2007年5月 のアーカイブ

兵庫県弁護士会役員就任披露宴

カテゴリー: 神戸日誌

2007/05/31  23:41


 兵庫県弁護士会役員就任披露宴が31日、ニューオータニ神戸ハーバーランドで開催された。新会長は道上明氏。昨年もちょうどこのころに同様の披露宴に出席したのを覚えている。今回は平成19年度だから、1年で交代する。ちょっともったいないのではないか。

 司法試験合格者3000人。昔に比べてものすごい数で、「東京や大阪では職に就けない人も出てきている」という。地方に行けば、弁護士過疎地は多いが、どうしても東京や大阪など大都市での活動を望む新人が多いようだ。

兵庫県商工会連合会総会

カテゴリー: 神戸日誌

  23:29


 商工会議所の構成員の大部分は中小企業だとしても大企業も顔を連ねる組織。それに対し、商工会は零細企業や商店主たちの集まり。肉屋や八百屋の親父の団体である。それ故、神戸市には商工会は存在しない。

 神戸商工会議所の会頭は神戸製鋼所と川崎重工業が交互に出すのが不文律。無報酬だし、事務局の要員も出さなければならないため、財政的にゆとりのある大企業でなければ、とても務まらないのが実態だ。現在の水越浩二会頭は神戸製鋼の会長だ。

 でもコミュニティーへの密着度からすれば、商工会のほうが圧倒的に地元密着である。商店街の底力は大変なものである。兵庫県商工会連合会の第46回通常総会が30日、クラウンプラザ神戸で開催された。3期9年会長を務めた土谷正男会長が交代し、木南岩男氏(たつの市商工会会長)が新会長に選ばれた。

 「地域の振興は商工会から」が合言葉だ。

絶筆

カテゴリー: 神戸日誌

2007/05/30  09:38


 青木繁、黒田清輝、前田寛治、坂本繁二郎、梅原龍三郎、小磯良平など日本近代画家約100人が死の直前に描いた「絶筆」作品を一堂に集めた展覧会が5月29日から兵庫県立美術館(神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1)で始まった。

 深い意味は分からないが、それにしてもよくこれだけ集めたものだと思った。見ごたえのある作品群である。

シューズプラザ

カテゴリー: 神戸日誌

  09:26


  神戸の地場産業として名高いのは家具、洋服、靴、洋菓子、パン、コーヒー、真珠加工など。これらはいずれも市民の日常に溶け込んでいる。1868年の神戸開港からマッチ産業が生まれ、大正期にはゴム産業が興った。造船業や製鉄業は国の政策に連動してできた。

 こうした地場産業の1つが靴。とりわけ有名なのがケミカルシューズ。戦後、ゴムの輸入がままならなかった昭和27年(1952年)頃、塩化ビニールを利用して神戸で初めて靴を作ったのが始まり。

 神戸で靴と言えば、長田(ながた)。1995年の阪神淡路大震災で最も被害の大きかった街だ。ケミカルシューズ業界も大打撃を受けたが、それの復興と活性化の願いを込めて作られたの中核施設が「シューズプラザ」(神戸市長田区細田町7-1-9)。

神戸市立王子動物園

カテゴリー: 神戸日誌

2007/05/28  09:18


①フラミンゴ

②パンダ

オール甲南の集い

カテゴリー: 神戸日誌

  09:05


「甲南大学」(神戸市東灘区岡本8-9-1)は神戸では気になる存在である。神戸の代名詞でもある六甲山の南に位置する大学という意味を込めており、格別の存在を主張しているようである。神戸経済界には後年大学出身者が意外と多いから、なおさらだ。

 年に1回開催されているのが「甲南の集い」。甲南大学卒業生のいわばホームカミングデーだ。関係者でhなくても出入り自由なので、見学に出掛けた。場所は阪急「岡本」駅から歩いて10分。とにかく、岡本は神戸の中でもハイセンスの街としてつとに名高い。

