2013年4月 のアーカイブ

4カ月ぶりの丹波

カテゴリー: 丹波日誌

2013/04/30  19:26


とにかく草ボウボウだった

とにかく草ボウボウだった

 

何とか草を取り終わった(花は残して)

何とか草を取り終わった(花は残して)

 

雑草に覆われたスズラン

雑草に覆われたスズラン

柿の木も新芽が鮮やか

柿の木も新芽が鮮やか

 

農水路のあぜに育つふき

農水路のあぜに育つ蕗

 

 

南丹PA@京都縦貫道

カテゴリー: 旅行/移動/街歩き

2013/04/29  16:01


鯉のぼりが泳いでいた

鯉のぼりが泳いでいた

 

駐車スペースはゆったりと

駐車スペースはゆったりと

 

29日(昭和の日)の午前7時前に東京・練馬の自宅を出発、午後5時すぎに兵庫・丹波の実家に到着した。関越道―圏央道―中央自動車道―名神自動車道を走行。名神・大山崎ジャンクションで京都縦貫道に分岐した。園部ICで高速を下り、その後は県道・国道を走った。

所 要12時間、630km。ゴールデンウィークに突入していたので途中渋滞を予想していたが、名古屋近辺を含めて全く渋滞に遭わなかった。こんなことは思い 出す限り、最近ではないことだ。京都縦貫道はこれまで沓掛ICまでしかつながっておらず、使えなかった。それが今回大山崎ジャンクションとつながった。
大 山崎―沓掛IC間は4月21日に開通したばかり。向日市や長岡京市はタケノコの産地だということは知っていたが、走っていて確かに竹林が多かった。園部 ICまでに設置されている休憩施設はこのPAだけ。事実上、トイレだけの施設だ。最近のPAはSA化しているだけに、逆にシンプルさにびっくりした。とに かく、初めて休憩したPAに敬意を表したい。
ようこそ丹波路へ

ようこそ丹波路へ

 

遂にスマホを買う

カテゴリー: 文具/電子機器/カバン/辞書

2013/04/28  18:28


遂に私も2台持ち

私も今や2台持ち

銚子はまぐりを食する

カテゴリー: 食/食堂/レストラン

2013/04/27  20:37


魚市場で買ったはまぐりの酒蒸し

魚市場で買ったはまぐりの酒蒸し

 

地物本はまぐり

地物本はまぐり

 

風力発電所見学会の最大のポイントは新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が銚子沖で建設し、3月に日本で初めて実証実験を始めた洋上風力発電所を船上から見学することだったが、波が高く、乗る予定だった船が欠航。今回は実現しなかった。

そのおかげで急きょ実現したのが水産物卸売りセンターでの買い物。千葉県銚子市内のウオッセ21商店会水産物卸売センターで地元の海産物をショッピングした。買ったのは練り物の詰め合わせと地物本はまぐり。

網ネットの中に入っていた大粒のはまぐりは17個。家で酒蒸しにしていただいた。見事な大きさでこの値段とはとても安い。「中国産や韓国産は貝殻の色が黒い。それに比べ国産は白い。こんなのは東京でも食べられないよ」と言われ、買ったが、嘘ではなかった。

銚子ブランドでは「金目鯛」も有名だ

銚子ブランドでは「金目鯛」も有名だ

 

実証実験を開始した銚子沖洋上風車

カテゴリー: 講演会/シンポ/セミナー/勉強会, 資源/エネルギー/環境

2013/04/26  23:50


NEDOの実証洋上風力発電設備(銚子沖3km)

銚子沖3kmの洋上風車(地球の丸く見える丘展望館屋上から)

 

海底ケーブルで東電変電所に送電(屏風ヶ浦)

海底ケーブルで東電変電所に送電(銚子市屏風ヶ浦)

 

ウィンド・パワーかみす洋上風力発電所

カテゴリー: 講演会/シンポ/セミナー/勉強会, 資源/エネルギー/環境

  23:12


神栖市役所からも風車が見える

神栖市役所からも風車が見える

 

ウィンド・パワーかみす洋上発電所

ウィンド・パワーかみす洋上発電所

 

護岸から数m先のニアショアに立っている

護岸から数m先のニアショアに立っている

 

発電機などが入っているナセル

発電機などが入っているナセル

 

日本記者クラブ主催の洋上風力発電施設見学会に参加した。最初に訪問したのは茨城県神栖(かみす)市。茨城県の最東南端に位置する人口10万人弱の地方都市。隣接する鹿嶋市(かしま、佐賀県鹿島市と区別するために「嶋」を使用)とともに鹿島臨海工業地帯を形成。鹿嶋市、潮来市、鉾田市、行方市とともにJ1鹿島アントラーズの広域ホームタウン。東京から100キロ圏内。

 

 

 

「LADY DAY」

カテゴリー: 東京日誌Ⅱ

2013/04/23  22:06


ガラス1枚隔てると、そこはもう道路

ガラス1枚隔てると、そこはもう道路

 

読みたい本が練馬区立春日町図書館しかなかったので、都営大江戸線春日町駅で下車。お目当ての本をざっくり読んだあと、外に出てくると、午後も1時すぎ。お腹が空いたので、どこかでお昼を食べようと駅前できょろきょろしていたら、すぐ目の前に「LADY DAY」があるのを思い出した。

10年以上前からずっとこの場所にあることは知っていたが、入ったのは初めて。現役のころは平日のこの時間帯に自宅近くに出没することはまず考えられなかった。しかし、今は基本的にはフリーの身体。時間さえあれば、いつどこでも参上します。

