くるまやラーメン

カテゴリー: 食/食堂/レストラン

2019/03/17  20:07


 

味噌ラーメン

 

島忠和光店に行った帰り、笹目通りを走っていたら、くるまやラーメンが目に入った。笹目通りは過去20年間に何百回と走った気がする。

店はずっとあったように思うが、くるまやラーメンの創業は昭和43年(1968年)。私が東京に出てきて大学に入った年だ。現在は愛知、静岡以北に170店舗を抱える一大ラーメンチェーンを形成したが、和光店(埼玉県和光市白子1)はそんなにたっていないはずだ。

それでもずっと店の前を黙って通り超してきた。それが今日はたまたま入ってみたかった。味噌を注文する客が多いというので味噌を頼んだ。家内は普通の中華ラーメンを注文した。味噌は太麺で、中華は細麺だった。

秘伝の特製味噌を使った味噌ラーメンにはたっぷりとニンニクが入っている。疲れたとき、ひと踏ん張りを求められるときには最適だという。中華ラーメンは珍しくニンニクの入っていないさっぱり味。妻はこれを気に入ったようだ。

くるまやというのは変な名前だなと思ったら、昭和43年、国鉄綾瀬駅前でうどん・そば店を開業。昭和45年頃、足立区平野町の国道4号で観光バスを改造してラーメンやを始めたのが現在のくるまやラーメンの始まりだという。

くるまやと言えば味噌ラーメン。北海道・千歳で作る味噌にも秘密が隠されている。「支笏の清冷な水と透明な大気の秘境で生まれた米味噌(最も一般的な味噌)に秘伝の香辛醤油を加えることでコクと旨味が出ている」という。苦労している。

同じカテゴリ(食/食堂/レストラン)の記事

コメントをどうぞ

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

*