1 / 32612345...102030...最後 »

吾妻峡を歩く

カテゴリー: 体調/体力/運動/病気, 旅行/移動/街歩き, 登山/山歩き/ハイキング

2018/04/23  21:37


 

猿橋(2017年3月27日完成)から吾妻渓谷上流を眺める

 

新緑がまぶしい

 

川幅が狭まった「八丁暗がり」という

 

ここも八丁暗がりか

 

いやはや何とも美しい

 

小蓬莱(見晴台)

 

眼の前に八ッ場ダムの工事が進んでいた

 

大騒ぎをした「八ッ場ダム」

 

遊歩道を歩いていたつもりがハイキングコースだった

 

前方に見えるのは鹿飛橋(しかとびばし)

 

鹿飛橋

 

23日(月)朝8時すぎ、群馬県の草津温泉に向かった。関越自動車道に乗ること1時間30分で渋川伊香保温泉を降りた。月曜日ということもあって空いていた。

中之条を通って吾妻峡にやってきた。昔も今も渓谷、峡谷は自然の景勝地。吾妻渓谷は昭和10年(1935年)、「名称吾妻峡」として国の指定を受けた景勝地。雁ヶ沢橋から八ッ場大橋までの約3.5kmにわたる渓谷で、大昔に火山が噴き出した溶岩を、川水が深く浸食してできたものだ。

いつの間にか、道の駅「あがつま峡」ができていた。2014年(平成26年)10月にオープンした駅で、吾妻峡温泉「天狗の湯」が開けていた。たった3.5kmなのに、ダムができると、いろんなものが周辺に林立する。

民主党政権時代に建設中止を発表し、世の中の話題を集めた八ッ場ダム。テレビや新聞が大騒ぎし、それに踊らされて2009年12月、私も現場に行った。もちろん、ダムは何もできていなかったが、沈むところもあって大変だった。

そんなことはすっかり忘れていた。しかし、政権が自民党に代わって八ッ場ダムの工事はしっかり進行していた。2020年3月末に完工予定だ。

首都圏で唯一建設中のダム。高さ131m。調査が始まってからだと60年以上がかかっている。工費はどのくらいか。インフラツアーも実施中で、結構人気を呼んでいるようだ。

脊柱管狭窄症患者と前期高齢者入りした2人がハイキングに挑戦した。足は痛いはずだが、それほどでもない。どうしたことか。十二沢パーキングから周遊ハイキングだと4.3km。2時間強。しっかり歩き通した。

どこが病気なのか分からない。新緑が眼にまぶしいが、秋の紅葉のシーズンはまた違った光景になりそうだ。

 

クレマチス

カテゴリー: 花/木/樹

2018/04/20  21:27


 

4月にクレマチスが咲いている

 

しかも満開の花が・・・

 

遂にヒメシャラも緑の森に包まれた

 

こちらは可憐なナツツバキ(わが家ではなくて、通勤途中のお宅)

 

駅に続く並木には白いハナミズキが・・・

 

今日は暑かった。まだ4月のなかば過ぎだというのに、何だこの温度は。5月半ばの陽気だ。いつもは五月連休中に咲くクレマチスが今や満開だ。

隣の駐車場側に蔓となったみごとに咲いている。びっくりしたのはほとんど裸木だったヒメシャラが気が付いたら緑の森になっていた。5本植えたら、こんなに見事な木に成長した。

この季節は花があっという間に咲く。びっくりした。

『官僚たちのアベノミクス』

カテゴリー: 経済/デリバティブ, Books

2018/04/13  21:21


 

真筆の動機から語り始めた軽部謙介氏

 

ゲスト:軽部謙介(時事通信社解説委員)
テーマ:『官僚たちのアベノミクス』(異形の経済政策)&その後

・2012年9月自民党総裁選に勝利し、総裁として経済政策を語る。同年12月の総選挙で首相として経済政策を語る。現在に至るまでのアベノミクスを検証した。

・いわばプロセスの検証だが、金融政策をど真ん中に据えた。アドバイザー的な役割を果たした方々を中心に政策がつくられていくことはこれまでほとんどなかった。それが執筆の動機だ。

・アベノミクスは論点の多い経済政策。アベノミクスの評価はあまり前面に出していない。ファクト・ファインディングの必要性。記録性を重視した本。

・政策決定は合成ベクトルに似ている。どんな当事者がどんな力学で引っ張ってその政策を推進しようとしたのか。ベクトル的な発想で考えていく必要があるのではないか。

・安倍晋三氏が自民党総裁になり、総選挙で勝って首相になり、経済政策を霞が関に落とし込んでいくプロセス。これはいったいどういったプロセスだったのか。ここで国家意思が形成されていく過程を考察したいと思ったのが執筆の動機だ。