 

ピアノがジャズバーの雰囲気を醸し出している

ピアノがジャズバーの雰囲気を醸し出している

「LADY DAY」(レディ・ディ)は偉大な米女性ジャズシンガー、ビリー・ホリディの愛称だという。彼女の名前ぐらいはもちろん聞いたことがある。ただ、持ち歌は知らない。レベルの高くないジャズファンだ。そのビリー・ホリディが好きで、それを店名にしたのだと店のHPに書いてある。12-15時がカフェで、19-24時はBar Time。

 

外から座っていたテーブルを確認した

外から座っていたテーブルを確認した

駅前の三角州みたいな土地に目一杯店が広がっており、窓際の席に座ったら、ガラス1枚挟んだ道路を自転車がヒューと飛んでいったり、乳母車が通り過ぎたり、何とも距離感が短く、それだけに臨場感があって、何とも面白い。ふんわり卵とこだわりソースのオムライスはいい味を出していた。2002年12月オープン。

庭の春

カテゴリー: 花/木/樹

2013/04/22  23:42


満開のヒメウツギ

満開のヒメウツギ

 

1つの花は小さいが、近くに寄ると・・・

1つの花は小さいが、近くに寄ると・・・

 

剪定した翌年はやはりほとんど咲かないハナミズキ

剪定した翌年はやはりほとんど咲かないハナミズキ

 

東京西部は4日ぶりに良く晴れたが、どうしたわけか気温も急低下。ずいぶん寒かった。真夏日があったのに、気温は冬に逆戻りしたみたいだ。こんなに温度差があると、体にこたえる。

庭のヒメウツギがこぼれんばかりの小さな白い花を咲かせている。ウツギの下には青いカンパネラが咲き始めた。スズランも強い芳香を放っている。春が駆け足でやってきた。ほとんど花を付けないのは昨秋、剪定したハナミズキ。花芽が刈られたためだ。そんな年もある。

 

 

だんだんめん@日比谷よかろう

カテゴリー: 食/食堂/レストラン

2013/04/20  23:58


やみつきになる坦々麺

辛いのに、なぜかさっぱりとした味はやみつきになる

 

内幸町でアルバイトをするようになって2カ月。昼には買ってきたおにぎりをデスクで食べることが多いが、たまには気分転換に外に出る。日比谷国際ビルのマックと農水省北別館のそばや日豊庵はひいきの店だ。意外と無視できないのが飯野ビル地下の支那麺「よかろう」日比谷店。

飯野ビルは建て替えられ、11年11月1日には地下にレストラン街イイノダイニングがオープン。その中の1つがここだ。立て替え前には1階にあって、何度か入った。旧ビル内にも1階と地下にたくさんの食堂があったが、新ビルでも営業しているのは「よかろう」だけだ。カウンター方式のレイアウトも昔のまま。懐かしい。

四川料理特有でスープは辛い。そんなに暑くないのに、食べているうちに顔から汗が出てくる。この頃は辛くない「マイルド」を頼んでいるが、それでもハンカチを取り出さざるを得ない。細麺。料理の評価はできないが、辛みとうまみが絶妙のバランス。

個人的に好きなのは麺が出来上がる前に、無料で出てくるライス。卓上に常備されている「きざみたくあん」を上に乗せて食べるのだが、これが何とも言えないほどおいしい。半分ほど食べたところで麺が登場。ご飯と麺の相性も抜群だ。

昼間は行列ができるそうだが、食べたのはきのう19日(金)夜6時半頃。麺好い(めんこい)ブログ氏が詳細に報告している。「よかろう」は「支那麺はしご」(銀座6)の系列店だとか。そちらにもいかなくちゃ。

ヨーロッパハウス

カテゴリー: 東京日誌Ⅱ

2013/04/19  14:45


この建物は何?

この建物は何?

 

加盟27カ国

加盟27カ国

 

広尾にある駐日欧州連合(EU)代表部に初めて行った。「ヨーロッパハウス」と呼ばれており、道路1つ隔てた隣はドイツ大使館。国有地払い下げで物議を呼んだ中国大使館別館もすぐそば。パキスタン、フィンランド大使館もあって、インターナショナルな雰囲気を醸し出す一角だ。2011年8月15日に、それまでの千代田区三番町から移転してきた。

東京暮らしも45年になると、だいたいどこに行っても昔一度くらいは近くまで来たことがあるものだ。以前に来たときの雰囲気を少しは覚えていて、あの頃とすっかり変わったなとか、丸で変わらないなと思い出したりするものだ。

麻布インターナショナルスーパーマーケットも健在だったし、結構勾配のきつい南部坂も昔のままだった。上京してきてそんなに時間が経っていないころに、誰だかに連れてこられた有栖川宮記念公園もそこにあった。公園の中にある都立中央図書館には麻布十番駅から歩いてきたこともある。

南部坂の途中にあるドイツ大使館をすぎて右の道に入ると、一体がずいぶんきれいに整備開発されていた。左手に国旗が掲揚されている建物がヨーロッパハウス。非常におしゃれだ。一等地なのに、空き地があって草が生えているとはもったいない。このあたりはどうやら国有地だったらしい。

セキュリティーを受けて中に入ると、広いエントランスロビーがあった。そこに加盟27カ国の地図があった。原加盟国5カ国からいつの間にか5倍に増えた。今年7月1日にはクロアチアが加盟し、28カ国になる。トルコなど新規加盟交渉も行われている。