ダチョウ牧場

エサを食べるダチョウ

 

愛くるしい目とすっくと伸びた首

 

地球上で一番大きな卵

 

前から気になっていたダチョウ牧場に行く。オーストリッチハウス並木屋(埼玉県新座市池田)。国道254線(川越街道)を自衛隊朝霞駐屯地の裏手辺り。関越道の側道沿いにあった。同県で最初にダチョウ生産牧場として開業した。

現在は食肉生産は行わず、ダチョウ10羽ほどを飼育しながら無料開放している。ダチョウ卵のサブレやプリンやアイスを販売している。

ダチョウは空を飛ぶことを忘れ、速く走ることに進化した走鳥類の鳥。ペンギンもそうだ。成長すると体重約100~150キロ、身長2mを越えるダチョウは現存する鳥の中では最も大きい。

原産国は南アフリカ共和国。この牧場にいるダチョウも南ア生まれだが、今では半分は国産だとか。原種は中東にいたという説もあり、アラビア半島や黒海沿岸、中国の一部でも住んでいたともいわれ、謎も多い。

寿命は約50年と長生き。最長では80歳もいたという。牧草を主に食べ、時速60~80kmで走ることができる。フラミンゴを大型にした感じで、腰高で走る姿は美しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

耳学問