2011年4月 のアーカイブ

新ジャガ

カテゴリー: 東京日誌Ⅱ

2011/04/30  16:28


 スーパーの野菜売り場では新じゃがいもや新玉ねぎが並んでいる。今出回っている新ジャガイモは10~12月植付・2~4月収穫の冬作。長崎産や鹿児島産が主流だ。1~3月植付・5~7月収穫の春先は長崎・千葉・静岡産が中心。国内生産の7割以上を占める北海道産は4~5月植付・8~10月収穫だ。新玉ねぎは佐賀産。

 ジャガイモを電子レンジで柔らかくし、それを油で素揚げしていただく。これが素朴においしい。連休2日目。あさりのワイン蒸し、カリフラワー、アスパラとベーコン炒め、メーンは小ぶりのステーキ+マッシュルームソース。久しぶりにワインを抜いてゆったりした食事を堪能した。

東京ボランティア・市民活動センター

カテゴリー: 東京日誌Ⅱ

2011/04/28  18:26


  ゴールデンウィークには被災地にボランティアに行こうと考えているが、60代になって体力・健康面で完全な自信があるかと問い詰められれば、確信を持てないのは確かであるため、踏み切るまでには至っていない。万一、自分が現地で倒れた場合、迷惑をかけかねない。

 良かれと思ってやってみた結果、悪い結果を招くことはあるものだ。体力万全な人だって、万一ということはあり得る。そこまで考えていたら、やれることもやれないと思うものの、その指摘に反論できない。60歳を過ぎて体力や健康面で全く問題がないというのはすばらしいことだが、想像するに、その年齢で経年劣化・金属疲労していない肉体はないのではないか。普通に使っていたら、どこかに問題が生じているはずだ。

 それでも、もし急に出掛けることになった場合、すぐに出動できるように、ボランティア保険にだけは入っておくことにした。東京ボランティア・市民活動センター(新宿区神楽河岸セントラルプラザ10F)に出掛けた。東京でのボランティア活動の拠点だ。

 東日本大震災被災地支援では都民ボランティアを既に第9期にわたって募集している。とりわけ私も参加を検討していたGW中の募集には定員を何倍も上回る応募が集まり、募集開始後10分ほどで募集が締め切られたことがニュースになった。

 今回の被災地支援では市内・近隣の方のみの募集が多いほか、市外・県外からのボランティアを受け入れているところも、GW中は現地での混乱を恐れて、受け入れ中止が相次いだ。3.11当日からフォローしていた宮城県気仙沼市でもそうだった。

 受け入れる側も仕事の調整や対応に限界があるのだと思う。気持ちばかりあせるが、この日は保険加入とお金での支援を少しするにとどまった。被害の甚大さからみれば、支援・復興に必要なボランティアの協力は長期化するのは必至だ。自分でできるところからやることにしよう。

現在の電力使用状況

カテゴリー: 東京日誌Ⅱ

  15:52


 歯医者に行こうといつもより1時間早く東京メトロ神田駅で降り、改札を出ようとして目に入ったのがこのディスプレー。何かと思って目を凝らすと、「電力使用状況」を視覚化した電光掲示板だった。東関東大震災に伴う電力不足を受けた節電・計画停電への協力要請の一環だ。

__________________
東京電力 現在の電力使用状況

            使用率 80.6%

現在の使用量     3,224万KW
ピーク時発電能力  4,000万KW

節電にご協力ください   情報提供・東京電力
__________________

 東電は3月22日から、「電力使用状況グラフ」を同社ウェブサイトで公開し始めた。1時間ごとの電力の使用実績を15~30分遅れで更新したものだ。このデータを使っていろんなアプリケーションソフトが開発されている。恐らく、このディスプレーもその1つかもしれない。

 面白いのは遂に「電気予報」が登場したことだ。ヤフーが4月27日から開始した東電エリアの電力使用状況を予測する「電気予報(ベータ版)」がそれだ。向こう24時間の推定電力使用状況と1週間先までの推定最大電力使用時間帯および使用率を予測する。トップページと節電・停電ページ

 東電発表の使用状況グラフの実績や日本気象協会発表のデータなどを基にヤフーが独自に算出している。こんな時代がやってくるとは3.11までは想定もしていなかった。何が起こるか分からない、大変な時代に生きている。

甘~い”黒飯”

カテゴリー: 東京日誌Ⅱ

2011/04/26  23:56


 世の中にはいろいろ変わったものがある。「赤飯」はもち米に茹でたささげを入れてふかすか、炊き込むかするものだが、ささげの代わりに甘納豆を使う「黒飯」というのもあるらしい。炊き上がった「甘納豆御飯」にすった黒ゴマをまぶせると、「黒飯」になる。