石神井公園

カテゴリー: 花/木/樹

2018/04/12  22:08


 

石神井公園でチューリップを眺める

 

かも、かも、かも

 

独り、池畔に佇むかも

 

そばまでやってきた

 

この日はサイエンスカフェ練馬主催の第11階環境カフェ特別講演を聞きに石神井公園ふるさと文化館にやってきた。同カフェグランドフェローの花市穎悟(はないち・えいご)氏が「飽食から宝食へ」~日本の食糧危機を考える~と題して話をした。

試写会『マルクス・エンゲルス』

カテゴリー: 映画/テレビ/舞台

2018/04/11  21:40


 

マルクス・エンゲルス

 

作品名:『マルクス・エンゲルス』(THE YOUNG KARL MARX)
スタッフ:ラウル・ペック監督
キャスト:カール・マルクス(アウグスト・ディール)
フリードリヒ・エンゲルス(シュテファン・コナルスケ)
2017年フランス・ドイツ・ベルギー合作映画/フランス語・ドイツ語・英語
2018年4月11日試写会@日本記者クラブ
岩波ホール創立50周年記念作品(カール・マルクス生誕200年記念作品)

 

「1840年代のヨーロッパでは、産業革命が生んだ社会のひずみが格差をもたらし、貧困の嵐が吹き荒れ、人々は人間の尊厳を奪われて、不当な労働を強いられていた。

20代半ばのカール・マルクスは、搾取と不平等な世界に対抗すべく独自の政治批判を展開するが、それによってドイツを追われ、フランスへとたどり着く。

パリで彼はフリードリヒ・エンゲルスと運命の再会を果たし、エンゲルスの経済論に着目したマルクスは深い友情をはぐくんでゆく。激しく揺れ動く時代、資本家と労働者の対立が拡大し、人々に革命的理論が待望されるなか、2人はかけがえのない同志である妻たちとともに、時代を超えて読み継がれてゆく『共産党宣言』の執筆に打ち込んでゆく―」(パンフレット)

名著『共産党宣言』(1848)が誕生するまでの激烈な日々を描く作品。

試写会『女は二度決断する』

カテゴリー: 映画/テレビ/舞台

2018/04/06  22:23


 

女は二度決断する

 

作品名:「女は二度決断する」
監督名:ファティ・アキン監督
キャスト:ダイアン・クルーガー(主演)
2018年4月6日試写会@日本記者クラブ

「ドイツ、ハンブルク。カテイヤはトルコ系移民であるヌーリと結婚する。かつて、ヌーリは麻薬の売買をしていたが、足を洗い、カテイヤとともに真面目に働き、息子ロッコも生まれ、幸せな家庭を築いていた」

「ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリとロッコが犠牲になる。外国人同士の抗争を疑い警察は捜査を進めるが、在外外国人を狙った人種差別主義のドイツ人によるテロであることが判明する」

「容疑者は逮捕され裁判が始まるが、被害者であるにも関わらず、人種や前科をあげつらい、なかなか思うような結果の出ない裁判にカティヤの心の傷は深まってゆく。愛する人、愛する子どもと生きる、ささやかな幸せ。それが一瞬にして壊されてしまった。絶望の中、生きる気力を失いそうになりながら、カティヤがくだす決断とは―」(公式サイト、Introduction)

『ダンケルク』

カテゴリー: 映画/テレビ/舞台

2018/04/05  11:49


 

ギンレイホール掲示板から

 

作品名:『ダンケルク』
監督名:クリストファー・ノーラン
キャスト:フィオン・ホワイトヘッド
トム・グリン=カーニー
ジャック・ロウデン
2018年4月5日@飯田橋ギンレイホール

「1940年、フランス北端の港町ダンケルクに追い詰められた英仏連合軍40万人の兵士。一方、母国イギリスでは仲間を助けようと民間船までもが動員された救出作戦が始まった。究極の臨場感で史上最大の救出作戦の実話を描く緊迫のサバイバル・アクション!」(ギンレイ通信vol198)

AI技術翻訳技術のいま

カテゴリー: 会見メモ, 文具/電子機器/カバン/辞書

2018/04/03  21:00


 

情報通信研究機構の隅田英一郎フェロー

 

ボイストラで日本語と英語のやりとりをスクリーンを使って実演する

 

ゲスト:隅田英一郎(国立研究開発法人情報通信研究機構)フェロー
テーマ:AI翻訳技術のいまと東京五輪への展望
2018年4月3日@日本記者クラブ

国立研究開発法人、情報通信研究機構(NICT)は人工知能(AI)による翻訳、同時通訳技術を研究している。すでに実用化されているスマートフォン向けアプリ「ボイストラ」は31言語の文字翻訳に対応し、そのうち23言語で音声入力、17言語で音声出力が可能になっている。

NICTを所管する総務省は、こうした技術を民間に開放することで、翻訳・通訳技術の向上や新しい事業の展開を促すことを狙っている。隅田フェローから、翻訳・自動通訳技術の基礎知識と現状や、東京五輪で活躍するビジョンについて聞いた。

花吹雪

カテゴリー: 桜/さくら/花見

2018/04/01  17:43


 

わあ!花吹雪だ!

