2018年7月2日 のアーカイブ

後藤純男美術館

カテゴリー: 北海道旅行

2018/07/02  15:46


 

なぜ富良野に後藤純男の美術館があるのか

 

過日会った千葉県野田市の住民に北海道旅行の話をしたら、「野田出身の日本画の大家が富良野にあるのでぜひ見てきてくれ」と言われた。

後藤純男(ごとう・すみお)氏は1930年、千葉県東葛飾郡関宿町(現野田市)に生まれた。野田市に生まれたものの、2年後には埼玉県金杉村(現松伏町)に転居していた。

真言宗豊山派の住職の息子だった。1986年に内閣総理大臣賞を受賞、88年から97年まで東京芸術大学の教授を務めた。2016年に敗血症のため死去。86歳。

この人はどこかで見たことがあると思っていたら、1981年にネスカフェ・ゴールドブレンド「違いがわかる男」のコマーシャルに1年間出演していた。

87年、北海道空知群上富良野町にアトリエを構えた。97年に東京芸術大教授を退官。アトリエを美術館にした。

 

「個人で楽しむ範囲内」として紹介させていただいた(三千院三題「行く秋」)

幸福駅

カテゴリー: 北海道旅行

  11:48


 

幸福駅

 

こちらも幸福駅

 

あえて行く予定はなかったが、帯広市についたらいきなり向こうから「幸福駅」(帯広市幸福町東1線)がやってきた。せっかくだから寄っていくことにした。

ウィキペディアによると、廃線になった旧国鉄広尾線の駅で、1987年(昭和62年)2月2日に廃駅となった。同線の愛国駅と併せて、「愛国から幸福ゆき」という切符が一大ブームとなったことを覚えている。

駅舎は平成25年(2013年)に建て替えられたが、千社札のようにポストカードや入場券がべたべた張られているのは昔と同じ。駅舎内もべたべたでした。

六花の森

カテゴリー: 北海道旅行

  10:14


 

敷地内を流れる三番川

 

彫刻「考える人」

 

北海道を代表するガーデンや観光地が集まっている街道。上川町→旭川市→美瑛町→富良野市→帯広市(十勝地方)を結ぶ約250㎞。既存の国道などに2009年に命名された。

その中の1つが六花の森(ろっかのもり)。中札内村にある六花亭製菓による施設(庭園)。敷地内には工場のほか、美術館、ミュージアムショップなどが立地している。

工場や古民家風の美術館、小川などを調和させた約10ヘクタールの敷地。六花亭製菓がマルセイバターサンドを製造する新工場を建設するに当たって、三番川沿いにランドスケープを設計した。

 

 

釧路湿原

カテゴリー: 北海道旅行

  10:01


 

眼前に湿原が広がる(北斗展望台園地)

 

北斗展望台に続く遊歩道

 

しっとり濡れた花

 

トヨタレンタカー釧路空港であてがわれたコンパクトカー「パッソ」(1000CC)は乗り心地が悪かった。マイカーが1800CCのAURISとはいえ、格段にグレードが違った。

北海道の道はひどい。デコボコがあまりにも多く、居住性の全く良くない車内はその都度デコボコした。そんなことに堪えながら3泊4日の北海道が始まった。

最初に向かったのは釧路湿原国立公園。ナビに「釧路湿原展望台」と入れたら、30分ぐらいで自然と連れて行ってくれた。

駐車場に入れたら「わ」(レンタカーナンバー)が勢揃いしていたのにはびっくりした。観光客シーズンに観光地にレンタカーがいても誰も不思議に思わない。

かんかん照りの羽田から釧路に下りたら、気温も19度で低かったが、天気も悪く、外は雨だった。こんな夏は知りませんと地元の人はみんなそう言った。

展望台の受付嬢は「外がガスっていて2階の展望台からほとんど何も見えません」と言われ、展望台に行くのをあきらめた。

しかし、外に出ると雨が止んだ。遊歩道を歩いて行くと、1kmほど先にサテライトがあり、「北斗展望台」からだと湿原が何とか見えた。せっかく来て見ないで帰るのももったいない。

 

 

白樺の木

カテゴリー: 旅行/移動/街歩き

  09:58


 

六花の森に向かう途上で

 

白樺が美しく・・・

 

白樺の先に白樺

 

とにかくあまりに美しくて息を飲む光景だった。こんな美しい光景は見たことがない。北海道には白樺は多いが、よく土地の風景に合っている。

朝食バイキング@十勝川温泉

カテゴリー: 旅行/移動/街歩き

  07:16


 

朝食バイキング

 

自家製パンがズラリ

 

十勝産ヨーグルト

 

十勝川を望む

 

初泊は十勝川温泉第一ホテルだった。植物油から湧き出るモール温泉だ。世界でもここしか湧いていないお湯には泊まる価値がある。

朝食で食べた地元の牛乳で作ったヨーグルトは最高だった。濃厚で、普段食べているヨーグルトが別物のように感じられた。