 甘納豆を使っているので、当然のことながら甘~い。家人の知人が作ってもってきてくれたので、ご相伴にあずかった。不思議な食べ物だが、ちょっと酸っぱいピクルスと一緒に食べると、なかなかいけるのです。日本も広い。

「4.25」に思う

カテゴリー: 東京日誌Ⅱ

2011/04/25  07:12



            (今年も咲いた庭のハナミズキ)

 現在進行中の東日本大震災の悲惨さに目や耳を奪われて、危うく「4.25」を忘れるところだった。2005年4月25日、JR福知山線塚口~尼崎駅間で、宝塚発同志社前行き上り快速電車(7両編成)の1両目から5両目までが脱線し、1、2両目が線路東側にあるマンションに激突。107人(乗客106人、運転士1人)が死亡、549人が負傷した。あれからもう6年になる。

 遺族はもとより、負傷者や家族の中にはいまだに立ち直れない人たちもいる。精神的な病を抱えている人もいる。事故の後遺症はなかなか癒えない。関係者にとっては「4.25」は一生忘れることのない日として残る。毎年その日がやってくる。

 6年目の「4.25」では遺族らでつくる4.25ネットワークとJR西日本が共同で1年半にわたって進めてきた事故検証の場「課題検討会」の報告書が公表された。被害者と加害企業が合同でまとめた異例の報告書だ。

 乗務員への懲罰的な再教育(日勤教育)、過密ダイヤ、自動停止装置(ATS)未設置について、ネット側が問題提起し、それにJR側が答える形を取っている。ATS未設置では、JR西はカーブでの大幅な速度超過による脱線を想定できなかったとしながら、「ATSがあれば事故を防げた」と回答している。会社側も安全対策の停滞を認めた。会社を強く責めながらも、それを乗り越えた点は特筆に値する。

 オブザーバーとして参加した作家の柳田邦男氏は「被害者と加害企業が事故責任をとことん議論する場はこれまでなかった。被害者の声が事故調査や加害企業の姿勢に大きな影響を持つようになった時代の始まりだ」と高く評価している。そういうことなのだろう。

 それにしても地球上は記念日のオンパレードだ。日本だけを取ってみても「1.17」(阪神淡路大震災)があり、そして今回、「3.11」に東日本大震災が発生した。もっと前だと、「8.06」(広島原爆記念日)と「8.09」(長崎・原爆記念日)があり、「8.15」(終戦記念日)がある。

 「4.25」「1.17」「3.11」「8.06」「8.09」はいずれも忘れられない日だ。それほどまでではない記念日なら枚挙のいとまがないだろう。国や一部地域を一挙に襲う災害ではないものの、個人にとって忘れられない辛い日というものもあるだろう。

 日本だけにとどまらない。世界には今の今も戦争の渦中にある国もある。アフガニスタン、リビア、ナイジェリア、コートジボワール、シリアなどがそうだ。地震の後遺症と戦っているチリやハイチもある。「9.11」もあった。世界は災害・人災に満ち満ちている。人類が生き続けるというのはこうした災害との戦いだ。歴史がそれを示している。

 恐らく、今後も「未曾有」で「想定外」の事件、事故、災害が起こり続けるだろう。それでも人間は生き続けていかなければならない。それにしても、人間の知恵は自然に比べるといかに愚かであるか改めて考えさせられてならない。奢るな!人間

三度目の「敗戦」

カテゴリー: 東京日誌Ⅱ

2011/04/23  22:53



              (BS朝日「激論!クロスファイア」)

 23日のBS朝日「激論!クロスファイア」のゲストは作家で元経済企画庁長官の堺屋太一氏1人だった。阪神淡路復興委員会委員でもあった同氏が「歴史に学ぶ震災復興への戦略」を提言した。今月2日出演のテレビ東京「週刊ニュース新書」で話した「ニッポン再生プラン」と同じ内容だった。

 堺屋氏の話が面白いのは巧みな話術もさることながら、時代の今を明晰に分析した上で、時代の先を大胆に想像・構想・企画し、インパクトのあるキーワードを駆使しながらビジョンを提示できるプランナーとしての高い提案能力だ。人をその気にさせ、動かすためには魅力的な言葉が不可欠だ。

 堺屋氏は今回の東日本大震災について、1990年のバブル崩壊後20年間にわたって「ダダ下がり」の末に起こった「第3の敗戦」だと指摘する。馬関戦争や薩英戦争に敗れた幕末、太平洋戦争での敗北、そして今回は大自然と国際情勢の変化に付いていけなかったことで敗北した、という。