 学園史資料展示室をのぞく。学校法人甲南学園は1918年(大正7年)に、平生釟三郎(ひらおはちさぶろう、1866-1945)が甲南中学校を創立したのが始まり。現在、岡本に大学、大学院、芦屋市に甲南高校・中学を擁している。

 平生は実業家として東京海上保険をはじめとする損害保険業界の近代化に貢献し、川崎造船所の再建を成し遂げて、名を揚げた人物。広田弘毅内閣の文部大臣も務めている。

①甲南大学正門


②講談師 神田紫氏

兵庫県立大学大学院会計研究科開設記念式典

カテゴリー: 神戸日誌

2007/05/27  00:00


 兵庫県立大学大学院会計研究科が今年4月に開設されたことを受けた記念式典が26日、同大学の学園都市キャンパス(神戸市西区学園西町8-2-1)三木記念講堂で開催された。企業活動のグローバル化に伴う会計制度の改革、会計監査の質的向上を求める社会状況を受けたものだ。

 法律大学院(ロースクール)は有名だが、会計専門職大学(アカウンティングスクール)はまだ全国でも17と少なく、西日本の国公立大学としては兵庫県立大が初めて。関西で開設しているのは立命館、関西、関西学院、甲南の4大学だが、いずれも私立。

 会計研究科は自前の会計研究棟を有する。学生数42人とぜいたくな学習環境。新スクールに求められるのは会計知識に卓越した専門人材だが、同時に健全な精神を有することが前提だ。当然のことながら、公認会計士試験の合格者をだれだけ出せるかも問われる。開設してからが大変である。

 記念式典の後、平松一夫関西学院大学学長による「会計大学院への期待」と題する記念講演を聴いた。平松氏は国内における会計職大学院創設の指導的立場にある人物。会計はどうやら日本でも大きな発展の見込まれる学問分野のようである。

楠公武者行列

カテゴリー: 神戸日誌

2007/05/26  23:58


大英博物館 ミイラと古代エジプト展

カテゴリー: 神戸日誌

  09:37


 「大英博物館 ミイラと古代エジプト展」を神戸市立博物館で見た。大英博物館で2004年から1年間開催された特別展の日本巡回展。外は久しぶりの本格的な雨で、雨宿りの気分だった。

 特設シアターで、3000年前のミイラの謎を、最新のコンピューター技術を駆使した3D映像で見たあと、実物と対面する趣向で、よく分かった。もう20年も前だが、大英博物館ではミイラを何度も見たことがある。しかし、今回の迫力はすごかった。

 最新テクノロジーと考古学研究の融合がミイラの包帯を解くことなく、3000年前の謎を解き明かす。大変な時代である。個人的には「ミイラの作り方」が興味深かった。内臓を取り出して、塩漬けにして保存する。3000年前にこんな技術があったということだけでもすばらしい。

兵庫県経営者協会創立60周年記念祝賀会

カテゴリー: 神戸日誌

2007/05/25  00:53


 兵庫県経営者協会の創立60周年記念祝賀会が24日、クラウンプラザ神戸で開催された。毎日新聞社特別編集委員、岸井成格氏による「安倍政権と参院選挙の行方」と題した記念講演会は最後の10分しか聞けなかったが、その後開かれた記念祝賀会にはたっぷり参加した。

 日本経団連の今井克一総務本部長が来賓の1人として挨拶したので「あれ」と思ったが、全国に組織された経営者協会の中央組織が経団連であることを知って合点した。経団連には昔、駆け出しのころにいたのに、地方の経営者協会との関係はこの日まで知らなかった。

平成8年9月 連合兵庫と共同で「兵庫労使相談センター」を設立
同11年6月 政労使による雇用対策第3者会議を発足させる
同8月     政労使による「雇用創出・安定プラン」の発表

 労使共同の事業が多いことにびっくりした。どうも労使は今や「対立」ではなく、「協調」の時代である。