

考えれば、行きを新幹線にし、帰りをバスにすべきだった。バスは3時間でしかも練馬駅(区役所)に26分前に付く。

成り行き任せのバス旅は家人の指摘通り、時間もコストもかかることになったが、想像力の乏しい人間には身体で覚えるのが最大の教育効果だ。これまでの私の人生はすべてこの成り行き任せ。出たとこ勝負。

これは1人ではOKだとしても、やはり2人は無理。旅そのものが苦行であり、これも人生修行なのだと言い張るのも疲れるからだ。そろそろこういう苦行ともおさらばすべきだと思うのだが、どうも染み付いた習慣は忘れられない。

人生あと何年生きられるか分からないが、出たとこ勝負はやめられない。