 

急に風が吹いてびっくりした!

 

もう葉桜に

 

今年の桜も既に葉桜に。みんなの日程が合った1日、夏の雲公園で花見をした。ゴザを敷いて、お昼のご馳走も用意した本格的な花見だった。

ビールも久しぶりに1本だけ飲んだ。冷たくはなかったが、そのほうが胃には優しい。優しいのが一番だ。小島米店に頼んでおいたおにぎりを持って会場に行った。既に子どもたちがゴザを敷いて待っていた。

おにぎりを食べ、春巻きを食べたあとに、急に風が吹き、強烈な花吹雪が起きた。この一瞬を捉えたのがこの写真だ。花吹雪は待っていても吹いてくれない。それは難しい。

今年は3回花見をした。今日が最終日。最後に花吹雪が吹いた。これは僥倖だ。

『藤沢周平と練馬』展

カテゴリー: 絵画/彫刻/音楽

2018/03/31  20:06


 

学芸員でもある山城千恵子分室長の解説に多くの人たちが耳を傾けた

 

「藤沢周平と練馬」が石神井公園ふるさと文化館分室(石神井台1)で開かれた。藤沢周平の足跡や作品をたどる特別展はふるさと文化館の本館で行われており、花見のついでにのぞいたが、こちらは藤沢周平が長く住んだ練馬区との関わりに焦点をあて、作家の横顔を紹介している。

展示は4月1日(日)まで(あした)だが、学芸員による展示解説があるので、3月31日(土)、分室に行った。満開の桜は散り始めており、その桜を眺めながら30分ほど自転車を走らせた。松の風文化公園内にあった。

2014年4月1日に開設され、練馬ゆかりの文化人に関する展示事業と、音楽・音響事業を主な柱としている。1階は小説家・壇一雄の書斎再現コーナーなど、2階は五味康祐資料展示室などがある。展覧会が開催されたのは1階で、多くの藤沢ファンが集まった。

藤沢の性格は暗かったが、高澤と再婚し、大泉学園町に転居した辺りから好転する。展子がなぜ西武沿線駅にばかり住むのと聞いたら、「何となく田舎の風景が残っており、気に入っている」と答えたという。

藤沢の作品にはヒーローがいないし、生活者が描かれている。260作品。会場に来ていた遠藤正氏は「義父は普通が一番というのが口癖だった」と語った。

昭和2年(1927)、山形県鶴岡市に農家の2男として生まれる。山形師範学校を卒業し、湯田川中学校へ赴任。国語、社会を担当し、生徒にも人気のある明るい青年だったが、昭和26年(1951)、肺結核が見つかり休職し、療養生活に入った。

昭和28年(1953) 東京都東村山市の篠田病院に入院、右肺上葉切除の大手術を受ける。
昭和32年(1957) 退院後、昭和38年(1963)まで練馬区貫井に住み、業界新聞に職を得る。
昭和34年(1959) 三浦悦子と結婚。
昭和35年(1960) 日本食品経済社へ入社。「日本加工食品新聞」の記者となる。この頃から時代小説の執筆を開始する。
昭和38年(1963) 長女・展子が誕生するも10月に悦子が急性がんで急逝。享年28歳。郷里から母・たきゑを呼び3人で暮らす。
昭和39年(1964) オール読物新人賞へ投稿を始める。
昭和44年(1969) 高澤和子と再婚。
昭和46年(1971) 『くらい海』が第38回オール読物新人賞受賞。直木賞候補となる。
昭和48年(1973) 『暗殺の年輪』で第69回直木賞受賞
昭和49年(1974) 母・たきゑ死去。日本食品経済社を退社し作家活動に専念。
昭和51年(1976) 練馬区大泉学園町に転居。
昭和61年(1986) 『白き瓶』で第20回吉川英治文学賞受賞。
昭和63年(1988年) 展子、遠藤正と結婚。
平成元年(1989) 作家活動の功績に対して、第37回菊池寛賞受賞。
平成2年(1990) 『市塵』で第40回芸術選奨文部大臣賞受賞。
平成5年(1993) 初孫となる浩平誕生。
平成7年(1995) 紫綬褒章受章。
平成9年(1997) 1月26日逝去。亡くなるまでの約20年間を大泉学園町で暮らす。

 

 

1 / 32612345...102030...最後 »