 同氏は月刊「文芸春秋」5月特別号に「三度目の『敗戦』を日本新生の機会とせよ」との題で寄稿しているが、この中で自らのビジョンを開陳している。幕末の敗戦は武士文化を否定した明治維新によって甦り、太平洋敗戦は軍務官僚(軍部)の排除によって復興を成し得たとした。

 それでは三度目の今回の敗戦にはどう対処すべきか。堺屋氏は「戦後日本をそのまま再現しようとするのでは、日本の新生はあり得ない。この災害をばねに、新しい発想と仕組みを持った日本を創造すべきだ」とし
、「戦後日本をリードしてきた官僚主導・業界協調の体制を否定し、真に創造的自由のある体制を築くことだ」と主張する。具体的には以下の政策を提言する。

■官僚を有資格なら出世する「身分」から、有能有志の者が適職に就く「職業」に変える。身分社会をやめる。

■外国を恐れぬ心理と情況を創る。「好き好き開国」に変える。

■規格大量生産のために造り上げられた東京一極集中の形を地域主権型の道州制に変える。

■「好老文化」を創ることで高齢化世界をリードする。高齢者を誇り高く楽しめる世の中にすれば、巨大な需要と新鮮な文化が生まれる。

アジの白子

カテゴリー: 東京日誌Ⅱ

2011/04/22  18:12


 「アジとは味なり。その味の美をいふなりといへり」(新井白石「東雅」)

 社僚の定年退職慰労会に少し早く着き、”幹事特権”を行使してカウンターで1人で先にビールを飲んでいたら、「アジ(鯵)の白子」が出てきた。白子と言えば、タラやアンコウ、フグぐらいしか知らなかったが、アジの白子もそれなりにおいしかった。

 白子は魚の精巣。どんな魚でも、雄ならばあって当然だが、だからと言ってどの魚の白子でも食べておいしいわけでもなさそうだ。またイカの白子などは数が少なく珍重されているらしい。ウィキペディアによると、白子の75-82%は水分、1-5%は脂肪。プロタミン(ヒストン)やヌクレオプロテインなどの強塩基性タンパク質、細胞分裂やタンパク合成などの活動に関与している成長因子であり坑加齢効果のあるポリアミンを多く含んでいるという。

『蝉しぐれ』

カテゴリー: Books

2011/04/21  22:10


書名:『蝉しぐれ』(初出:山形新聞夕刊、1986年7月9日~87年4月13日)
著者名:藤沢周平
出版社:文芸春秋社(単行本:1988年5月刊行)

 藤沢周平の作品はあまりにたくさんあって、とても読み切れない。自分ではかなり読んだつもりになっていたが、肝心の代表作を読んでいなかった。テレビドラマ化され映画化もされた有名作品だ。とにかく、これほど読後感が爽快で、なおかつしみじみとした気持ちになる作品も珍しい。

 東北の海坂藩(架空の藩だが、庄内藩がモデルとされる)を舞台に、淡い恋、友情、そして政争に伴う悲運と忍苦。ひとりの少年藩士が成長していく姿を静かな筆致で描いた作品は心に沁み入る。1人の人間の成長を平凡な風景の中から切り取っていく作者の暖かい目が優しい。

『100000年後の安全』

カテゴリー: 映画/テレビ/舞台

2011/04/20  20:24


 19日付日経新聞1面下のコラム「春秋」で、原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場造りが北欧フィンランドで進んでおり、それをテーマにしたドキュメンタリー映画『100000年後の安全』が東京都内で上映されていることを知った。

 福島第1原発では今まさに深刻な原発事故が進行形。あまりのタイミングの良さにびっくりするが、事故を受けて今秋上映予定が急遽、緊急上映となったようだ。吉祥寺バウスシアターのレートショーで見た。上映1時間前の午後7時30分から整理券が発売されたが、10分前に行ったものの、既に100人ほどが並び、関心の高さを浮き彫りにした。若い人も多かった。

八重桜

カテゴリー: 東京日誌Ⅱ

2011/04/19  07:16


 街中の桜はあらかた咲き終わり、青葉のほうが多くなったころに咲き始めるのがこの八重桜。毎朝立ち寄るおにぎり屋さんのすぐ近くの民家の庭で咲き誇る。どっしりと、いかにも重量感に満ちた桜だ。一度、庭の手入れをしていた家人に品種を尋ねたが、「何とか・・・」だった。